上手くいってる人は欲しいと思う前に○○が来る

上手くいってる人は欲しいと思う前に○○が来ます。

 

○○は、最後に分かります(笑)

 

 

今までの成功哲学的な教えでは

チャレンジやブレイクスルーといった

過去の自分を壊していくことこそが

真の自分を発見すること

みたいな文脈が多かったですね。

 

これからの時代は

そんなに力む必要はありません。

 

お家でゴロゴロと寝てれば良い

 

と言っても、信じてもらえないでしょうが

本当です。

 

力みより、脱力。

 

力を抜くことこそが

これからのキーワードになっていきます。

 

でもね、人間はリラックスすることがとても苦手になってしまいました。

長年の身体の使い方で、そうなってしまったんですが

力を抜くって意外に難しいんです。

 

人が立っていたり、座っている状態を保てるのは

どこかでバランスしているからです。

本当に力を抜くと、ぽてっと

倒れてしまいます。

 

心も一緒で

どこかで常に気を張っていると

心を許すことを忘れてしまいます。

 

本当にゆるっとオープンでいると

気を遣って良い関係を維持しようとしないで

元気で自然に健康な関係でいられるものです。

でも、それはきっと

誰でもというわけにはいかないでしょうが。

 

 

望むものを手に入れたい

もっと幸せになりたい

成功したい

今の自分からより良く変わりたい(あの人みたいに)

 

 

様々な願望を叶えるために

様々なメソッドがありますが

旧式な方法には気をつけてください。

逆方向に行きますので。

 

例えば、「波長導通」という概念があります。

類友

同類は自然に引き寄せられる、という考え方、事象を現した表現ですね。

 

これを真に理解せず、この法則を利用しようとすると

これからは逆方向に行きます。

たいがいは、誤用してしまうんですね。

 

例を上げると、

自分を磨けば、良い人脈と出会える。

だから、自分を磨く。

勉強する、体を鍛える、ポジティブな考えで満たす

断舎離する、断食する、etc,etc・・・

 

これらが上手く功を奏したのなら、

別にそれはそれで全然OKです。

 

結果的に、「本来の自分」「自分らしさ」を手に入れられた

ということですから。

 

いくら頑張っても、なんだかぱっとしない・・・

こういう方々は、結果的に無理をしていた

ということになります。

 

誰かの規範や成功ルールを試してみたけど

自分には合っていなかった

ということです。

 

そういうときは、

自分と誰かの

大前提が異なる

ということです。

 

大前提とは、

かんたんに言ってしまえば

生きる方向性

です。

 

断捨離好きのお母さんの娘の部屋が

ゴミだらけで困っている・・・

という方を知っています。

 

職場には必ず

ソリの合わない奴がいる。

 

毎年お財布を新調して

諭吉も、野口もお顔を揃えてきちんと入れてるのに

足りない、なぜか常に足りない。

 

自分を整えれば

良い人たちが集まってくるはずですよね。

お金も集まってくるはずですよね。

なぜ、こんなことが起きるのでしょう。

 

整えたりないんでしょうか。

 

そういうときは、大前提が違うんです。

「問い」が間違っているということに

気が付かないといけない。

 

 

 

簡単な例を上げると・・・

 

SNSでも、掲示板でも

コミュニティを観察していると

面白いことが分かります。

 

私はもっぱらゲームのコミュニティですが(笑)

 

自分の所属しているチームの人達が

ぜんぜん協力的ではなくて

イベントをクリアできない・・・

 

やる気のある人が集まっているチームは

常に満員で、入れない。

どうしたら良いのでしょう?

 

というパラドクスなお悩みを

掲示板でつぶやいている人がいました。

 

私の入っているチームは

リーダーが策士で温かい人なので

大変心地がよく

簡単に好成績を取って

1位の報奨をイベント毎にGETしています。

 

そのツイてない人は整え足りなくて

私は自分を整えられているんでしょうか。

 

そうかも知れないし、

そうじゃないかも知れません。

 

 

何が言いたいかと言うと・・・

 

頑張って努力して何かを変えようとしたところには

必ず「力」が入るわけです。

力み、です。

そのために必要だったエネルギーは

もう使っちゃってありません。

 

人間関係の問題に

人間関係を良くするためにエネルギーを使っちゃうと

良くなるエネルギーは0になります。

 

結果的に人間関係の問題にエネルギーが注がれたら

問題は解決します。

 

この言い回しは、分かりにくいですかね。

 

自分を整えるためにエネルギーを使っちゃうと

整う前にエネルギー切れを起こします。

 

自分を整える最大の時間は、寝ている時です。

 

起きたら勝手に、ゴミを捨てています。

電話をかけて解約しています。

書類を書いて提出しています。

なんか、勝手に。

 

これがエネルギーコスト0、ってことです。

 

「そのためにエネルギーを使う」

 

ということです。

 

成功本に、諭吉の顔を揃えるとお金が入るから、と

せっせとお顔を揃えても

お金を貯めるためのエネルギーを消費しているだけです。

 

エネルギーは、お金が貯まることへ

流してあげないといけません。

 

そもそもお金は血液と一緒で

流れていればよいのです。

貯めても使わなければ意味がないですからね。

 

いよいよ本題(やっとかい!)

 

じゃぁ、どんなに頑張っても

なんかツイてない自分はどうしたらいいのよ?

ってことなんですが

 

体が楽ちんだ、と感じることしかやらないことです。

無理をしないこと。

 

その次に、楽しいなと感じることしかやらないこと。

これをしないと生きられない、家賃払えない

と考えることから手を引くことです。

これがエネルギーを浪費する最大の罠ですから。

 

楽しいな、心地が良いな

と感じる人だけと付き合うこと。

それ以外は距離を置くか、身内でも離れることです。

それが自分の子供だとしても

自分が平和を保てる距離を確保して良いんです。

 

結局、自分が発している波動を

子供は拾います。

一番安定する場所にいるのが

皆にとって平和を作るんです。

 

子供が自分は愛されなかったと

道を間違えると困るので

無理をしても付き合おうとする

歪みが波動を荒くします。

 

 

とどのつまるところ

 

『自分はどうありたいのか?』

 

この問いが一番最初なのです。

 

これをすっ飛ばして

あれこれ解決法を探すから

大前提を間違えるのです。

 

どんなに親しい大切な人がなんと言おうと

自分はどうありたいのか?

 

これが分かるようになると

整えていようといまいと

あとはスルスルと上手く運びます。

 

で、整えたくなるのです。

なんか捨てたくなるし

なんか手を切りたくなるし

なんか足を抜けたくなるし

なんか片付けたくなるんです。

 

 

無理をしない。

やろうとしない。

やる気を出そうとしないで良いんですね。

 

やる気が溢れてくるのを

待ってて構わないんです。

 

そうも言ってられない人は

勝手にやっていますから(笑)

 

何もしないことを許されている人は

(ニートやフリーターや子供部屋おじさん、おばさんを含む)

思う存分ゴロゴロして

ゆっくり過ごしてください。

 

突然「空席」が目の前に現れて

ちゃんと座れるようになります。

あなたの為だけに現れた「空席」です。

 

何もかもがちょうどよい席なのです。

 

そのタイミングを待つんです。

 

エネルギーが貯まると

タイミングがちゃんと来ます。

 

 

上手くいっている人は

欲しいな、と思う前に

そのタイミングが来るだけなのです。

 

f:id:laralight:20210624110008j:plain