選手村の観察記録

7月3日あたりでしょうか。

選手村に選手団が到着。

f:id:laralight:20210716092922j:image

あ、あそこ「ブラジル」か。

 

てな塩梅に。

 

 

次は7月10日に撮影。

「フランス」が到着〜
f:id:laralight:20210716092929j:image

 

これは昨日撮影。
f:id:laralight:20210716092925j:image

 

選手村がどんどんカラフルに〜
f:id:laralight:20210716092932j:image

 

勝どきの街には、だいぶ外国人が増えてきましたね。

ランチを食べに行った夫いわく

 

「いつもの和食屋の女将さんとすっかり仲良くなった外人がいたよ」

とのこと。

 

う〜む、あんな裏路地の店を見つけるとは

なかなかツーな。。

 

というわけで、

喧騒が苦手な我々は

今週末からオリンピックで賑わう東京を離れます。

 

 

そうそう、オリンピック選手団への「おもてなし」だと思うんですが

レインボーブリッジのライティングが

AM1時(?)くらいまで点灯してます。

 

今までは19時半過ぎスタート、20時ピッタリに消えてたくせに。

 

冬至の夜は、なんと無点灯!

これにはびっくり。

レインボーブリッジ、ライティングしない日なんてあるんだ・・・って。

 

それが、選手団が来た途端にこれだもんなぁ。

 

しかも周辺の交通規制(一般道、首都高速入り口)が半端なく

不便極まりないのです。

 

無観客なのに、首都高速の1000円値上げだけはちゃっかり実施で

私は日常的に首都高使ってるので

かなりのウワマエをはねられますねぇ。

 

 

オリンピックに興味のない者にとっては

勘弁して欲しいのなにものでもないですわ、トホホ。。

夏っぽいスタイルに

髪伸びるの本当に早いんですよねぇ、わたくし・・・

 

というわけで、カットに行ってきました。


www.youtube.com

 

間違い探しみたいで恐縮ですがw

これでも結構切ったんですよ。

f:id:laralight:20210630114451j:image

後ろにレイヤーを入れて

ばっさ、ばっさと切ってもらいました。


f:id:laralight:20210630114458j:image

まあるいシェイプにして頂いたので

頭の形がGOODに見えます。

f:id:laralight:20210630114509j:image

ぱっつんだった頃よりも

軽い感じがして気に入ってしまいました。

うふふ。


f:id:laralight:20210630114503j:image

髪をかきあげると

ショートカットぽく見えます。

ショートボブの良いところ。

 

なんか、もっとさっぱりさせた方が似合うかしら・・・

と思ってしまう今日このごろ。。

 

やばい、どんどん短くなっていく!><(笑笑)

 

このワンピースは、後ろが大きく開いているんですが

更に短くなって帰ってきた私を見て

 

「後ろが開いてると、夏っぽくっていいね」

 

と夫氏。

 

でしょ〜♡

 

あなたは今、良いことを言った!

座布団一枚!

 晩ごはんのおかず1品増やしちゃう!

 

てな塩梅で

平和な日常を過ごさせて頂いておりますw

 

上手くいってる人は欲しいと思う前に○○が来る

上手くいってる人は欲しいと思う前に○○が来ます。

 

○○は、最後に分かります(笑)

 

 

今までの成功哲学的な教えでは

チャレンジやブレイクスルーといった

過去の自分を壊していくことこそが

真の自分を発見すること

みたいな文脈が多かったですね。

 

これからの時代は

そんなに力む必要はありません。

 

お家でゴロゴロと寝てれば良い

 

と言っても、信じてもらえないでしょうが

本当です。

 

力みより、脱力。

 

力を抜くことこそが

これからのキーワードになっていきます。

 

でもね、人間はリラックスすることがとても苦手になってしまいました。

長年の身体の使い方で、そうなってしまったんですが

力を抜くって意外に難しいんです。

 

人が立っていたり、座っている状態を保てるのは

どこかでバランスしているからです。

本当に力を抜くと、ぽてっと

倒れてしまいます。

 

心も一緒で

どこかで常に気を張っていると

心を許すことを忘れてしまいます。

 

本当にゆるっとオープンでいると

気を遣って良い関係を維持しようとしないで

元気で自然に健康な関係でいられるものです。

でも、それはきっと

誰でもというわけにはいかないでしょうが。

 

