Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

思考もフラクタル構造を持っているんじゃないかという仮設

哲学に振れるとブログのアクセス数が極端に減るんですが

気にせず書きます(笑)

 

今日は、12時間以上寝てしまい・・・

あぁよく寝たわい、って思ってたら

落ちてくる、落ちてくる。

 

閃きとアイデアと気づきが、手のひらからこぼれ落ちるのを

猛烈な勢いで自動書記のごとく書き留めてあっという間に3時間・・・(笑)

 

さて、面白かったので

その一部をご紹介します。

 

タイトルの通りなんですが、

思考も相似形(フラクタル)という構造を持っているんじゃないか

という洞察を得たんです。

f:id:laralight:20200119162209g:plain


 

物理と哲学が好きな人だと

なるほど~って思ってくれると思うんですが…

 

できるだけ分かりやすく説明してみたいと思います。

 

私がずっと考えていたのは、こういう事です。

 

例えは、

最強のパートナーシップってなんだろう?って命題があったとします。

この答えが

思考もフラクタル構造を持っている、と仮定すると

すっと腑に落ちる答えが出てくるのです。

 

最強のパートナーシップと言えば、

分かりやすいところで言うと、クリントン元大統領とヒラリーさん。

大統領とファースト・レディが上院議員国務長官という夫婦です。

しかも、次は嫁が大統領候補で出馬したんですからね。

 

しかしながら、内情は波乱万丈でしたね。

クリントンさんは不倫、スキャンダルまみれで

ヒラリーさんは選挙違反や反逆罪なみの違法行為があったのではないかと

トランプ陣営とバトルした際に、言われている人です。

 

まぁ、それはともかく

 

大統領の器とそのパートナー

(この場合は、女性男性ともに)

ーどこから出来ていたのか?

ーもともとそうだったのか?

という事を私はよく考えるのです。

 

多分、3〜40%くらいは本人のもともとの気質と希望

で、6〜70%くらいは環境から作られてきたもの

ではないかと考えています。

 

資質がなければ、そもそもそんな希望が起きないものです。

大統領になりたい!とかって

あんまり考えませんよね。

 

なので、もともと持っているものは

夢や希望の種になっているはず、という考え方です。

まれに、全く潰されてしまっている人もいるので

一概には言えませんが。

 

ふと、自分のパートナーを見た時に

この人は大統領の器だわ❗

って感じる人もあんまりいないかも知れません(笑)

そう感じる人はここで読むのを止めていいです。

大統領は別にいいです、って方も止めていいです。

 

私も大統領の器が欲しい、パートナーを大統領にしたい❗

と思っている人は、先に進んでください。

 

さて、

大統領の資質が見いだせない・・・

やっぱり向いていない?

そもそもそういう人ではない?

って考えがちだと思います。

 

でも、ちょっとだけ勇気のある行動や

チャレンジ精神を見ることはある。

 

◯行ったことのないお店に行ってみようよ❗って

誘ってくれたことがある。

◯やってみなくちゃ分からないよ❗って

意外に冒険家だったところをみたことがある。

◯あの人、自分は強運だと信じているところがある、

と感じたことがある。

 

こんな、「小さな」ことは

見ることが出来るんだけど、とてもとても

大統領の資質があるなんて思えないわ・・・

 

って、考えていませんでしたか?

 

私は、これってちょっと違うよなぁと

実は感じていたんです。

 

小さなこと、と感じ、

判断しているのは「わたし」であって

客観的な事実は「大統領の資質の一部」と考えることもできるなぁと。

 

「資質の一部」を塵も積もれば山となる式に

積算していったらどうなるんだろう?って思っちゃったわけですね。

 

これって、フラクタル構造そのものだよなぁと。

 

誰にでも無限の可能性がある

という

誰にでも無意識の力が宿っているという

立場に立ってみると

自分の小さな相手への可能性の気付きは
相手の素晴らしい資質・大きな可能性の
どこに火を付けるかわからない

 

小さな点がどこまでも大きなものに

共振してしまう、という物理現象です。

 

まさに、フラクタル構造。

 

こんな意識のカタチが観えたんです。

12時間も眠ったら(笑)

 

塵も積もれば山となる。

 

小さな優しさ

小さな気配り、心配り

小さな勇気

小さなチャレンジ

 

これらに気がついてあげられるのか

実は、

自分の生き方への問かけだった様に思うのです。

 

相手がどうか、という問題ではなく

自分の生き方への問い。

 

パートナーシップとは

相互作用という影響ももちろんありますが

自分の生き方の鏡とも言えるのではないかと思うのです。

 

相手が問題なのではなく

自分の生き方の問題。

 

どんな「小さな事」にも

気づき受け取ってあげられる「観察力」や「感性」を磨けたかどうか

が重要なのであって

相手を大統領にすることが重要なのではない

のかも知れません。

 

愛とはなにか?を明確化してくれた言葉があります。

 

愛とは、

大切なものを守る力である

 

地球は我々が宇宙に飛んでいかないように

引力で守ってくれているし

 

太陽は、あまねく照らし

生命を保持してくれるエネルギーを与えてくれている

これらが究極の無条件の愛であると

 

我々に教えてくれている。

 

お中元みたいな愛じゃなく       

貰ったから返そうとか、そんな陳腐なものじゃないと。

 

最強のパートナーシップとは

フラクタル構造の中にある、地球と太陽のようなもの

 

という理解になったわけですが

寝すぎですね(笑)

f:id:laralight:20200119154453j:plain