Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

気分を上げてお気さえすれば、人生はうまくいくのか?

お気楽極楽系というのでしょうか。

ポジティブが世界を救う的な思想のお手軽さは

今に始まったことではありませんが、

 

『気持ちを上げておきさえすれば人生うまく行く』

『これさえ信じておけば大丈夫』

 

本当でしょうか。

f:id:laralight:20190408125304p:plain

個人的には半分正解、半分は片手落ち

と言わざるを得ないでしょう。

 

なぜならば、その理由は簡単です。

 

不快な理由の反省と改善がないので

成長しない

 

考えれば至極当然なんですが

真の問題解決がなされないところに

お気楽極楽

ご自愛だけあったとしても

問題を認識しない状態になっているだけで

 

自分の過去・現在・未来に対する変化がありません。

 

何も変わらないのは当然なんです。

 

しかしながら、

じゃぁ反省すればいいのか

 

というと

気分が優れないまま反省したところで

ろくな改善点を思いつくことができません。

エフィカシーは下がり

自己否定を繰り返し

扁桃体の着火は収まるところか

どんどん不安も心配もイライラも不満も

積もるだけですね。

 

いつも言っていますが

情動が整っていないときは

感情脳(扁桃体)優位のため

前頭前野が正常に機能しませんので

明晰な思考や的確な判断ができないんです

人間ってそういうものです。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

上手な気持ちや考え方の持って行き方は

 

心を整え
気分を上げる→反省し改善策を練る

 

です。

また、改善策は

ゴールがないと出てきません

 

ゴールがないと

どこへ向けて思考したら良いのか分からないので

同じところをぐるぐる思考が巡るだけになります。

 

本当に自分は何を望んでいるのか

これがゴールです。

 

ゴールを明確にするためには

クリアな気持ちと明晰な頭脳

両方が必要なのです。

 

というわけで

嫌なことを忘れる

だけでは片手落ちと覚えておいてください。

 

ポジティブ思考と反省思考は対なのです。

f:id:laralight:20190408131200j:plain