「母親だったらポテトサラダくらい作ったらどうだ」問題について

f:id:laralight:20200709115011j:plain

ツイッターのトレンドに「ポテトサラダ」が上がっていて

なんだろ?

と思ったら

 

惣菜屋でポテトサラダを買っていた親子に向かって

オヤジがぽつりと

 

「母親だったらポテトサラダくらい作ったらどうだ」

 

と言って立ち去った。

母親はうつむく。

 

投稿者はそれを見て、二パックもポテトサラダを買った。

大丈夫よ、と念じなら

 

とまぁ、こんなやり取りがあったそうです。

 

もう、炎上ですねー(笑)

ポテトサラダは手間がかかるの知らないでしょ!

とか。

オヤジ土下座しろ!

とか(笑)

 

さて、良い事例だったので

ブログにあげようと思ったわけですが

 

何かトラブルに合ったり、小言を言われたり

挙げ句には誹謗中傷を受けるのは

 

本人が起点になっている

 

とお伝えしたいわけです。

 

決して、

 

おいオヤジ、男だったら1000万以上稼いでるよなぁ?

貯金も最低2000万ないと、お話にならないし。

男なら嫁をちゃんと満足させてるよなぁ?あ?

 

と、言いたいわけではないわけです。

 

母親と同じ文脈で言い返すと、こんな感じになりますでしょうか。

 

これからの時代に重要なポイントが

おのおの入っています。

 

これから大切なことを2点、お伝えしますね。

 

まず、

他者の生き方ややり方にケチを付けない。
そもそも興味を持たないこと。

 

オヤジは、こうあるべき母親像があって

子供は手料理で育てるべき

というのがあるのでしょう。

おそらく、不憫に感じたのだと思います。

 

オヤジからしたら、なぜ世間を騒がしたのか

まったく分かっていないはずです。

 

これからは他者に干渉すると

自然から裁かれます。

災害やトラブルに巻き込まれていきますので、十分に気をつけましょう。

 

 

お母さんの方ですが、

俯いた、という行動から

日頃から気にしていたのでしょう。

お惣菜でごめんね、と。

 
だから、そういう言葉を聞くのですよ。

 

これが、因果律の基本なのです。

 

いつも言っていますが、

気にするな

ということです。

 

楽ちんな方を選んで大丈夫なんです。

 

お仕事や家事や子育てで疲れているのでしょう。

まずは手を抜けるところから、抜いたら良いんです。

 

お惣菜でごめんねと思っているから

こういうオヤジにちょうど惣菜屋で会う奇跡が起こるんです。

 

奇跡でしょ?

 

今日日、こんな昭和のオヤジいませんよ。

 

現に、ツイッターで叩かれまくってるじゃないですか(笑)

 

気にしなくて良いんです。

自分が楽な方を選んで大丈夫なんです。

 

ツイッター民はみんな言ってますよ。

その時間で子供と楽しく遊んでください、って。

 

自分の感覚、気持ち、気分に正直に生きて正解です。

こういうことなんです。

 

ぜひ、安心して自分中心で生きてください。

すべて回ります。

大丈夫です。