Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

丸め込まれない人は、知能が高いのではなくセンスが高い人

前回のブログを書いていて

記憶の彼方にあって忘れていたことが、次々と思い出されて

大変興味深い出来事がたくさんあったんです。

そういえばって、昔過ぎて他人事(笑)

 

もう、時効…(勝手に私の中で)

ということで

いろいろネタバレ〜

 

大変興味深い思い出。

 

それは、

よくぞ丸め込まれなかった、わたし、エライ!

と思ったのです。

 

本当に大切なことは、多分凄くシンプル

真理とはなにか

これにハマると厄介なのです。

 

哲学も一歩間違えれば、新興宗教もどきに。

 

哲学なのか、エセ宗教なのかの境目は

知能が高い人ほどわからなくなります。

 

だって、オーム真理教の幹部はほぼ東大卒のエリート。

なんでエリートが騙されるのか

ということを説明すると長くなってしまうのですが

 

ざっくり言うと

「神秘体験をすると落ちる」

という性質があるのです。

 

統合能力に優れたIQの高いエリートたちは

神秘体験という「あの世」や「霊的」な世界を体感しちゃうと

誰よりも膨大な知識・論理の情報量と体験を

統合するのに苦労するのです。

というか、この世の論理とあの世体験は統合したい!けどできない!が続くわけです(笑)

 

一般人は、ちーん(計算エラーの音)で終わり。

ていうか、毎日が不条理と矛盾という高ストレス神秘体験の連続です!

 

人間、混乱すると変性意識に簡単に入ります。

変性意識状態でさらなる神秘体験を入れられると

かなり強力な洗脳になってしまい、

信念体系が自分ではどうにも動かせなくなるのです。

信者 一丁上がりましたー❗ です。

 

真理や宇宙が大好きな人にとってのごちそうロジック

真理、哲学が大好物な人にとって

「徳」

というものの理解は、大変なごちそうでした。

 

『徳を積む』

 

徳を積むのは単純明快。いいことです。

 

なのに、この「徳」に構造がある。

深い宇宙の仕組みがある。

こうアプローチされると、私は知りたくて知りたくて

本当に学ぶのが楽しかったのです。

 

さて、あの前回出てきた「懐かしいお方」は

赤字経営の垂れ流し、人事トラブル

複数の女性関係と

 

普通で考えたらアウトでしょう❗

 

という状態でも

 

「徳理論」

 

から、考えるとぜんぜん問題NOTHINGになっていたのです。

 

どう考えれば、問題ないって言えるのよ?

と思いますよね(笑)

 

自己実現に徳のエネルギーを使うと

 強烈な反作用が起きる』

 

その反作用があるおかげで

死なずに、また徳を積む事ができるという考え方なのです。

 

うまいですよねー、今から考えると心底思います。

 

赤字経営=従業員の不徳やカルマを自分が背負っている

人事トラブル=上記に同じ

複数女性関係=自分と付き合うことによって、カルマを解消し徳を女性に与えている

 

わーお❗

 

いまだと、わーお❗と思うんですが

 

その当時は、大変な真理を学んでいる最中と思っていたので

さもありなんかも…と思っていたわけです。

 

しかし、私の感性(センス)は

何かが違うんじゃないか、と感じていました。

 

そう、『感じる』ものなのです。

違和感を感知する。

 

なぜ、違和感になるのか。

なぜ、何が「違う」のか。

これをLogicにするには、「壮大な徳理論」を凌駕する知識が必要になります。

が、

壮大な徳理論は1年掛けて学んで、これで1/10が終わりました。

と言われるくらいの理論です。

 

ディベートで勝てる代物ではありません。

 

でも、私の中の何かが違うと言っている。

そう感じさせるなにかがある、でもう抜けるには十分ではないか

 

そう思っていたところに

前回の「あの事件」が起こったのです。(笑)

 

信じる、信じない

 

の領域のことは、事実確認や科学的実証では論破できません。

 

強力に信じられたら終わり

強力に信じられなくなったら終わり

 

そういう世界です。

信仰とは、強烈な変性意識状態の持続

と言っても過言ではないでしょう。

 

だから、ロジックで自分の洗脳、誰かの洗脳を解くことはできません。

感覚・感性の部分にアプローチができないと

そこからなかなか抜けられないのです。

 

まぁ、幸いにも

私は自分の感覚がアンテナとなり、信念体系を変えることができました。

 

学んだものを全て否定する必要はないかなと思っています。

今でも十分、役に立つ情報をGETしたと考えています。

 

が、そこに属する必要(熱心に学びを続ける)

はないかなと感じたわけです。

 

なんで違うと感じるのだろう?は後から分かる時が来ます。

何かが違うと感じる

 

この感性、感覚が重要なのです。

 

今の社会システムに違和感を感じる。

今の組織に違和感を感じる。

今の○○に…

 

ロジックで丸め込まれると、自分のほうがおかしい(以上終了)

で、終わってしまいます。

 

いいえ。

その違和感をとことん信じてみるべきなのです。

 

自分の感覚を信じること。

 

それでいいんです。(きっぱり)

 

 

親、兄弟、親戚、友人、知人がいろいろな論理でよってたかってきたら

 

自分だけは自分の感覚を大切にしよう

 

と、感性を大事にしてください。

誰にも内緒で。

 

そうだよね、と周囲には言っておけばいいのです。

 

その違和感の出処、理由が必ずわかる時が来ます。

 

 

誰も信じてくれない状況が孤独なのではありません。

 

自分で自分が信じられなくなった時が

本当の孤独を味わうことになるのです。

 

自分だけは、自分の心の声を聞いてあげましょう。

 

その違和感は、多分正しいのです。

 

 

後日談として、

それから時が経ち、また新たな出会いのチャンスをいただくことができたのです。

 

ブログに時折ご紹介するエピソードや

私に変化をもたらせてくださった師匠たちは、「品行方正」な普通の人です。

 

商売は全て順調。

人間関係も素晴らしいご縁の持ち主ばかり。

ご家庭もご家族も健やか。

 

360度で健やかな方々なのです。

 

私がなぜ、そんな師匠たちに出会えたのか。

それはとてもシンプルなことなんです。

 

複雑なロジックをこねくり回さないでも、ぜんぜんOK。

 

そのシンプルなことは何なのか❗は、またの機会に(笑)

f:id:laralight:20190813014612j:plain