 

望むものを手に入れたい

もっと幸せになりたい

成功したい

今の自分からより良く変わりたい(あの人みたいに)

 

 

様々な願望を叶えるために

様々なメソッドがありますが

旧式な方法には気をつけてください。

逆方向に行きますので。

 

例えば、「波長導通」という概念があります。

類友

同類は自然に引き寄せられる、という考え方、事象を現した表現ですね。

 

これを真に理解せず、この法則を利用しようとすると

これからは逆方向に行きます。

たいがいは、誤用してしまうんですね。

 

例を上げると、

自分を磨けば、良い人脈と出会える。

だから、自分を磨く。

勉強する、体を鍛える、ポジティブな考えで満たす

断舎離する、断食する、etc,etc・・・

 

これらが上手く功を奏したのなら、

別にそれはそれで全然OKです。

 

結果的に、「本来の自分」「自分らしさ」を手に入れられた

ということですから。

 

いくら頑張っても、なんだかぱっとしない・・・

こういう方々は、結果的に無理をしていた

ということになります。

 

誰かの規範や成功ルールを試してみたけど

自分には合っていなかった

ということです。

 

そういうときは、

自分と誰かの

大前提が異なる

ということです。

 

大前提とは、

かんたんに言ってしまえば

生きる方向性

です。

 

断捨離好きのお母さんの娘の部屋が

ゴミだらけで困っている・・・

という方を知っています。

 

職場には必ず

ソリの合わない奴がいる。

 

毎年お財布を新調して

諭吉も、野口もお顔を揃えてきちんと入れてるのに

足りない、なぜか常に足りない。

 

自分を整えれば

良い人たちが集まってくるはずですよね。

お金も集まってくるはずですよね。

なぜ、こんなことが起きるのでしょう。

 

整えたりないんでしょうか。

 

そういうときは、大前提が違うんです。

「問い」が間違っているということに

気が付かないといけない。

 

 

 

簡単な例を上げると・・・

 

SNSでも、掲示板でも

コミュニティを観察していると

面白いことが分かります。

 

私はもっぱらゲームのコミュニティですが(笑)

 

自分の所属しているチームの人達が

ぜんぜん協力的ではなくて

イベントをクリアできない・・・

 

やる気のある人が集まっているチームは

常に満員で、入れない。

どうしたら良いのでしょう?

 

というパラドクスなお悩みを

掲示板でつぶやいている人がいました。

 

私の入っているチームは

リーダーが策士で温かい人なので

大変心地がよく

簡単に好成績を取って

1位の報奨をイベント毎にGETしています。

 

そのツイてない人は整え足りなくて

私は自分を整えられているんでしょうか。

 

そうかも知れないし、

そうじゃないかも知れません。

 

 

何が言いたいかと言うと・・・

 

頑張って努力して何かを変えようとしたところには

必ず「力」が入るわけです。

力み、です。

そのために必要だったエネルギーは

もう使っちゃってありません。

 

人間関係の問題に

人間関係を良くするためにエネルギーを使っちゃうと

良くなるエネルギーは0になります。

 

結果的に人間関係の問題にエネルギーが注がれたら

問題は解決します。

 

この言い回しは、分かりにくいですかね。

 

自分を整えるためにエネルギーを使っちゃうと

整う前にエネルギー切れを起こします。

 

自分を整える最大の時間は、寝ている時です。

 

起きたら勝手に、ゴミを捨てています。

電話をかけて解約しています。

書類を書いて提出しています。

なんか、勝手に。

 

これがエネルギーコスト0、ってことです。

 

「そのためにエネルギーを使う」

 

ということです。

 

成功本に、諭吉の顔を揃えるとお金が入るから、と

せっせとお顔を揃えても

お金を貯めるためのエネルギーを消費しているだけです。

 

エネルギーは、お金が貯まることへ

流してあげないといけません。

 

そもそもお金は血液と一緒で

流れていればよいのです。

貯めても使わなければ意味がないですからね。

 

いよいよ本題(やっとかい!)

 

じゃぁ、どんなに頑張っても

なんかツイてない自分はどうしたらいいのよ?

