神タイミングの作り方

いつ、誰と、どこで出会えるの?

何をどうしたら

私の夢は叶うの?

 

これはものすごい数の選択肢の中から

最適解を導くことだから

意識でやってたらすんごい大変。

 

可能性の総当りで一番良い結果を知る

これが従来の計算方式です。

 

だから、早い処理、計算スピードが求められるんですね。

 

でも結局

一回ずつ計算していくというアルゴリズムは変わらないわけです。

(ちょっとむずかしいですかね)

 

例えば、

「花火大会に誰かと一緒に行きたいな〜」

って、思いついたとします。

 

「花火大会」 「誰と」 「いつ」 「どこの?」

 

これらの最適を見つけていくことが必要になりますね。

でも大概は

 

あの花火大会と彼と二人で〜とか、

いくつかの要求は既に決まっていたりします。

 

あ、ごめん。

その日は仕事なんだ

 

と調整がうまく行かないと

じゃぁ、違う日にちでやってる花火大会はないかなぁ

近場で

とかって、また探すことになります。

 

最近はネットで様々な情報を検索できますから

花火大会なんてのは

簡単に見つかりますね。

 

でも、花火大会はお天気に左右されるものです。

だから

お天気になるといいなぁーと願い

今週の花火大会は大丈夫かしら?と

天気予報を毎日チェックしたりしますね。

 

もし、

 

「花火大会」 「誰と」 「いつ」 「どこの?」「お天気確率」

 

まで、計算しようと思ったら

かなり大変です。

 

意識の世界でやろうとすると

結構疲れるんですよ(笑)

 

お題・目的が「デート」になったら

もう大変。

 

近くに雰囲気の良いお店がある「花火大会」は?とか

更に検索条件が複雑になり

「お天気」を願うことにパワーを使います。

頼むから、晴れてよー❗

みたいになりますよね(笑)

 

一つ一つの条件を自力で(ネットか何かで検索して)

調べたり、調整したりしながら

決定していくことになりますね。

 

友達4人でダブルデートとかになったら

(あー、考えるだけで気が遠くなりそう 笑)

スケジュールの調整だけで、めんどくさーってなりませんか。

 

無意識に計算を投げちゃうと楽ちんなわけ

 

無意識ってもう、量子論の世界。

あらゆる可能性を同時に計算してくれているんです。

 

そして、更に凄いのは

 

関係者全員の脳と繋がって

それらの計算を同時にやってくれている

 

ということ。(なんのこっちゃ?ですよねー)

 

インターステラーって映画おぼえてますかね。

(見てない方スミマセン)

5次元の概念を3次元的に見事に表現してくれていました。

 

本棚が折り重なる空間で

(本棚って時間と可能性のマトリックスになっています)

主人公が行き来しながら

想いの力で「一番欲しい可能性のある本」を見つけるんです。

 

で、

過去の娘になんとかメッセージを伝える(未来のパパが)

という事をやり遂げます。

 

この未来のパパが

自分の無意識だと思ったらいいわけです。

 

ありとあらゆる可能性のマトリックスが見れる

位置に居るんです。無意識って。

 

だから、目的をぽんと投げる。

 

すると、一つ一つの条件から

総当り戦で最適解を見つけるのではなく

どっかーんと過去・現在・未来の関係者の脳にアクセスして

目的に一番近い可能性を見つけてくれるんです。

 

人ってほんとにスゴイことをやってるものです。

 

ネットで検索して

みんなにスケジュールを聞いて

調整しながら決めていく

これ超アナログ方式。

 

なんとなくここかな?

と直感を働かせて

いい感じ〜と決定していくのが

デジタル方式。

 

無意識のワザの達人になって

過去現在未来の関係者の脳に繋がって

どっかーんと全部丸投げにして

「えー、ここなの?え、明日なの?!」

みたいに予測を遥かに超える展開になっちゃうのが

量子論方式。

 

で、みんなに聞いてみると

あれ?明日だけ全員予定が空いてた〜

ってなっている不思議な事が起こるという(笑)

 

このカラクリは

実は過去に戻って調整をして

明日OKになったという経緯があるんです。

って言ってもわからないですよねー(笑)

 

意識では過去→現在→未来という時間の流れしか認識できないから

このロジックが???となりますが

 

インターステラーみたいなところに入っちゃうと

言ってることのイメージがなんとなく

分かってくるんじゃないかなぁと思うんです。

 

コツと言うか、ポイントは

「想い」です。

「念い」まで昇華できると

必ず作用が過去・現在・未来にまで影響を及ぼします。

 

やり方は、

 

「みんなで素敵な花火大会の日になった」

 

という感覚を作っちゃう。

 

で、忘れる。みたいな感じです。(ざっくりしすぎやろーw)

 

例えば、

本当は隅田川花火大会に行きたかったのにーって

意識では思っていても

 

豊洲花火大会が一番目的にあっていた

という現実になっちゃうわけです。

 

「花火大会」 「誰と」 「いつ」 「どこの?」「お天気確率」

「近くのいいお店」「行き帰りの混雑」

 

あら、全部ALL OKだったじゃーん

ってことになちゃう。

 

量子論の世界に入ると

過去訴求効果ってことまで使えるようになっちゃう。

すると、未来が変わっちゃう。

今に影響を及ぼすのは「今」だけじゃない世界。

 

時間の感覚まで緩まっていくと

本当に自由になります。

 

リカバリーがいくらでも効く世界。

いつからだって何も遅くない世界。

タイミングを全て最適にずらせちゃう世界。

一人で頑張らなくて良い世界。

 

また危ないこと書いてますが(笑)

 

と、ちょうど書き終わると…

次のスケジュールから逆算していくと

そろそろ外出の準備をしたほうが良いっぽいです(無意識が〜w)

f:id:laralight:20190827101839j:plain