Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

時間を制御する技術(ワザ)

オカルトでもスピでもなく、合気の技術はここまできたか・・・

という稽古をしてきて眠気MAX(笑)

 

一日明けた今朝も、まだなんかを

バックグラウンドで考えているようで

自分で「心ここにあらずだわ〜」という感じです。(脳の筋肉痛…)

 

私が習っている『合気』の技術とは

空間を支配する

というもの。(もー、なんのこっちゃでしょ〜)

 

「空間」の中に「時間」まで入ってきちゃったものだから

もう大変です。(師匠、進化のスピード早すぎ 笑)

 

それは、過去に技をかけるというもの。

まったく意味不明だと思いますが

 

例えば、

 

もう、四方八方を敵に囲まれちゃって

絶体絶命〜

 

という状況があったとします。

 

ここで、師匠いわく

 

「慌てず騒がず、過去の敵(の状態)にワザをかければ良いんです」

って(なにそれ〜)

 

黒帯のお弟子3人に取り押さえられている師匠が

あ~ら不思議。

どんどん力が抜けてって、しまいに黒帯の3人はひっくり返ってしまいました。

 

「はい、今日はこれを練習しましょう〜」

(マジですか、師範。。。)

 

実は、この時間があってないようなものにする

という考え方は

今年に入って3つのソース(情報源)から聞いています。

 

2019年のトレンドなのかしら、と思うほど。

多分、最新情報なんでしょうね。

ほんと、やっぱり脳って繋がってるんじゃないかしらと思う。

 

人の意識は時空間を超える

 

という事象をどうやって、日常生活に応用するか

これをわたし的に統合しています。

あとちょっとで「ちーん❗」ってのが来そう(ちーんって何?w)

 

過去は変えられないって、常識ですよね。

 

どうも、過去は変えられそうなんです。

ハッキリ言っちゃうと(えー❗でしょ)

 

過去を変えて、未来を大きく変える。

この実践をしている人が

少なくとも私の知っている人に3人います。

 

じゃぁ、どこまで過去を変えられるのか。

過去を変えた「今」ってどうなるのか、

って話なんですが

 

その過去を思い出せる時点で

連続性がある「今」だから

非連続にまでは影響を及ぼせないだろうと、仮定しています。

 

要は、

今の時点で意識の力でコップを割れる人は

過去に意識を飛ばしてコップを割ることができるでしょう、と。

すると、今のコップは「あれ?どこいったかな」

ってなる感じ。

 

でも、ほとんどの人は意識の力で物理次元に作用させるのは難しいので

決断を変えたり、選択を変えたりすることで

情報次元に作用させ

今の気持ちや気分が変わっている、ということが起きる。

すると

未来の自分が大きく変わっている

という事象が起きるというカラク

 

これが今、わたしが考えている仮説です。

(小難しくってすみません)

 

でも、便利に(ちょいズル)使おうと思えば

 

別れてしまった彼氏・彼女の

「あの分かれる場面、過去に戻って」

 

あのときの言葉を撤回し、もっと違うことを提案してみる。

すると、別れずに済んだという状況になったら…

 

「今」に戻って、LINEなんかをしれっと送ってみると

 

「明日の休みはどこ行く?」

なんて、返事が返ってきたりして・・・

 

という事が起きる可能性が見えてくる・・・

 

これができたらすごくないですか?(笑)

 

まさに、バックトゥーザフューチャー

 

でも、空想と本当に時間を制御するワザを使うのと

何が違うかって

やっぱりエネルギーがいるっぽいんです。

 

師範が「あのワザ」を使うときって

ちょっと背景が歪む、みたいな感じになる。

 

私は見えないけど

「先生からなんか出てる…」とかって

言われてましたから(ひょえ〜)

 

バックトゥーザフューチャーのやり方は

まだ何通りかあって

自分とクライアントさんを使って実験中(笑)

 

過去を変えて、未来を大きく変える。

 

過去って変わらない、という常識までもが

変わっていく時代に入ったんだなぁと(危ないことを言っていますw)

 

まだ、うまく言語化できるまでになってないんですが

ちーん❗ってなったら

ブログでシェアさせていただきます。(だからちーん!て何w)

f:id:laralight:20190822130314p:plain