ってことなんですが

 

体が楽ちんだ、と感じることしかやらないことです。

無理をしないこと。

 

その次に、楽しいなと感じることしかやらないこと。

これをしないと生きられない、家賃払えない

と考えることから手を引くことです。

これがエネルギーを浪費する最大の罠ですから。

 

楽しいな、心地が良いな

と感じる人だけと付き合うこと。

それ以外は距離を置くか、身内でも離れることです。

それが自分の子供だとしても

自分が平和を保てる距離を確保して良いんです。

 

結局、自分が発している波動を

子供は拾います。

一番安定する場所にいるのが

皆にとって平和を作るんです。

 

子供が自分は愛されなかったと

道を間違えると困るので

無理をしても付き合おうとする

歪みが波動を荒くします。

 

 

とどのつまるところ

 

『自分はどうありたいのか?』

 

この問いが一番最初なのです。

 

これをすっ飛ばして

あれこれ解決法を探すから

大前提を間違えるのです。

 

どんなに親しい大切な人がなんと言おうと

自分はどうありたいのか?

 

これが分かるようになると

整えていようといまいと

あとはスルスルと上手く運びます。

 

で、整えたくなるのです。

なんか捨てたくなるし

なんか手を切りたくなるし

なんか足を抜けたくなるし

なんか片付けたくなるんです。

 

 

無理をしない。

やろうとしない。

やる気を出そうとしないで良いんですね。

 

やる気が溢れてくるのを

待ってて構わないんです。

 

そうも言ってられない人は

勝手にやっていますから(笑)

 

何もしないことを許されている人は

(ニートやフリーターや子供部屋おじさん、おばさんを含む)

思う存分ゴロゴロして

ゆっくり過ごしてください。

 

突然「空席」が目の前に現れて

ちゃんと座れるようになります。

あなたの為だけに現れた「空席」です。

 

何もかもがちょうどよい席なのです。

 

そのタイミングを待つんです。

 

エネルギーが貯まると

タイミングがちゃんと来ます。

 

 

上手くいっている人は

欲しいな、と思う前に

そのタイミングが来るだけなのです。

 

f:id:laralight:20210624110008j:plain

 

 

 

色の波動の勘違い

f:id:laralight:20210609093643j:plain

色の波動。

色の波長(スペクトル)とは違いますので。

 

色そのものの、バイブレーションだと思ってください。

 

さて、

今日はこの「色」について

今までとは異なる見識、解釈を紹介したいと思います。

 

昔、黒い下着はつけないほうが良い

みたいなの流行りませんでしたか?

 

色のバイブレーションで

黒色を直接肌につけると

波動が落ちるから、的な意味合いで

なんとなく聞いたこと

ありませんかね。

 

私は、カラー診断的にオータムさんなので

黒を身につけると肌色がくすんでしまう

ってのがあって

あまり黒を選ばなかったんですが

 

見えないところなら

カラー診断って関係ないですもんね。

 

でも、そう言えば

黒のスーツをビシッと着ると

「素人に見えない・・・」

って、微妙な賛辞をいただくことがありましたっけね。

 

話がそれてきましたね。

 

 

結論から言うと、

色のバイブレーションの影響は

その色のバイブレーションになるのではないんです。

 

その色とのバランスを取るために

肉体は反転した波動になります。

 

 

分かりやすく例えると・・・

 

黒をマイナス100とします。

マイナス100の色を身につけると

肉体はプラスの100になるんです。

 

 

その証拠に、喪服って

だいたい世界共通で黒ですね。

 

あれは、肉体の波動を上げて

フヨフヨしているよくないものから

身を守るため

なのです。

 

えー!

 

でしょ。

 

 

でも、よくよく考えると

理に適ってますよね。

 

ときどき、黒しか着ない人っていますけど

あれは色の波動で自分の肉体を守っている

ということになります。

 

まぁ、守らなくちゃ生きられないって

言えなくもないですが・・・

 

 

 

反対に、白をプラス100とします。

 

結婚式で着る、ウエディングドレス。

あれは、あなた色に染まります

的な意味合いと伝わっていますが

ちょっと違う。

f:id:laralight:20210609100004p:plain


 

白(プラス100波動)を着ると

肉体はマイナス100。

一回死にます、という意味なんですって。

 

だから、あなた色に染まれるんです。

 

ひょえ〜!

