Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

吉方位やお水は取りに行かない理由

かなり昔のお話ですが、

お客様の中に

「お水取りはあるところまで有効なんですが、、あるところから現実が動かないんです。いつも・・・」

と、おっしゃっていました。

 

ーお水取りってなんですか?

って、心のなかで正直、、考えていたのを覚えています(笑)

不勉強ですみません。

おそらく、開運行動の一種なんだろうなぁと思いながら

ふむふむとお客様の話をお聞きしていました。

 

私は開運のための開運行動はやらないほうがいい

と考えています。

 

結果的に開運になったんならOKです。

 

お水取りって楽しくてしょうがない❗

っていう方は、やったらよくて

 

問題なのは、

 

HaveToになっていることに気が付かないことです。

 

ーうーん、吉方位取ってるのに、なんで叶わないんだろう・・・

って思いながら、あちらこちらの旅程をいじりまくっている人が時々いらっしゃいますが

 

これでは信仰ではなく、カルトです。

 

エネルギーを筋肉で消費しない

合気の武術の技は、いかに脱力が出来るか

にかかっています。

 

本当に、完全に脱力をしていると

勝手に相手が倒れてくれるんですが、

 

ちょっとでも、倒してやれと思って力んでしまうと

相手は抵抗できてしまう、という現象があるんです。

 

これは、やって見せないとイメージしにくいかも知れません。

 

合気的な考え方で説明をすると、

「相手が倒れる」という技の信号は、ダイレクトに送ることができると

相手の脳や身体に10割の影響を及ぼします。

 

力んで筋力を使って倒そうとしてしまうと

自分の筋肉でエネルギーを消費してしまうのです。

信号は4割程しか伝わりません。

f:id:laralight:20200203185144j:plain

自分の筋肉でエネルギーを使い、信号を弱めてはいけない

 

これを徹底的に稽古するわけですが

人間の習慣というのはそう簡単に変わるものではありません。

筋力を使わないで相手を倒すなんてことは、今までのゲシュタルトにありませんから

 

脱力というのがこれがどうして、なかなか難しいのです。

 

しかし、脱力できるほどに相手は簡単に倒れてくれますから

あぁ、ホントだ❗と納得せざるを得ないのです。

 

信号(シグナル)とは、想いです。想念。

 

想念は、筋力を通さない方がいいのです。

誰かやどこかに伝えやすい状態のまま、ダイレクトに送るべし

です。

 

取りに行かない

さて、お水取りでも方位取りでも結構なんですが

 

本来のやりたいこと、叶えたいことはなんですか?

 

ってのが本末転倒になってしまう人が多いかも知れませんね。

目的は良き(善き)事が起こる、もしくは

願いが叶うことであって

 

しょうがなく行くことや

お水を取ることではないはずです。

 

分かりますでしょうかね、私の言いたいこと。

 

『そこ』に行きたいなら、いいんですよ。

楽しい思い出があるから、でも

行くと楽しい気分になるから、でも

なんでもいいんです。

 

行きたいなら、行く。

 

方位を取るために、行くってのが

実はストレスになっていることに気がついてくださいね、

ということなのです。

だって、HaveToになっているのですから

それWantToではそもそもなくなっちゃってますよね?

 

目的と手段がごっちゃになることはよくあることですが、

もっと突っ込んでこのブログでは公開してしまうと(!)

 

せっかくの「想いのエネルギー」を

お水を取った!方位を取った!という行動に使ってしまって

終わり・・・

目的達成。

に、なってしまっているということです!(驚愕の事実)

 

筋肉でエネルギーを使ってしまって

シグナルをぜんぜん送れていません。

 

どこに?

天に、神様に、自分の夢を叶えてくれそうな未来の人たちに

です。

 

言っちゃったー(笑)

 

行動は大事っていうじゃないですか、って声が聞こえてきそうですが

 

手段でエネルギーを使い果たしてどうするんですか

ってことです。

目的のためにエネルギーを使いましょうよ、と。

 

実にシンプルにお伝えすると

 

WantToに使いましょうね、ということです。

 

ですから、行きたいところが吉方位でした。

ってのが最上級この上ないわけです。

 

確かに転地療養って考え方がありますから

吉方位を取りたいというのを、やったらいいと思いますが

 

本当にそこ、行きたいの自分?

本当にそれ、やりたいの自分?

 

は自分に問うてください。

自分の本心以外のために動くのは、エネルギーの無駄使いです。

 

こういう開運法を唱えている人たちを

敵に回しそうですが…(笑笑)

 

やりたいからやる

やりたくないことはやらない

 

行きたいから行く

行きたくないところには行かない

 

これだけのことです。

 

簡単です❗

 

すると何が起こるか・・・

 

人間の身体は、そもそもとても優秀なセンサーを兼ね備えています。

 

縄文時代

災害が近づいてくると、乳飲み子を抱えたお母さんは

何故か筋肉が発達し、子供を抱えて逃げる準備をする

ことができたんだそうです。

 

これまたスゴイ話です(笑)

 

自分にとって良い氣の流れ、地場の方向ってのも

天然のセンサーがあるんですから

ちゃんと誰でも分かります。

 

その代わり、五感を日頃から磨いていないとダメですけどね。

 

巷に溢れる情報に頼り、思考を諦め、感覚を鈍感にしないと生きにくい場所にいることをやめましょう。

 

美しい自然の中、友情、愛情に育まれる環境に行けば

五感は開きます。

 

だって、大きな夕日を見て「美しい❗」って思わない人いませんよね?

朝露が落ちる森の中を歩いて、思わず深呼吸するでしょう?

身体のセンサーが働いている証拠です。

 

福徳円満が流れてくる方向

お金の匂いのする方向

人脈が繋がっていく感覚

人の道

 

これらは、情報収集で得られるものではなく

自らの生き方の経験値から生まれる感覚で気がついていくものです。

 

やりたいことをやっていく、

それをコツコツ続けること。

 

自分が本当に何を望んでいるかが分からないと

このセンサーは磨かれません。

 

そんなに難しいことではりません。

だって、そもそも誰にでも備わっているのですから。

 

ぜひ、人が本来持っている天然のセンサー

使って磨いてくださいね。