Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

嫌な上司、嫌いな旦那からはとっとと逃げる、頑張らないほうが良い理由

秋葉原のいきつけのフレンチ・レストラン

bistrot nous

 

電話してみると予約で満席に。

我々はギリギリセーフ。

 

このご時世にすごいな、と思ったら

知り合いや常連客が「大丈夫?」って

心配で来てくれたそうで・・・

 

実は我々もその一組ですが(笑)

 

いやー、やっぱりここぞという時に店の真価が問われるんだと

つくづく思いました。

 

売上がどんどん落ちていく飲食店が多い中

応援してくれるお客様に愛される店ってのはやっぱりすごい。

 

実は、こちらのアミューズ

ポルチーニ茸もお客さんから頂いたのだとか(笑)

f:id:laralight:20200320232447j:image
f:id:laralight:20200320232459j:image

サーモンと白アスパラガスのタルタル。

白アスパラガスがサクサクで甘くて美味〜。


f:id:laralight:20200320232441j:image

あちらに見えるは、いつもクールな大将。


f:id:laralight:20200320232438j:image

甘鯛のコンフィ。

どピンクのソースは、ビーツです。

カラフル〜。


f:id:laralight:20200320232450j:image

フランス産の鳩のロティ。


f:id:laralight:20200320232444j:image

完璧な火入れです。

ソースも完璧。

 

フランス産の食材の供給が今後どうなっていくのか心配とのこと。

物流も滞ってくるでしょうからね・・・


f:id:laralight:20200320232455j:image

最後のデザートは、

マスカルポーネとブルーチーズのチーズケーキ。

ワインのお供になるような甘さ控えめで濃厚な大人のデザート。

 

お店の紹介で終わろうと思ったんですが、

隣のカウンター席に座ったお客さんが、とても興味深い会話をしていたので

ちょっとご紹介。

 

女子3人組の、年の頃は30代後半といったところ。

と言っても、主人に阻まれて

会話は殆ど聞こえなかったんですけどね、私には。

 

3人は、常連の仲良し組。

 

開口一番、

「もう、私離婚しようかと思って❗」

と、店中に響き渡るような声でマスターに・・

 

すると、大将は

「あれ?この間結婚しましたって聞いたけど、早いね(笑)」

と、

まるでお笑いのようなやり取り。

 

どうも、その彼女を慰めてあげようと

集まった3人組のようです。

 

私が聞いた、やり取りはここまで。

何か騒がしいというのは認知に上がっていたけど

内容までは聞こえなかったんですね。

 

お店を出て、駐車場まで歩く道すがらに

主人が一言

 

ーしかし、よくもまぁ、あそこまで人の悪口が出てくるな・・・(苦笑)

 

「えぇ?そうだったの?」

 

ーうん、上司と旦那の悪口。

 

「じゃぁ、あなたは

 左耳で悪口ばかり聞いて、

 右耳で「美味い、旨い」しか

 聞いてなかったわけだ(笑)」

 

ーそう。人生、これほどまでに違いがあるのかと思ったよ。

 

とのこと。

 

ー俺の悪口、どこかで言ってる?

 

「もう、聞いてよ❗うちのバカ旦那は❗って?(笑)」

 

と、ジョウダンを言いながら

駐車場について、家路までドライブ。

 

運転をしながら、彼女たちのやり取りを考える。

 

愚痴を吐きまくる時間なんてないのになぁと。

嫌なものを我慢している時間なんてないのです。

本当に。

 

友達たちは、もうちょっと頑張れと言っている。

 

格言や著名な自己啓発本、スピ系でも

自分の問題や課題をクリアしないと、逃げては同じ問題がまた繰り返されるだけだと書いてあるわけです。

 

実は、大きく時代が代わり

法則が変わっています。

 

嫌なもの、合わないものからは、逃げたほうが良い。

 

そして、本当に自分に合うものに出会うまで待つのです。

自分を責めたり、後悔したり、不安に思ったりせずに

ただただ穏やかに過ごすのです。

 

克服しようとせず、逃げていい。

 

学びを終えようと、乗り越えようとしない方が良いのです。

 

ちょっと、びっくりな発言に聞こえるかも知れませんが

ものは試しに、逃げてみてください。避けてみてください。

 

自分が一番、自然体になれる環境に移るのです。

 

環境のせいに、人のせいにしていいのか?と思うでしょう。

合わない環境に居させた自分が悪いのです。

と、言えばいいでしょうか(笑)

 

全ては相性の問題?

 

嫌なやつがいるのは、どこだって当たり前でしょう

と思うかも知れませんね。

 

「上司」は嫌な奴しかいないのでしょうか。

「旦那」は最低な奴しかいないのでしょうか。

 

当然、NOです。

いい人もいます。

よくない人もいます。

 

出会いは、運です。

そして必然です。

 

運気を高め、良い出会いに恵まれる。

その出会いにより自分が変わったり

自分が変わってよい出会いがあったりする。

 

苦行や荒行の様に、目の前の人と無理に頑張る必要はないんです。

 

振り返り、反省したり、心を整える作業は

逃げた後にゆっくり独りでやればいい。

 

その時に、懺悔や贖罪は要らないんです。

 

ただ、なかなか出来ないのは

恨みつらみの類を忘れることでしょう。

 

怒りや責める気持ちを水に流すことが出来たら

これは素晴らしい成長です。

嫌な上司と毎日付き合うより

モラハラ夫と毎日顔を突き合わせるより

よっぽど成長します。

 

だから、そこにいる時間なんてないのです。

とっとと離れて、独りになって

積もり積もった怨念を自分の心と身体から吐き出してあげることです。

 

それは、正真正銘の「猛毒」だからです。

 

もう一つ。

とっても大切なことは、悪口は呪いなのです。

相手に浴びせかけ、伝わる悪い念ですから呪詛になります。

 

ことわざにありますね。

『人を呪わば穴2つ』

 

愚痴を吐くほどに、自分にも呪いをかけてしまうのです。

そんな対象からは全速力で逃げること。

 

逃げていいんです。

戦わなくていいんです。

克服しようとしなくていいんです。

 

独りで静かに自分に向き合い、恨みつらみを水に流すこと。

自分を許すこと。

 

お友達に愚痴を聞いてもらっても

アドバイスを貰っても、正直、意味はありません。

その時は、自分の気持をわかってもらえたと落ち着くかも知れませんが

問題は何も解決しておらず、日々ストレスが溜まるのは変わらないのですから。

 

まずは、全力で嫌なものから逃げること。

 

それから、

心と身体に溜まった怒りや怨念のお掃除です。

 

すると出会いが変わります。

自分を変えてくれる出会いが巡ってくるのです。

 

もっと穏やかに、ゆっくりと

自分を変える方法があります。

 

というか、これからはこの流れでないとうまく行かない可能性が高いのです。

 

とっとと退職、とっとと離婚。

 

が難しいなら

休職し、別居して、独りになってゆったり過ごし

心のお掃除を徹底的にするんです。

何もする必要はないです。

ただゆったり過ごしていれば、大丈夫。

自分が本当は何を欲し、何が不必要だったかが分かってきます。

 

自分の本来の道、自然の道を見つけられれば

人はちゃんと幸せになるのです。

 

フレンチのお店で隣に座った女子から、ここまで話が広がってしまいましたが(笑)

これもなにかもご縁でしょう。

 

必要な人に、この情報が届きますように。