Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

あなたのゴールは合っている?|あなたの周囲に褒め称えたい人たちがどれくらいるかで分かること

あながたもし、リーダーシップを発揮したいと思うなら

もしくは、もう既にリーダーシップを発揮しているポジションに居るならば

「周囲の良いところを見つけ

 エフィカシーを上げることを毎日しているか」

この問い掛けを毎日してみてください。

 

エフィカシーとは、自己の能力評価です。

要は、褒め称えているか、ということですね。

 

周囲に褒めるところなんて見つかりません❗という方

ー周囲にそもそも興味が無いか

ーゴール設定が間違っているか

ー付き合う相手を間違えているか

どれかです。

 

本来であれば、

ゴール設定して出来上がったコンフォート・ゾーンの中は

お互いに褒め称え合う人達のはずなのです。

 

ゴール設定が正しければ

スコトーマが外れ

日々、周囲の良いところに気が付いてくるはずなのです。

そして、自分の良いところにも気が付いてきます。

 

だから、褒めるし褒められる

というエフィカシーを上げ合う関係性の人達で満たされていきます。

これを、コレクティブ・エフィカシーと言います。

 

エフィカシーを上げ合う関係性でできた組織は最強です。

しかし、能動的に見つけることをしていかないと

最初からは無理なのです。

殆どの人の「評価」は減点法だからです。

どこが至らないか、という視点で自分も人も見ている

癖がついてしまっているからですね。

 

『あなたはここを直しなさい』

と言われ続けると自信がなくなるのは当然です。

これが減点法です。

 

エフィカシーを上げ合う関係性は加点法です。

『ここが素晴らしい❗』

と、いつの間にか自信がついてくるのです。

自信がつき始めると、チャレンジする勇気が湧いてきます。

やる気も湧いてくるのは当然です。

 

モチベーションを上げるのはリーダの仕事ではない、

という人も世の中にはいますが

エフィカシーを上げれば

モチベーションは上がるのです。

エフィカシーは成果に直結する自己意識です。

自信がないと失敗しやすくなるのです。

緊張し、萎縮するからです。

リーダーの仕事は結果を出すことですよね。

周囲のエフィカシーを上げることを毎日しているか。

これは重要な事です。

 

褒め称えるところが見つからない、どうしても見つからない。

ならば、何かがおかしいと気がつくべきです。

 

あなたの興味がない人たちが周囲にいるということですから

ゴール設定が間違っているのです。

もしくは

付き合う人間を間違えています。

すべての人と仲良くなる必要はありません。

 

正しくゴールを設定し、

あなたの設定したゴールで出来たコンフォート・ゾーンに

相応しい人たちと付き合ってください。

f:id:laralight:20171222140533j:plain

 

【夢を叶える充実の内容で毎日更新! 】

f:id:laralight:20120601180719j:plain