Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

感覚は思考より大きいー相手と無意識に繋がり合う方法

離れている相手と繋がりたかったら

抱っこしている感覚を思い出せばいい

 

古武術の稽古では

師範からこんな事を教えてもらう事が少なくないのです。

 

本当に武術の稽古ですか?

って言いたくなるかもしれませんね。w

 

昔の日本人は知っていたのです。

特に、武術の開祖クラスの人は

人の想いや気持ちが

どれほどこの物理空間に影響力があるのかを熟知していました。

 

面白い例はいっぱいあるんですが、

 

今日は、離れている時にこそできる

大切な人と親密になる「裏技」

ひいては、

自分の思いがその人の「お守りになる技」

伝授したいと思います(笑)

 

感覚がなぜ思考より影響力が大きいのか

感覚。

 

ここで言う「感覚」とは

『体感覚』『触覚』の事と思ってください。

 

こう感じた、という感性や直感的思考の事ではなく

体感覚です。肌感覚。

 

五感で言うところの、触覚です。

 

本来、武術とは

死ぬか生きるかのシビアな状況で行うものですから

悠長に考えている暇などありません。

 

如何に相手より優位に立つかを

研究しつくされている学問です。

 

相手を意のままにコントロールする方法論として

現代では催眠がありますが、

 

武術の世界でも

相手の身体や意識状態を如何にコントロールしてしまうか

生死の極限で探求されてきたのです。

 

やられてみると分かるんですが

感覚を「信号」として脳に送られてしまうと

身体の自由がきかなくなります。

 

師範が本気で「脱力」という信号を送ると

弟子たちはみんな、その場にへたり込んでしまうんです。

立ってられないと言うか

力が入らなくなってしまいます。

 

何が起こっているのか、ちょっと分からない

妙な感覚です(笑)

 

頭では、今から師範から技をかけられ

腰砕けにされてしまう、って

分かっているのに抵抗が出来ないんですね。

 

これは、大脳で処理する思考の命令を

凌駕してしまう感覚支配が起きているからです。

 

超リラックス、という信号を送り込まれると

抗えなくなります。

 

人は「安心感」「心地よいもの」に抗えないのです。

 

これは、人類に共通している

普遍的な感覚です。

お母さんの羊水の中の感覚は絶大なんですね。

 

これを利用しているのが「合気」であり、「武術」です。

 

この感覚に共振させちゃう、してしまうので

技がかかった相手は、抵抗できないので

意のままにへたり込んだり、吹っ飛ばされたりします。

 

相手が、技をかけてくると分かっているのに。

相手が、自分を倒しにかかかってくると分かっているのに。

 

大脳、特に前頭葉の情報処理で的確に判断しているにも関わらず(分かっている)

抗えないんです。

 

面白いことに、

筋力に関係なく倒れ、

筋骨隆々のマッチョでもへたり込んでしまいます。

これが「感覚支配」の為せる技です。

だから、歳をいくほどに技が磨かれ強くなります。

 

そもそも筋力勝負から「技」は抜けているんです。

 

相手の感覚に影響を与えてしまうので、

振れることさえ必要としなくなります。

 

だから、おじいちゃんの師範が

大男をばったばったと倒す事が可能になるわけですね。

 

これほど、感覚とは「強い」んです。

思考でいくら「分かって」いても、防ぎようがありません。

 

なぜって、

コントロールされる感覚を司る神経系は

脳の奥の方にあり、

大脳よりも優位な情報処理系を持っています。

もちろん、皮膚という臓器は脳のものすごく大きな位置を占めるものです。

 

ゆえに、

脳の奥、脳全体に影響を及ぼしているといっても過言ではありません。

 

超リラックスの感覚の信号を送られちゃうと

脳は混乱し

体の感覚のほうが情報処理が大きいので

信号のとおりに動かざるを得なくなるのです。

 

感覚と遠く離れた人との通信

で、やっと本題に入っていけるわけですが

(おまたせしました)

 

信号を送る、送ると

 

何度も言っていますが

 

信号を送るって何よ?って思いますよね。

 

この「信号を送る」は『空間支配』の重要な概念で

空間支配をマスターすると

とんでもないことがいろいろ出来るようになるんです(笑)

 

言葉は、いかついですが

恋人たちはみんなやっています(笑)

 

ぎゅーっと大好きな気持ちを集めて

想いよ届け❗ってやりませんでした?

 

まぁ、そこまでせんでも

なんかぼんやりずーっとあの人のことを考えていると

メッセージが届いたり

ちょうど電話がかかってきたりとかって現象を

誰でも一度くらいは経験していると思います。

 

同じタイミングで同じこと考えたよ、なんて。

 

あれは、実は共振現象なんです。

同じ思いを持っている二人は、「同じ」部分に共振が起こります。

だからタイミングが同じになるんです。

 

で、これを発展、応用しているのが

武術家の修行です。

 

共振させちゃう、という現象。

 

人の安心感やリラックスという「共通項」を使うのです。

 

いやー、我ながらこんな事書いちゃっていいのかしらって思うんですが

これ奥義中の奥義です・・・(汗)

 

この「技」を超プライベートに使うには

 

相手との超リラックス場面を思い出します。

そっと抱きしめて

目を細めて嬉しそうにしている顔を思い浮かべ

その時のじんわりくる体温を感じるのです(ここが最重要!)

 

皮膚感覚、肌感覚、体感覚

 

これです、これ!

 

これがシグナルとして送れちゃう。

誰に?

あなたが想うその相手にです。

 

なんだかいつも

あなたから守られている様に感じちゃうんですね。

無意識に。

 

小さいお子さんがいる親御さんは、ぜひやってあげてください。

おじいちゃん、おばあちゃんから愛情を注いでもいいでしょう。

f:id:laralight:20200124112814j:plain

 

特に、身体に振れるのを嫌がるお子さんには

このシグナルを送ってあげると良いと思います。

 

f:id:laralight:20200124112728j:plain

 

 

パートナー同士でやっていただくのは最高ですね。

 

この「守っていますよ」というシグナルは

厄除け・魔除けになるんです(笑)

 

そりゃそうです。

抱きしめて守っているんですから。

 

もしかすると、浮気防止の虫除けにもなるかも知れませんね(笑)

 

愛されている、見守られているという感覚は

自覚がなくても効力絶大です。

無意識に繋がり合う人達との影響はあるのですから。

 

仲がこじれたときにもいいでしょう。

ごめんね、と思いながら

そっと抱きしめ合うのです。

その想いは必ず共振現象を起こして、相手に届きます。

f:id:laralight:20200124112705j:plain

自分が変わると相手が変わる、

 

その空間構造とは、こういうことだったのです。

 

コツは「肌感覚」

ぜひ、マスターしてみてくださいね。