Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

レース前のトレーニング

来月エントリーのレースの為にトレーニングに来ました😄

 

夏休みの宿題は9/1にやるタイプなんですがw

さすがに身体作りは間に合わないので

(って、かなり遅いんですけど…😅)

 

粛々とトレーニングです。

f:id:laralight:20200221125640j:image

f:id:laralight:20200221125643j:image

今日は快晴で気持ちが良いですね❗️

 

走行距離は60km弱。

2時間半くらいかけて、ゆったり走りました。

 

しかし、久しぶりで足が重い…😅

【福島県有数のパワースポット】達沢不動滝

福島県有数のパワースポット、達沢不動滝に行ってきました。

f:id:laralight:20200212090309j:image

 

f:id:laralight:20200212090232j:image

ブナの原生林に囲まれた、どでかい滝ですから

あえてパワースポットとか言わずもがな、って感じです。


f:id:laralight:20200212085921j:image
f:id:laralight:20200212090247j:image

 

まず見つけたのはこれ。超気持ちが良い癒やしの音。

この音は、倍音がたっぷり入っています。

ずっと聴いていたい…けど寒い…(笑)


雪解けの川の音

 


f:id:laralight:20200212090259j:image

手水舎につららが・・・

寒いの伝わりますかね。


f:id:laralight:20200212090240j:image

f:id:laralight:20200212090249j:image
f:id:laralight:20200212085927j:image
f:id:laralight:20200212090238j:image

ここは、お不動様が祀られている場所で

だから不動滝って名前がついているんです。


f:id:laralight:20200212090235j:image

お賽銭箱が凍っています。


f:id:laralight:20200212090256j:image

不動明王真言は覚えていなかったので、お会い出来てないと思いますが

一応、参拝させていただきました。

斎藤ひとりさんの千社札が張ってありましたが、、勝手に貼るとまずいのでは…(笑)


f:id:laralight:20200212085911j:image

ひゃー、この極寒で足浸けて撮影とは、、恐れ入ります。

って、立入禁止ですけどね(笑)


f:id:laralight:20200212090253j:image

まぁ、ファインダーからシャッターチャンスを狙いたい気持ちは

分かりますけどね(笑)


f:id:laralight:20200212090302j:image

 すごい迫力です。

 


滝沢不動滝


f:id:laralight:20200212085914j:image
さっきのが、男滝で、こちらが女滝です。
ちょろちょろと流れています。

 

密教修験道だったらしく、ここで神通力を得た僧侶が居たとか居ないとか。

まぁ、冬は滝が凍っちゃって修行は出来なかったと思いますが

滝行には最適の場所ですね。

 

滝の近くで佇んでいると、深いトランスに入れる場所ですね。

マイナスイオン倍音のシャワーを浴びて、心身が浄化されそうです。

 

寒いので、とっとと帰ってしまいましたが…

 

夏は、こんな景色だそうです。

f:id:laralight:20200212094753j:plain

今度は夏に来たいな(笑)

【登録有形文化財】会津東山温泉 向瀧

ずっと生きたかった老舗の温泉旅館

登録有形文化財会津東山温泉 向瀧に行ってきました。

 

なんと、江戸時代中期からの歴史ある旅館です。

建物は国の文化財になっています。

 

f:id:laralight:20200211181704j:image

こちらの旅館は、全て源泉かけ流しですが

ここのお風呂だけは自噴。

ポンプ使ってません…すんごい「効く温泉」でパワフルすぎてくらくらします(笑)


f:id:laralight:20200211182250j:image
f:id:laralight:20200211181706j:image


f:id:laralight:20200211181654j:image

趣がありますでしょ。

やっぱり雪が少ないんですが、それでも東北の温泉❗って感じ。


f:id:laralight:20200211182300j:image

ガラスも大正硝子で、なみなみしています。

レトロな雰囲気だけでなく、大切にされている感じが要所から伝わってきて

とっても波動が整っている旅館です。


f:id:laralight:20200211181647j:image


f:id:laralight:20200211182254j:image
f:id:laralight:20200211181651j:image

こちらがお部屋。

私は外泊する時はお香を持っていくんですが、ここは要らなかったですね。

とても気持ちがいいです。


f:id:laralight:20200211181657j:image

おこたでぬくぬく。

超久しぶりにこたつに入りましたね!



