【奈良ミシュラン店】夢窓庵

関西圏に来たら必ず立ち寄る店、夢窓庵に来ました。

 

シルバーウイークの連休中はほぼ満席だったとのこと。

このご時世で繁盛とはさすがです。

 

通されたのは奥の個室で、一番良いお部屋は団体さんが使われていました。

なんと、運転手が外の車で待っているような方で・・・誰?って感じですが。

 

f:id:laralight:20200927213328j:image

f:id:laralight:20200927213246j:image

f:id:laralight:20200927213238j:image

 

先付け

f:id:laralight:20200927213158j:image

 胡麻和えなんですけど、松の実の風味がとてもいいです。

 

向付け
f:id:laralight:20200927213154j:image

お造りがこれまたスゴイ。

鯛の皮目が湯引きされてるんですが、昆布だしで湯引きしているっぽいお味がするんです。。仕事入ってますねー・・・

 

もう季節も終わりかと思っていた鱧まで入ってて嬉しい〜w


f:id:laralight:20200927213201j:image

いつもの特大わさび。

「罰ゲームくらい乗せてください」って言われましたw

それくらい乗せても美味しいんです!

甘みがあって香りが高いわさび。

 

お椀
f:id:laralight:20200927213242j:image

ま、松茸❗


f:id:laralight:20200927213208j:image

松茸です❗


f:id:laralight:20200927213150j:image

松茸❗(しつこい)

 

なにげにお餅が美味しくて、、だし汁を吸って超美味。

飛竜頭は言わずもがなですね。

カニの身がこれでもか!って入ってました。

ふわふわ、ぷるんぷるん、ふわぷるです。

 


八寸
f:id:laralight:20200927213224j:image

天上昆布がいます!

三日間炊いた感動の昆布…

 

右の器には、たらこの卵とじ。やさしいお出汁で激ウマ…


f:id:laralight:20200927213146j:image

可愛い器のなかには、大粒の大豆とあわび。

アワビをずっと噛んでいて、このまま死んで良いって

主人は目を瞑っていました(笑笑)

 

揚げ物

f:id:laralight:20200927213231j:image

鮎です。琵琶湖の天然物だとか。

頭から尻尾までまるごといただきました。

 

焼き物
f:id:laralight:20200927213227j:image

岡山県産の備前牛のヒレステーキです。

柔らかすぎ・・・

脂の柔らかさ、旨さではないんですよ。

肉の赤身自体がめちゃめちゃうまいんです!

 

煮物 
f:id:laralight:20200927213258j:image

飛竜頭ももちろん自家製。

海老の火の通りが完璧でした。

 

酢の物

f:id:laralight:20200927213334j:image

甘くい蟹の身がふんだんに使われています。

きゅうりもいちいち仕事が細かい!

セリか三つ葉だと思うんですが、香りの使い方がにくいですねー。


お食事
f:id:laralight:20200927213254j:image

奈良の郷土料理の温かい麺が出てきました。


f:id:laralight:20200927213142j:image

おかわり必須の銀シャリ

粒が立ってて、ツヤッツヤ!まさに銀シャリです。

 

はい、もちろんおかわりw

 

デザート
f:id:laralight:20200927213234j:image

なんと庭でシャインマスカットが取れるんだそうです!

右の器のは、黒ごまとアーモンドのアイス。

甘すぎず、香ばしく、最後まで感動が止まりません。

 

こちらがお店の入り口。

相変わらず庭園が美しい・・・。

f:id:laralight:20200927213250j:image
f:id:laralight:20200927213414j:image

今回も大満足でお店を後にしました。

 

無農薬の有機栽培米を買おうと思ったら、

女将さんから「お土産に・・・」といただいてしまいました!

買ったお米とお土産のお米で計二つお持ち帰りw

 

もう一つ、忘れては行けないお土産。

 

それは、ここの「お箸」

 

竹でできている割り箸なんですが、これがめっぽう使いやすい!

お土産に持って帰るお客様が多いそうで、

我々もその客の一人です(笑)

 

次はいつ来れるかなぁ・・・と

 

まだまだ車内で待っている運転手さんを横目に

お店を後にしました。