白金ミシュラン一つ星フレンチ『Les Alchimistes(アルシミスト)』

白金にある、ミシュラン一つ星フレンチ『Les Alchimistes(アルシミスト)』に来ました。

 

お正月も営業しているお店を探して、たどり着いたのがこちら。

ピピッと来て予約しました。

f:id:laralight:20210105114028j:image

f:id:laralight:20210105114557j:image

f:id:laralight:20210105114621j:image

アルシミストはアルケミスト(錬金術師)のフランス語。

フラスコがお出迎え。


f:id:laralight:20210105114607j:image
半個室の様なスペースをご用意してくれました。

 

飲み物は、主人はコースのペアリングワイン。

私はノンアルコールのカクテルを。

このカクテルの名前が、「アルシミスト」

f:id:laralight:20210105114603j:image


アルシミストオリジナルカクテル

なんと、色が変わるんだそうです。

 

お味は、苦味がほんのり効いたノンアルコールとは思えないカクテルです。

 

まずは、4つのアミューズ・ブッシュ。

キャビア」「鹿」「雲丹」「蕪」

メニューに詳細は載ってないのです。

 

それぞれ、どのようなお皿が来るか、想像してみてください

 

とのこと。


で、キャビアが来ました。
f:id:laralight:20210105114009j:image

スペルト小麦でカリッと焼いた生地の中に

チーズベースのクリームが入っています。

 

キャビアの塩気とチーズのクリーミーさと、スペルト小麦のカリカリ感。

ディルの香りがお口の中で交響曲を奏でています・・・


f:id:laralight:20210105114021j:image

何が出てきたのかと思ったら、これが「鹿」です。

鹿のジャーキー。

どこにジャーキーがいるでしょう(笑)


f:id:laralight:20210105114615j:image

こちらが「雲丹」

なんと菊芋のスープと。

菊芋の独特の風味と雲丹とは・・・なんでこんな組み合わせを思いつくのでしょうか。


f:id:laralight:20210105114002j:image

雲丹がクリーミーで、菊芋のクリーミーとハーモニーです。

菊芋のチップのようなものが乗っていて

これまた食感がクリスピーでいいんですよ。


f:id:laralight:20210105114018j:image

こちらが発酵バター

ミルク感がたまらんのです。

大きさはちょっとしたカマンベールくらいあります。

最終的に二人で3/4を平らげてしまいました(爆)
f:id:laralight:20210105114005j:image

このパンがまた罪作りで、おかわり、おかわり(笑笑)

レーズンから酵母を作ってお店で焼いてるんだそうです。

 

f:id:laralight:20210105114025j:image

こちらが「蕪」

「テーブルの上で仕上げます」とのこと。

自家製のカラスミや銀杏、ネギなどの和の食材で

フレンチのお皿に仕上げています。

この様々な風味の組み合わせが、想像を超える味にしてるんですよねー。

 


ブルターニュ産オマールブルー、法蓮草、ヴァン・ジョーヌ
f:id:laralight:20210105114015j:image

これは、ひとくち食べた瞬間に声が出ました。

「なんだこりゃ❗」

お口の中で美味しさ爆発。

やられた、の一言ですね。

 

アワアワがヴァン・ジョーヌ。フランス産の黄色いワインを泡にしているんだそうです。

黄色のペーストは少し香辛料の効いたかぼちゃ。

ハーブと法蓮草と、オマール海老と、甲殻類の出汁が化学反応を起こして大爆発❗

という感じ(笑)

 

長崎県五島列島 九絵、フェンネル、ビオ・バニラ
f:id:laralight:20210105114553j:image

クエはほとんど生の状態で、皮がパリパリ。

ごぼうのチップが良いアクセントになっています。

で、フェンネルをバニラで煮たクリーム仕立てのソース。

フェンネルをバニラで煮るのはフレンチではメジャーらしいですね。

 

食べたことのない味でした。

 

www.youtube.com

熊本県赤牛、芽キャベツアキテーヌ産トリュフ
f:id:laralight:20210105114012j:image

とんでもなく贅沢な一品。

仕上げにお肉にぶどうの木を燻して、香りをつけたんだそうです。


f:id:laralight:20210105114624j:image

ハーブ類と卵黄のソースを付けて召し上げってください、とのこと。


f:id:laralight:20210105113958j:image

この色すごいでしょ〜、ほとんど生です。

低温調理だと思うんですが、

赤身のくせに恐ろしいくらい柔らかいんです。

 

そして何気に、芽キャベツが美味しいw

 

 

熟成栗、ル・レクチェ、チョコレート
f:id:laralight:20210105114618j:image

見事な細工です❗

食べるのがもったいない感じ。

 

チョコレートのアイスは、超濃厚。ほとんど甘みがないです。

このホロ苦が、甘い栗のモンブランに合うんですよねー。

この中に洋梨が隠れています。

カロン生地のサクサクの食感やクリーム、チョコ、栗の風味の多重奏です。

これはすんごい満足感。


f:id:laralight:20210105114600j:image

お皿の演出もにくいですね。

 

シャンパーニュ、赤ワイン
f:id:laralight:20210105114611j:image

何が出てくるのかと思っていたら、最後のお茶菓子でした。

ゼリーになっています。

甘酸っぱくてお茶とよく合いますね。

 

お誕生日のプレートをご用意してくれて、記念写真撮影がありました(笑)

 

半個室が非常にプライベートな空間にしてくれて

ゆったりとリラックスして食事を楽しむことが出来ました。

 

主人いわく、ワインのペアリングが知らないぶどう品種が出てきて

かなり楽しかったようです。

 

一つ一つのお皿が想像のつかない仕上がりになっていて

楽しかったですねぇ。

香り、食感、風味もさることながら、苦味の使い方が絶妙でした。

 

おかげさまで、とても素敵な夜を過ごすことが出来ました。

 

alchimiste.jp