 

ちなみに、私はウェディングドレスは着てません(笑笑)

 

 

切腹する侍だって、お遍路さんだって

白装束ですね。

大体、三途の川を渡るときは白装束と相場が決まっています

 

日本では、一度仮に死んでみる

というお祭りがあるんですが

ちゃんと白装束です。

f:id:laralight:20210609094756j:plain

仮りなんで

帯だけは色がありますね。

 

 

身につける色で

肉体は反転した波動になる

 

これは、あまり知られていませんね。

 

でも、昔の人は

なんとなく感覚で理解していた感が否めません。

 

「反転」

 

これ、けっこうキーワードですので

なんとなく覚えておいてください。

 

ちなみに、コンフォートゾーンが変わって

去年好きだった色が

今年は全く着れない・・・

今日このごろです。

 

「洋服ポスト」に全部出してしまいました。

 

出せないような服は、全部「天ぷら油を吸収させる布」

にして処分しています。

 

実は、その色が合わないのではなく

その色の反転する肉体波動にしたくないので

拒絶反応が起きる

というわけです。

 

感覚が敏感な人は

これが顕著に起きます。

 

 

なので、

なんか身につけたくないなぁ・・・

と思う服、下着、アクセサリーなどは

無理をしないでください。

 

来年着れるかも知れないから取っておく、

のはあまりおすすめしません。

 

ので、あしからず。

 

 

 

 

【どこまで?】カラー&ハイライト【更に明るく】

残るは金髪くらい?に明るくしてきました(笑)

 

ベースの色をアッシュを効かせたライトブラウンにして

傷まない様に更にブリーチしてハイライトを入れ・・・

 

じゃじゃーん


www.youtube.com

 

どこまで行くか、つーくらい

明るくなりました。

 

6秒くらいのところで、ぱっと明るくなりますが

あんな色味です(笑)

 

HAYATOさんは

仕事が細かくて、見えないところ(例えば、後頭部の中の方)まで

しっかりと考えてくれます。

 

美容室によって、「仕事の質」は違いますね。

f:id:laralight:20210608154640j:image
f:id:laralight:20210608154647j:image
f:id:laralight:20210608154643j:image

そうそう、こんな感じに

もうバーンと明るくしたかったんです!

 

技術があるセンスの合う美容室に巡り会えると

いいですね。

 

この後、

在宅の夫と駅で待ち合わせて、ランチ。

 

「髪切った?」

 

髪は切ってないよ、

カラーを明るくしただけ。

 

そう、なんかこざっぱりというか

明るくすると、軽くなる感じ。

 

色を変えただけなのに

なんか頭が軽くなる感じがするから

不思議ですよねぇ〜。

 

夏らしい頭になりましたよ♪

 

よくよく考えると自分と関係ないことにエネルギーを浪費しない

よくよく考えると

自分とは関係のないことに

人は一喜一憂して

エネルギーを浪費してしまいます。

 

エネルギーを浪費すると

残念なことが起こります。

 

不注意、不和、事故、怪我、誤解、災難。

病気になったりもします。

 

このご時世ですから、

ちょっとの不注意が大きなアクシデントに

繋がっても

ぜんぜんおかしくないわけです。

 

 

よくよく考えると

自分とは関係のないこと。

 

これらは普段気が付かないんですね。

思考の癖で紐付けてしまっているから

当たり前に自分と絡めて

現実を認識しています。

 

例えば

思わず笑ってしまった

夫氏の一言。

 

ネットのニュースを良く読む彼は

 

「きゅうりの値段が上がってるんだって」

 

と。

 

ふ〜ん。

スーパーできゅうりの値段を気にしたことがなかったけど

どれくらい上がってるんだろうね?

なんて、他愛もないやりとりをしてました。

 

そして、翌日。

 

晩ごはんに出した、

浅漬けのみょうがをしげしげと見ながら 

 

夫氏「みょうがも(値段が)上がってるのかなぁ・・・」

 

と、神妙な顔をして

私に問いかけるわけです。

 

ご飯を吹き出しそうになりました。

 

 

ちょっと待て。

あなた、みょうがの値段が上がって

あなたの生活になにか影響があるの?