f:id:laralight:20200211181701j:image

24時間温泉に入れて、家族風呂も3つありました。鍵をかけてゆっくり入れます。

これぞ、至極の温泉三昧。

 

ほんとうに、ツルスベになりましたよ。

 

東京から300kmほどで近からず、遠からず。

とってもおすすめの良いお宿です。

【会津若松】伊佐須美神社

温泉宿の近くに良さげな神社があったので

立ち寄ってみました。

f:id:laralight:20200209160908j:image
f:id:laralight:20200209160841j:image
f:id:laralight:20200209160904j:image

イザナギイザナミが祀られています。


f:id:laralight:20200209160923j:image
f:id:laralight:20200209160854j:image

会津の総鎮守として2,000年もの歴史を誇ります。古いですね!

商売繁盛、豊作祈願、厄除け開運などのご利益があるそうです。

福島県の代表的なパワースポットでした。


f:id:laralight:20200209160911j:image

サテライト神社にも参拝。
f:id:laralight:20200209160914j:image
f:id:laralight:20200209160926j:image
f:id:laralight:20200209161033j:image
f:id:laralight:20200209160919j:image
f:id:laralight:20200209160850j:image
f:id:laralight:20200209160846j:image
f:id:laralight:20200209160859j:image

しかし、寒かった…つららですよ、つらら。

 

震災の際に被災したようで、復興の為の協力金を集めていました。

東北もまだ傷跡が残っていますね。

一口ですが、募金をして

 

宿に向かいます。

 

 

お天気がいいから、海ほたるでも行こうか

「お天気がいいから、海ほたるでも行こうか」と主人。

 

おぉ、なんと良い提案〜

とさっそくお出かけ。

f:id:laralight:20200208212750j:image
f:id:laralight:20200208212754j:image

快晴です!

風も穏やかで、日差しがあるところはポカポカして気分最高w

f:id:laralight:20200208212743j:image


f:id:laralight:20200208212759j:image

f:id:laralight:20200208212803j:image

海ほたるのスタバからの眺め

絵に書いたよう。

あんまり混んでいないのは、やっぱり中国人観光客が減っている証拠なんでしょうか。。
f:id:laralight:20200208212747j:image

f:id:laralight:20200208213129j:image

海ほたるデートじゃん、と写メ撮ってきました(笑)

 

どうやったらもっと楽しんでくれるだろう?って

いつも考えるんですが、

 

そうか、私が楽しいと

多分この人は嬉しくて、楽しいんだ…

 

とひどく単純なことに気が付き。

 

そう、女子はニコニコして楽しいのが一番。

それが相手が嬉しく楽しくなってくれること。

 

ー楽しかったよ、ありがとね♪

 

と主人に伝えて、海ほたるを後にしました。

 

お家に帰って、今日の出来事を回想していると

「海ほたる、楽しかったね」と、主人。

 

えー、今まで何度も一緒に行って

そんなこと言ったことなかったのになぁ…と思わず笑ってしまいました。

 

やっぱり、女子は笑って誰より楽しむのが

みんなが幸せになるということは

真理のようです(笑)

 

恐るべし、ミラーニューロン

 

言葉で相手と自分を喜ばせる年 

節分が明けて、子年になりましたが

2020年は『言葉で相手と自分を喜ばせる』と良い年になります。

 

ツイッターを眺めていたら

ある離婚した夫婦のLINEのやり取りが流れてきました。

 

さすが、離婚しただけあって

かなりのバトルが繰り広げられてましたねー・・・

 

