Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

空腹時の運動後にケトン体を測ってみると…

面白くって

いろいろデータ取りまくっていますw

 

MTCオイルを取り、運動をするとケトン体が上がる

とのこと。

 

ココナッツオイルなどの中鎖脂肪酸を取れば

上がるのは当然で、

やりたのは、「自分の体が作り出すケトン体の値を上げること」です。

f:id:laralight:20181201082030j:image
f:id:laralight:20181201082048j:image

というわけで、運動前に測定〜。

0.2mmol/L

f:id:laralight:20181201082054j:image

善は急げ(?)で

マンションのジムで自転車をこいできました。

心拍数は最大で140前後まで上げてしまいましたがw

 

こんなにやらんでいいみたいです。

私の平常時の心拍は65〜75前後です。

 

心拍数を若干上げるような、スクワットを5分とか

穏やかな散歩のようなものを2〜30分するだけで

ずいぶん違うとのこと。

 

さて、結果ですが・・・
f:id:laralight:20181201082038j:image

変わっていませんOrz…


f:id:laralight:20181201082035j:image

血糖値も変わっていません。

ほぼ寝起き直後のまま。

 

う~む、これは

荒川のサイクリングロードを3時間くらこいでみて

低血糖を作り出したらケトン体は出てくるのか

という実験をしてみるしかない!

 

と主人に言ってみたら、ひとこと

「危ないからやめておきなさい」って言われました(笑)


f:id:laralight:20181201082042j:image

食後2時間くらい後の血糖値。

どうも、この測定時間も1時間くらいがいいとか

調べてみると根拠がないんですよね。。

 

人の生体は70〜140くらいで血糖値が収まるように

プログラミングされているとのこと。

まったくもって正常値です。

 

が、私の場合は目的があり

なんとか100くらいでおさめたい。

 

また、ちょっと調べてみたのが「hga1c」という値です。

これはヘモグロビンが糖化している数値になります。

 

私の場合は5.4%と若干高めなんです。

 

ヘモグロビンの寿命は120日なので

血糖値が低い高いいかんにかかわらず

「hga1c」の値はなかなか変わりません。

 

んで、「hga1c」がなぜ高くなるのかという理屈ですが

血糖値が高い状態が続けば

おのずとブドウ糖とくっつく量が増えますから

「hga1c」の値は高くなります。

という、単純な理屈です。

 

ということは、過去の私の血液中の糖分が

高かったということになります。

まぁ、そりゃそうですね。

果物ばかり食べてましたから(笑)

 

糖質制限をはじめて4ヶ月ほどになりますが

糖化したヘモグロビンが寿命を終え、入れ替わるのに

もう少しかかるのかも知れません。

 

空腹時血糖の値が若干高めなのは

これでで理屈がつくのかも?と思ったのですが

「hga1c」と「空腹時血糖」をロジックでつなぐ文献がみあたりません。

空腹時血糖が高いのは、「hga1c」の値が高いからだよ

と言い切ってくれる人がいないんですねぇ。

 

これも、自分の身体を使って

血液検査をしながらみてみるしかないですねぇ…。

 

なんか、こどもの夏休みの自由研究みたい(笑)