 

 

と、言ってみると

ハッとした顔をして

 

「いや、ボディブロウの様に効いてくるかも・・・」

 

効きません!(笑)

 

 

世の中には、きゅうり1本10円の値上がりで

戦々恐々とする人もいるでしょう。

 

でも、影響を受けないのなら

心配する必要はないんです。

 

 

同調、同情、哀れみ

これらは、愛についたゴミなんです。

 

 

影響を受けない人たちが

悲観的な波動に同調したって

良いことは一つもありません。

 

これは、わかり易い例ですが

 

切り離しが難しい場合もあるでしょう。

 

 

仲の良いお友達の大切な人が

事故で亡くなってしまった。

悲嘆にくれている友人と一緒に嘆きます。

ちょっと顔見知りだったら、なおさらです。

 

一緒に悲しむことは、悪いことではありません。

 

でも、これを引きずって

持って帰ってはいけないのです。

 

だって、よくよく考えると関係ないことですから。

 

 

自分の環境領域

改めて見直してみることです。

 

自分の日常生活に

関係があるのか、ないのか。

 

この「自分の環境」の定義と境界線を

明確にしないと

本当にやられます。

得体の知れない不安や心配に

自分を乗っ取られてしまうんです。

 

そして、これからは

 

この「自分の環境」を整えることに

集中してください。

 

 

パートナーのある方

子供さんのいる方

大切な方のことも「自分の環境」にしてしまいがちですが

 

パートナーも、子供も

個別の自己がある

他人なんです。

 

とすると、「自分の環境」の線引が

いかに難しいかが分かってくると思います。

 

こーしたほうがいい、あーしたほうがいいよと

言いたくなるでしょうが

「自分の環境」以外に手をつけてはならないんですね。

 

 

絶対的自由

 

 

「自分の環境」と他者の「絶対的自由」は対になっています。

 

悪いことをしそうでも

止めない。

 

氷の様に冷たい愛が

本当の愛、なんだそうです。

 

 

絶対的自由を尊重し合えるのは

自立した大人だけの関係です。

 

 

そこへ至るには

まず、「自分の環境」をきっちり見極めることから。

 

分からない人たちから見れば

なんて自分勝手で思いやりの欠片もない

と見えるかも知れません。

 

自分の環境を整備することに

徹底的に集中する

 

この目的があるんです。

 

良い種を蒔く事

 

これなんです。

 

種は、どこまで大きくなり

花を咲かせ、実を成らせるか

分かりません。

これは、結果は自然が出すからです。

 

 「蒔く」という字は

自然に刻が満ちれば

草が生えると書きますね。

 

 

相手の環境に直接介入することなく

良い影響を与え合うには

良い種を蒔く事しかできないんです。

 

 

自分が何を発するかで

返ってくるものが決まります。

 

こう、表現すると

わかりやすいでしょうか。

 

 

自分が良い種を蒔けば

自分も含め周囲は必ず良くなります。

 

最良のタイミングで

最善のことが起こるのです。

 

これをコントロールするのは

人間ではなく

自然です。

無意識の領域、と言っても良いかも知れない。

 

社会を良くしようと直接手を出そうと思っても

既得権益の頑強な壁はなかなか変わりません。

これは「自然」が介入する領域なんです。

最近は、内部告発が多くなってきました。

こんな時代の流れが「自然」を垣間見れる方法です。

 

安易なご自愛とかではなく

自分の環境を整えることに最善を尽くせば

社会に良い種を蒔くことと同じになるんです。

 

これは、組織にも言えることだし

身近な周囲にも言えることです。

 

自分の環境を整える

ということは

心地よいと感じるここではない別の場所に

移るときもあるかも知れません。

 

誰かやなにかの絶対的自由を考える

それは自分の絶対的自由を構築することと一緒です。

 

大切な人が

悲しむのも自由

闇落ちするのも自由

 

これを容認できないのは

自分と相手が癒着してしまっているからです。

 

相手が自然に気がつくまで

学ぶべきことを完了するまで

見てるのが辛くても

放っておく。

 

その間は、自分の環境をせっせと整えるのです。

 

本当に魂レベルで繋がっている相手なら

良い種を拾ってくれることでしょう。

 

これが、よくよく考えると

自分には関係がないことを

見極めるポイントになります。

 

かなり難しいですけどね。

優しい人は特に、人情に弱いので

切り離すなんてできないはずです。

 

でも、今は

エネルギーは本当に大切に

自分のために使ってください。

 

よくよく考えると関係のないこと

ではなく

 

ご自身のために、使ってくださいね。

 

誰より素敵な種を蒔く人になれるはずですから。

f:id:laralight:20210604155354j:plain