まるで、言葉が凶器になっているようです。

 

言葉は、薬にもなれば凶器にもなります。

 

言葉は、嘘も真実も語れます。

 

言葉は、傷つけることも出来るし、癒やすことにも使えます。

 

言葉の力が強くなる2020年という年

言葉の感化力がフォーカスされるのが正に今年なのです。

 

今年の学びの一つであり、テーマですね。

口下手と思う人も、言葉数が多すぎる人も

相手に伝える「言葉」の重みを考えてみると良いでしょう。

 

あなたの言葉は、

足腰立てなくする「波動砲」にも

涙がこぼれそうな「福音」にもなるのです。

 

それは、自分自身にも

奮い立たせる言葉になるのか

落ち込まみ凹みまくる言葉になるのか

 

どちらに使いたいのかをはっきり決めることが大事です。

 

症状別ことばの処方箋

◯良い言葉なんて出てこない

 

思いつくのは、「マジ使えない」「ムカつく」「ありえない」などなど。

 

自分の生存環境が希望とあっていない人ほど、欲求不満がたまり批判的になっていきます。脳に帯電が起きやすく、発作を頻発して破壊的な人格になりやすいため、他者との摩擦が絶えず、負のスパイラルに陥ることに。

 

これらの言葉は、自分から出てきたものというよりは、破壊的な人格から出てきたものです。本来の自分の言葉を取り戻すには、まず本当の自分の要求に正直になることから始めましょう。

 

例えば、

結婚して子供を産んで幸せな家庭を築くはずだったのに、

旦那は会社に行くだけで、育児も任せっぱなし、

家のことすべて専業主婦だからと私に任せっきりでムカつく❗

ってな塩梅になっている場合は、

本当は社会と繋がっていたい欲求が満たされていないからかも知れません。

 

うちの奥さん、専業主婦なのに家事しないって嘆いている旦那さんが

時々いらっしゃいますが、

発作を起こして動けなくなっている可能性が高いです。

家事育児にモチベーションがないのです。

全部こなせたら働きに行ってもいいよ、ではなく

 

どういうライフスタイルが自分にとって幸せなのか

を両者で話し合う必要があります。

夫婦の役割や家族の機能の話ではなくて、「生き方」の問題です。

双方ですり合わせる必要があるのです。

 

それを結婚前にしておくことが必要だったわけですが

適切な選択をするために、

今からでもちゃんと話し合いをした方がお互いの人生のためですね。

 

◯「う〜ん」「えっと…」「でも。。」

 

感情表現が苦手な人がいます。

これは自分の感情や微妙なニュアンスとマッチする、ボキャブラリーが少ないからです。

 

思考型の人に多いのですが、事実や状況はスラスラ説明ができるのに

いざ自分の想い、フィーリングを伝えることが苦手と感じてしまうのです。

 

苦手ではなく、感情を言葉に置き換えて、相手に伝えた時に適切だと思えるボキャブラリーが少ないだけなのです。

 

言い換えると、考えすぎとも言えるのですが(笑)

 

誤解を与えないか、傷つけやしないか、まずい状況に陥らないか、なら言わない・・・

となりがちになります。

自分の感情を言葉に表せない感覚というのは、なんとも不快な感覚です。

 

だから、自分の思いを話すことを避けるようになります。

すると、簡単にディスコミュニケーションになれるわけで、あの人何を考えているのかわからない、となるのです。

 

まぁ、気持ちを話さないのですから当然ですね。

 

自分のフィーリングを言葉に置き換えるのは、それに適した語彙が必要なんです。それを増やすには、映画や小説をどんどん観たり読んだりしましょう。こういう状況のときには、こういう表現が良い方法なんだ…と分かると安心して言葉にできるようになるのです。

 

私はお手本が無かったので、映画から随分と学びました。

ー昨日のあの態度はほんとうにすまなかった

と、映画のセリフを初めて聞いた時は、衝撃を覚えたものです。

 

