大麻の安全性と危険性

ナチュラリストと称する人たちが

日本の法律解禁を目指して、政界に乗り出そうとしたりと

いろいろやってましたね。

 

また、芸能人が逮捕される報道は

最近に始まったことではないですが

 

私の見解をお伝えしておこうという気になったので(珍しく)

今回のテーマにしました。

 

大麻は薬物です。

その使用法如何で、毒にも薬にもなります。

 

アメリカの一部の州や、オランダは合法ですが

他の州や連邦的には違法です。

 

毒と薬

 

これは、本当に紙一重です。

 

アヘンから生成されるモルヒネ

鎮痛剤として一般的に使われていますね。

 

そのモルヒネも、使用方法を誤れば

麻薬中毒になるわけです。

 

鎮痛剤の中毒として、

オピオイド系の代表「バイコディン」なんかは有名です。

 

痛み止めの薬を飲んでいる内に

鎮痛剤なしでは居られない体になるんですね。

平常を保てなくなります。

 

脳内伝達物質の受容体がイカれてしまうからです。

 

これがおきない、起きにくいとされるので

大麻は安全とされているのでしょう。

 

脳神経系に対する副作用とも言うべき症状が起きにくい。

 

まぁ、むしろ体にとっての薬理作用、効能がたくさんある。

喘息なんかは一発で楽になります。

故に、大麻解禁論者は声高に叫ぶわけですね。

 

合法化すると、法のルールの元で適切に管理をして

流通させるというのはメリットもあります。

 

犯罪組織の収益源をかなり抑止できるからですね。

 

まぁ、合法化すると、法の隙間を狙って

嗜好としての大麻を流通させる可能性も高くなりますから、

これまた微妙になりますが。

 

さて、ここまでは

誰もが論じていることです。

 

ー中毒性が低いこと

ー薬理作用が高いこと

ー犯罪組織の資金源を抑止すること

 

合法化するべき理由ですね。

 

一般的には論じられていない、だけどとても重要なポイントがあるのです。

 

催眠や潜在意識を扱う人たちなら

誰でも「危ないからやめておけ」というでしょう。

 

それは「変性意識」です。

 

大麻などの薬物は、強い変性意識にかんたんに

しかも一発で入ってしまいます。

 

よく「トリップ」する、という言葉を聞くと思いますが

このトリップこそ「強い変性意識状態」で

自らの意志ではコントロール不可能な状態

になっているのです。

 

芸能人で逮捕される人たちは

この「トリップ」にハマるわけです。

 

覚醒剤LSDなどの違法薬物の種類によって

「ぶっ飛び方」が変わるので

目的によって嗜好する薬物が変わってくるのですが。

 

アーティスト系で次のヒットのアイデアが欲しい人達は

間違いなくマリファナのトリップが欲しいのです。

 

昔から、コカの葉や大麻などの自然由来の薬物を利用して

シャーマンなどは神降ろしをやっていました。

 

なぜ、同じ様に使っているのに

依存してしまい、中毒患者のようになってしまうのか。

大丈夫な人と、そうでない人がいるのか。

 

これは、変性意識(潜在意識)と自我意識(顕在意識)を切り替え、

バランスを保つ訓練をしているか否かです。

 

神様に仕える身分、神官や僧侶、巫女、イタコの様な人たちは

お役目として修行を日々積んでいます。

厳しい戒律を守ります。

 

戒律は、実は紙一重の危ない橋から身を守っているのです。

 

いわゆる、「魔が差す」とか「魔が入る」という言葉がありますが

変性意識の時に精神が丸裸な状態になります。

 

ここで、「魔が入る」のです。

 

意識が高揚したり、意識が拡張すると

有象無象が集まってきます。

 

人ならざるモノの存在もあるでしょうし

人の想念もあります。

ましてや、隣に誰かが居たら、この人の言われるままになるんです。

 

本当に、危ないんです。

怖いんですよ。

 

というわけで、

結界がちゃんとあり

妙な人が近くにおらず

毎日厳しい戒律を守っている人は

マリファナを楽しんでも害はないでしょう。

 

余談ですが、

知り合いに大麻が大好きな方が居まして。

さすがに日本ではやってませんが、

海外に行くと必ずどこからともなく入手して

楽しんでおられる方が居ます。

 

3回くらい、臨死体験みたいな状態になってますね。

私の個人的推論だと、心臓を止めて浄化していると考えています。

さて、そんな大きな「魔」がいつどこで入ったのでしょうか。

 

嗜好品として楽しんでいる方がたくさんおられるようですが、

これからの時代は、タバコやお酒とともに

必要なくなるものの一つです。

 

そもそも大麻の麻薬成分が体に合わない、という人も多くなっていくことでしょう。

 

薬理作用に頼らずとも

ナチュラルハイになればよいのです。

 

幸せで、満ち足りて、楽しくやっていると

別に欲しいと思わなくなります。

 

また、これからの時代は、精神に影響を及ぼす植物は絶滅していく可能性もあります。

そうとう先の話になりますけど。

 

世間では論点にならない重要な点をお伝えしました。

 

どうしても、という場合は

合法の場所で結界を張って楽しんでください。

 

日本では非合法ですから、あしからず。

f:id:laralight:20140327170434j:plain