Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

【手作り】笑顔の福徳白みそ❗

今日は、白みその仕込みです❗

 

国産大豆を一晩水に浸し、4時間ほど煮ると、

f:id:laralight:20200129123328j:image

こちら。

ふっくら〜

 

さぁ、これからが手間のかかる作業です。

なんと、豆の皮を剥きます。

一つ一つ丁寧に手作業で、うすかわを剥くのが白みその仕込みなんですねー。

 

f:id:laralight:20200129123332j:image

この時に、妙なことを考えていると

内部被曝が起こるような食べ物を仕込んでしまうので

「ありがたい…」と感謝の想いを込めます。

いい思い出を思い出して、ニコニコしながら。

 

お料理は、「氣」が入るものです。

だから、勝手に命名

笑顔の福徳白みそ❗(笑笑)

 

もしかしたら、昔のお母さんやおばあちゃんたちは、こうやって

家族の健康を守ってきたんじゃないか・・・

 

そんな風に感じました。

f:id:laralight:20200129120639j:image

豆をジプロックに入れて潰します。

f:id:laralight:20200129120626j:image

麹を大量に使います。

これをポロポロにして、塩と混ぜると

塩きり麹になるわけです。



f:id:laralight:20200129123344j:image

豆と麹を混ぜ混ぜ。

これで味噌だねは完成です。

手間と時間はかかるけど、工程はいたってシンプル。

 

40℃くらいの環境を用意してあげて、3〜5日でできちゃうのが

白みそのいいところ。

 

普通の味噌は仕込んでから最低でも3〜6ヶ月はかかりますからね。

 

うーむ、待ち遠しい。

きっと菌が美味しくしてくれることでしょう〜。

 

以前に、白みそのワークショップに参加して手作りしてみると

やっぱりとんでもなく旨い❗❗

これに味をしめて、なくなっちゃったから自分で仕込むぞ❗ということに(笑)

 

市販品よりも塩をかなり抑えて作れるので

そのまま野菜のディップにしてもりもり食べれるお味噌になるのです。

 

さぁ、私の「良い記憶」の大量の「氣」が入った発酵食品を食べて

元気で美しく❗

この冬を乗り切りますよ〜。

f:id:laralight:20200129124729j:image