『えっ、醜態を晒した事をもう一度思い返し、謝ることは、

恥ずかしいことでも言いにくいことでもなくて・・・さらっと言ってしまえばいいのか!』と、

 

高校生くらいの時に学んだ記憶があります。

 

だから、主人には「昨日、機嫌が悪くてごめんね。なぜならば・・・」と、冷静になっている翌朝に、気持ちを話すのです。

 

ちゃんと真摯に聞いてくれますし、私の状況も理解してくれます。話せた後は、すっきりするものです。そして何より、また絆が深まったように感じます。

 

◯何を言ったら喜んでもらえるのか分からない

 

相手になったつもりで、相手の感覚になって自分を捨てる事ができるのか

これが出来るようになると、何を言うと喜んでもらえるのかが分かるようになるのです。

 

相手のために言うのではなく、相手の立場に立って、です。

この違い、分かりますでしょうか。

 

相手を思って、という時は大概自分が言いたいことを言っています(笑)

 

一回自分を捨てるのです、自我を手放します。

相手になったつもりで、何を言われたら嬉しいのかを感じます。

 

これ、かなり上級編のことを言っていますが(笑)そう、難しいことではないのです。

みんなやっています。

 

あの人は、こんな事を言いそうだって、多少なりとも

モノマネ出来ますよね。

 

この感覚で言って欲しいことを想像するのです。相手の感性や感覚から言葉を選ぶという行為になります。

 

部下への声がけ一つにとっても、違ってくるはずです。

観察をよくしていれば、個性やキャラクターはそれぞれ違うものです。

 

頑張ってるね❗だけではなくて、

 

あれに気がついてくれて助かった、とか

早くに仕上げてくれてありがとう、とか

 

が観えてくるのです。

自分目線だと、足りない、いたらないところばかり観えてしまうことでしょう(笑)

 

自分のことをちゃんと観てくれている、と分かるだけで、人は嬉しいものです。

特に忙しいと分かっている上司からの一言は、やる気が出ます。

そんな大した言葉ではない、と思うかも知れませんが、それでいいんですね。

 

ー放ったらかしにして、すまなかった

 

と、新しい上司に言われた一言で、会社への積年の恨みが溶けたのを今でも覚えています。それくらい、言葉というのはパワーを持っているのです。

 

さて、ここまで読んでいただいて

なにかたいそうな事を言う必要はないんだ、とお分かり頂けたことと思います。

 

全ては、相手にちょっとしたプレゼントを送るような気持ちでいい、ということです。

この気持を伝えたいか、どうかだけ。

 

でも、これだけで一年がまったく違ったものになります。

時の力です。

 

ぜひ、言葉で相手と自分を喜ばせる良い一年にしてくださいね。

 

f:id:laralight:20200206163252j:plain

 

 

 

新しい世界の始まり?終わりの始まり

ブログであまり政治的な話題をテーマにしないのですが

(講座ではガッツリやったこともありましたね)

 

今日はコロナウイルスパンデミックに見る

「終わりの始まり」

をテーマにしたいと思います。

 

コロナウイルスの発症は、武漢の市場から出てきたと言われています。

蛇由来なので、大概の生もの(コアラも売ってる)が手に入る武漢の市場ならでは、と言われたものですが

 

武漢の市場から30kmしか離れていない細菌兵器の研究所から

漏れてしまったものかも?

という噂が流れ始めたのは最近です。

 

根も葉もない噂ではないのは

 

◯数年前にアメリカの学者が、武漢の研究所の管理体制はずさん極まりなく、誤って細菌兵器が流出する恐れがあると、発表していた。

HIVに似た塩基が発見されてしまって、不自然な組成に大変ショックだという発表をデリー大学が行った。

 

と、FACT(事実)ベースでは若干論拠が弱いながらも、根も葉もない噂でもなさそうなのです。

 

中国から出てくる情報はほぼ当てにならないでしょう

ということは周知の事実なわけですが、

武漢の病院や市内の様子、武漢市民からの告発(?)のような動画がネットに上がっていますね。

 

これも、どこまで真実かは部外者では分からないわけですが…

 

要約すると

武漢市の病院は完全に機能していない

◯1000床入る施設を急ピッチで建設中だが、病院というよりは収容所のようである

◯世界からの救援物資が必要なところへ届いていない

◯中国の感染者数は発表よりも二桁、三桁違うのでは?

