パートナーを最強運に導く方法

昨日と今日は、主人の会社のお引越し。

 

昨日は、どうも

「一粒万倍日」と「天赦日」が重なる縁起の良い日

 

今日は、どうも

新月金環日食夏至」が一気に重なる日

(おまけに大安だそうで・・・)

 

っぽいです。(笑笑)

 

なに?神に祝福でもされてるの?状態

 

昨日は、搬出と搬入

今日は、新しいオフィスの完成です。

 

私はいっさい関わっていません(笑)

 

やろうと思えば、私の仕事柄

いろいろ口出しも提案も調整もできるんですけど

 

これからは、おせっかい厳禁の時代がやってきますから

何も手出ししないで、さてどうなるものか?と

生あたたかく見守ってました。

 

私がやったこと。

しいて言えば

 

私は私で

どれだけ「楽ちん」で「楽しいか」を

毎日追求してるだけw

 

無理せず、合わせず、好きなようにしているだけです。

 

多分、「あげまん」って概念、存在は

既に意味消失し始めたことでしょう。

 

昔、男性はエネルギーを自前で確保できない

だから、

女性から貰う必要がある

 

と、道教思想的な教えを聞いたことがあります。

 

あれ自体が甚だ疑問だったんですが

ここへ来て、疑問は確信に変わっています。

 

もう、不要

 

そういうたぐいの概念です。

 

誰かに何かをしてあげなくっちゃ、という気持ち自体がもう不要なのです。

 

自立と自由

 

自分が相手の間違いに巻き込まれるかも知れない

リスクも覚悟で相手の「自由」を尊重するには

こちらも勇気が必要な場合があります。

 

でも、おそらく

もうすぐ、そのリスクすら消滅していく時代が来るでしょう。

 

血縁でも、身内でも

肉体的も精神的にも

人は人、私は私

の時代がやってきます。

 

子供との親子関係は7才まで。

親子のつながりは深いので、母親の影響下にあります。

母親の気分が優れないと、子供も無条件に優れなくなるのです。

 

でも、7才以降は赤の他人になります。

独立した存在になるので、彼らの意志を尊重しなければなりません。

 

嫌だというピーマンを無理やり食べさせるような真似はご法度なのです。

おとなになって好き嫌いが無いように・・・

これらも大人の都合に過ぎません。

 

ピーマンが食べられなくても、ちゃんと成長します。

 

自分はどうなのか?

自分は今、どう感じているのか?

 

実は、この波動こそが周囲に影響を及ぼしているのです。

 

なので、

これをナビゲーションにして関係性を構築していくと

自然にうまくいくところだけが残っていきます。

 

これがとても大切なんです。

 

自分が頑張って維持していこうとしていると

誤った方向性に入っていきます。

 
自然体でうまくいく関係性

 

これが、これからの本物のパートナーシップです。

主導権の握り合いになっている間柄は

そのうち破綻します。

信頼関係ではなく、力関係でバランスさせているからです。

 

ただただ自然体で、いい関係だなぁと感じるように

過ごしてみてください。

 

力みを一切手放して

「自分」と「相手」と「自分たち」を信頼して下さい。

 

作用させるものなど、何もいりません。

 

ただただ、自然体で。

f:id:laralight:20200621122711j:plain