Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

自分が幸せであることの重要性

私は「ご自愛」という言葉があまり好きではないんですが

「自分が幸せであることは」とても重要なんです。

 

なぜならば、

 

人にはミラー・ニューロンがあるから。

 

あの人と一緒にいると、気分が上がる

気持ちがいい人

 

っていますよね。

 

また会いたいな、と思う人です。

 

反対に、

あれ?なんでこんなに疲れてるんだろう・・・

 

って人もいますね。

 

目の前の相手の意識状態は

伝染るんです。

 

より感情・感覚の強い人から移ります。

 

ミラー・ニューロンがあるから

しょうがないんですね。

 

相手に影響を与えてしまう。

人は、人に影響を与え

人から影響を受けています。

 

今の自分は自分のことをどう捉えているのか

セルフ・イメージや自己肯定感、自己効力感は

そのまま相手が受け取ってしまうんです。

 

他者の幸せを考え、実行している人は

幸せになれる

 

かどうは、実は分からないわけです。

 

なぜならば、

相手に伝わる情報は

 

他者利益を優先すべし

と伝わるので、

普通の人は「え?」と感じるはずです。

 

自分を置き去りで人の為にってのは

いわゆる自己犠牲だから。

 

これが通用するのは、悟った人くらい。

無私、滅私の人は100%他者利益のためだけに生きています。

 

これを普通、やられると

義務感や自己犠牲と感じてしまうのです。

 

自己肯定感、自己効力感が高い人は

相手が勝手に自信を感じてしまうので

なんだか自分がパワーアップしたような感覚になります。

 

セルフ・イメージの良い人は

勝手に人を幸せにしてしまうんです。

 

一番気持ちが良い人は、

自分が幸せであり

尚且つ

他者の幸せのために動く人

 

こういう人は

会うだけで元気になり

しかも助けてくれる人なわけですから

間違いなく世界を良くする人です。

 

ただ、会うと元気になるだけにとどまらず

 

魅了してしまい

憧れられて

応援したくなってしまう

ハンパない影響力を持つ

 

そんな存在になるわけです。

 

助けたり、助けられたり

役に立ったり、役に立ってもらったり

良い循環や連鎖を起こせる人です。

 

 

世界を幸せにしたい

世界を自由にしたい

 

こういった目標がある人こそ

自分が含まれている事を忘れないことが重要です。

 

自分が幸せでないと

他者に他者利益を強要する人になってしまいます。

 

自分が幸せになりたいと思っている人は

世界を幸せにすれば、自分が幸せになる

ということを忘れないことが重要です。

世界の中には自分が含まれているのですから。

 

これらは、抽象度の問題。

 

平たく言えば、

 

自分と他者の区別なく

思いやること

大切にすること

 

というシンプルな言葉になりますでしょうか。

 

ミラー・ニューロンがある限り

向き合っている人の意識や感情、感覚が

まるで自己のもののように受け取ってしまう

 

自他の区別がつかない

感情・感覚を扱っているのが我々人間なのです。

 

セルフ・イメージが良いことは

周囲のみんなにとっても良いことなんです。

 

これをなくして、他者利益だけを考えても

虚構になってしまう

と私は考えています。

 

だから、自分が幸せであること

がとても重要なんです。

 

自分が望む環境を整えてあげること。

人間関係

仕事

枕の高さに至るまで

 

心地よい、気持ちが良いと感じるものを与えてあげましょう。

f:id:laralight:20150821165355j:plain