Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

そこに「美しさ」「幸福感」はある?

毎週弓道の稽古もやるようになり

ほんとに全身筋肉痛の毎日で(なにやっとんねん)

私はいったいどこに行くのでしょうか(笑)

 

弓道も実はずっとやりたかったことだったんですが、

あれはマナーが半端ないって事を

ぜんぜん知りませんでした。

 

ぜーんぶ作法。

 

自己流でできることは一つもないんです。

出す足の順番から、何歩歩くまで決まっています。

 

構えから、打ち起こしの角度に至るまで(!)

 

で、そろそろ何が言いたいかなんですが

ご指導を頂いている時に、面白いことを聞きました。

 

弓道は、的に当たればいい、わけではないんです。

自分には右側に寄る癖があるから、ちょっと左を狙おう。

ほーら的中❗

これはNGということです。

 

弓道は、作法を極めることが第一

結果、真ん中に当たる事までやり抜くのが修行なんです。

 

と。マジっすか。弓道って修行なんですか!

まぁ、道が付くものなんですから、そうですよね。

 

ここで、私は「ん?」と気がついたんです。

私は「目的重視、結果重視」どんな手段を講じても

真ん中に命中させられるならいいじゃんよ

というタイプ。でした。

 

そう、過去形になったんです❗

 

プロセス主義は美意識と幸福感がたっぷり

目的はなんだ?

結果は何だ?

結論はなんだー!

って、色気がないんですよね。

全然出ない。

 

色気というか、あそびがないと言うか。

 

最短、最速でゴールに到達ですから。

まぁ、その方法論を見つけようとしていたってのが

大前提としてあったのは事実です。

 

クライアントさまの契約期間中に

いかに結果を出していくか。

また、最速で変化を出すことをやっぱり期待されるわけですからね。

 

でも、最近気がついたんです。

 

「美しいか?」「幸福感に満ちているか?」

 

この基準はかなり厳しいわけですが、

この要素が入った方が

圧倒的にうまくいく、ということなんです。

 

これは、ゴールに最短・最速で

右に曲がる癖があっても大丈夫!

みたいなのでは、ぜんぜん出てきません。

 

合気の師範の動きも

これまた舞踊の様に、美しいのです。

裾が乱れない程に、圧倒的なワザが繰り広げられるわけです。

 

「え?今、何やりましたか??」みたいな(笑)

すっす、って動くと人が倒れてちゃってるんですから。

 

楽しい!とか、嬉しい!とかをまるっとまとめて

もうちょっと洗練させると「幸福感」になります。

 

幸福感は、瞬発的な快感というよりは

じっくりじわじわくる感じですよね。

 

幸福感を纏ってる人

特に女性なんかは、圧倒的にモテます(笑)

人を魅了する要素なので、何事もうまく運びやすくなるのです。

 

目的と結果は、忘れないんだけど

ちょっと置いておく。

 

で、プロセスの方を大切にしてみる。

特に自分の「美しいか?」「幸福感はあるか?」

という感覚を使いながら。

 

まぁ、楽しいんですよ。単純に、この方が(笑)

エネルギーも上がるし

リズムに乗れるって感覚があるので

ことの運び方がスムーズになります。

 

とにかく目的・ゴールに辿り着きたい!から

まぁ、景色でも楽しみながらゆっくり登りましょうや〜

って方が、実は登頂率が高くなる?って感じですね。

 

一心不乱もいいけれど

 

そこに「美しさ」はある?

そこに「幸福感」はある?

 

そう、問いかけてみると

スタック(引っかかり)したいたところが見えてきたりするから面白い。

 

多分、本質的に

美しさや幸福感はうまく運ばれてしまう要素が含まれちゃってる

そんな気がします。

 

f:id:laralight:20160513105821j:plain