 

などが、漏れています。

 

我々一般市民が入手できる情報ですから、

各国の諜報機関は更に突っ込んでいろいろ調べているでしょう。

 

各国も対策を打ってきています。

アメリカは中国人、外国人邦人を問わず、中国からの入国を全面的に禁止

◯オーストラリアも入国拒否

◯フランスは国際便の全面運休

シンガポールに至っては、経由地にもするな!という拒絶ぶり(笑)

 

日本では、京都のホテルが半額セール中という・・・

中国からの観光客はほぼキャンセルになっているようですね。

 

今後中国のGDPはかなり落ちるでしょうし、それに備え、外貨を売りまくってお金を集めているようです。

 

中国政府はここまでのシナリオを考えて自作自演しているのか?それとも、本当にアクシデント的に起きちゃったことなのか、どこかから攻撃が仕掛けられたのか?

 

いずれにせよ、この事態から予測できることが幾つかあります。

 

◯リスクがでかすぎるために、世界的に中国離れが加速(内需に戻る)

◯中国国内の不満が高まり、一党独裁体制の維持に猛烈な圧力がかかってくる

中国バブルが弾ける速度が加速度的に早くなる

 

これに伴って、手を打ってくるでしょうから

2020年は更に世界情勢に注目するべきでしょう。

 

芸能人の不倫の話や政治家のさくらの会もいいんですが、それどころの騒ぎではないのです。

 

中国が手を打ってきたのは、ずっと昔から。

それが証拠に、WHOの怠慢さが世界に露呈されてしまいました。国連も、WHOも中国からの賄賂が流れているので、中国のご命令のとおりに実行していたらこのありさまです。

 

1中国が意図的に現状の状況を作り込んだ

2間違って広がっちゃった

3誰かにしてやられている

 

もし1だったら、相当やばいです。

自国民をどれだけ犠牲にしても、中国共産党独裁政権の維持のためということの施策ですからね。

 

予測されるシナリオからすると、2の気がしてしょうがないのです。

今後の展開を観ていかないと、もちろん分かりませんが。

 

こんな世界情勢になるとは、誰が予測していたでしょう。

中国から大量に人が世界に広がっていたのに、日本にも大量に流入していたのに

入れることを拒否せざるを得ない状況です。

 

そして、自国民を救おうとせず

ただ収容所を作って送り込んで終わり、にしてしまおうとしている政府の対応。。

 

お金のない国ではないのですから、

やろうと思えばいくらでも医療行為につぎ込めるはずです。

本当に今の中国政府の自国民に対する対応は不自然だらけ。

 

不治の病ではなく、適切に処置すれば治る病気です。

現に、日本で発症している患者は次々と完治して退院しています。

 

果たして、実際の死者は何万人、何十万人、何百万人にまで膨れ上がるのでしょうか。

まだまだ流行りますからね・・・。

 

世の理として、

不自然なものを保とうとする行為は、当然

それ事態が不自然なのです。

 

経済用語では、それをバブルと言いました。

 

一党独裁体制とはもう古い不自然なシステムだと、私は考えています。

ソ連だって70年しか持たなかったのです。あの、列強国だったソ連でさえ。

 

中国経済が本当に回らなくなった時、それは始まりの終わりです。

 

そして、それが妄想ではなく現実になってきている出来事が起きてきました。

 

終わりの始まり?

と、考えるのは私だけでしょうか。

f:id:laralight:20090103062035j:plain