眼福礼賛がさらなる幸運を呼ぶ

f:id:laralight:20201119141738p:plain


眼福礼賛(がんぷくらいさん)

 

これ、私の造語ね(笑)

こんな日本語はありません。

 

眼福は、目に豊か、眩しい様ですね。

礼賛は、褒め称えること。

 

祝い事に目ざとくなると、いいことが起きる確率が高くなります。

 

 

眼福は、人によって違いますね。

美しい女人が眼福な人もいれば

大自然が眼福な人もいるでしょう。

美味しいものは須らく、眼福かも知れませんねー。

 

それを、褒め称えるのです。

あからさまに表現する。

 

これをやると、さらなる幸運を呼ぶのでは?

って、感じたことがありました。

 

先日、合気の昇級試験があり

無事に合格。

 

武術は帯が変わりますね。

 

白帯を卒業したわけですが、たかがこんなことに

ご一緒に稽古を受けている方から

 

握手を求められて「ゆうこさん、おめでとう!!」

 

って、お祝いを言われました。

 

握手ですよ、握手(笑)

 

 

はぁ、そんなにおめでたいことなのかしら??

 

と、本人は思っていましたね。

 

 

黒帯の兄弟子たちからは、特にコメントはありません。

これが当たり前でしょう。

 

 

さて、私が言いたいことは

 

「おめでとう!!」

 

って言ってくれた人たちに共通点があるなぁと思ったからです。

 

それは、

 

金回りが良い

 

ということです。

 

 

握手をしてくれた方は、良いか悪いかは別にして

長年不労所得で食ってます(笑笑)

 

おめでたいことに、目ざといんだなー

 

と思いました。

 

 

兄弟子たちにとっては、特にめだたくもなんとのないわけです。

黒帯になったらおめでたい、くらいでしょう。

 

不労所得長者にとってみれば、

白帯から脱しただけでめでたい!

んですよね(笑)

 

慶ぶ天才なんだなぁ

 

と思ったわけです。

 

 

何が豊かさと見えるか=眼福さ

 

これが人によって違うんですよね。

 

 

そして、それを褒め称える=表現して自らから発する

これに衒い(てらい)がないんですよ。

 

まさに、福神がかんらかんらと

お喜び遊ばす感じ(笑笑)

 

 

私もこれからは、

すごいなぁと思うことを

かんらかんらと笑って表現しよう

 

と思ったわけです。

 

今日から早速、祝い事に目ざとく❗