食器の入れ替えと断捨離

秋葉原のガード下にあるショップ街をお散歩していたら

まぁあるある、お持ち帰りしてしまいそうな器たち。

って、いろいろ連れて帰ってきてしまいましたねw

 

器屋tuku

f:id:laralight:20201005112941j:image

陶芸作家の方が共同で出店しているお店だそうで、

土は信楽焼だったかな。

特に○○焼という名前はないそうで、作家の方が思い思いに焼いているみたいです。


f:id:laralight:20201005112953j:image

やっぱり手のしごとはいいですねー

 

優しい色がとても気に入りました。

 

昔はもっとソリッドな器が好きだったんですけど

好みってのは変わるものですねぇ…


f:id:laralight:20201005112934j:image

この器にきゅうりの漬物を乗せるだけで

「香の物」になるから不思議ですw

 

手にしっくり馴染むんですよー。

けっこう厚めなんですけど、軽いんです。

とても使いやすい。


f:id:laralight:20201005112931j:image

酒器ですが、私は豆皿として使いたいんです。

この淡い日本の水色が大好きなんですよねー。

 

 

こちらは高取焼
f:id:laralight:20201005112949j:image

 打って変わって、老舗中の老舗みたいな焼き物です。

由来は遡ること文禄・慶長の時代ですから。

千利休のお弟子さんが窯を開いたのだとか


f:id:laralight:20201005112937j:image

豆皿各種。

気に入った豆皿があるようでないんです。

で、あった!と思って気に入ったもの全て持って帰って来てしまいましたw

 

面白いもので、作家の一点物は

一つひとつ波動が異なります。

 

自分にしっくりくる器を選ぶのは時間がかかる…

でも楽しいw

 

主人にはずいぶんと長い買い物に付き合わせて待たせてしまいましたが

その甲斐はあります。
f:id:laralight:20201005112945j:image

馬肉の刺身

器を変えるだけで、なんか料理屋っぽいから不思議です。

これにツマモノなんかが添えてあると完璧ですねー。

 

気に入っていたけど、

ちょっとヒビや欠けが入っていたりした器を

思い切って全て処分。

 

作家モノで金継ぎして使おうと思っているものは

ずっと残っているんですが、、修繕はいつになることやら(笑)

 

食卓は器でずいぶんと変わりますから

StayHome時代にぴったりのアイテムです。

 

自分一人のごはんこそ

良い器を使ってあげようと思います。

 

食洗機に入れられないので、洗い物も増えて面倒くさいんですけどねー(笑笑)