Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

主人に手紙を書きたくなった、白い朝

朝起きてみると

一面の銀世界。

 

東京では見られない景色に、胸が躍ります。

 

毎日だと、雪かきは大変だし

うんざりされるんでしょうが…(笑)

f:id:laralight:20181212093435j:image
f:id:laralight:20181212093447j:image

時間が経つと晴れ渡ってきて

とても美しい洞爺湖の姿が現れてきました。


f:id:laralight:20181212093442j:image
f:id:laralight:20181212093422j:image


f:id:laralight:20181212093439j:image

 

朝食をルームサービスで頼むと

「景色をご覧になりながらお召し上がりになられますか?」と。

さすが、よくわかっていらっしゃる❗


f:id:laralight:20181212093431j:image

f:id:laralight:20181212093426j:plain


f:id:laralight:20181212093458j:image

ということで、素晴らしくセッティングしていただきました。

もー、完璧です❗

 

で、気分よくしていると

ふと文章が降りてきました(笑)

主人が年明けに早々に誕生日が来るんです。

50歳、生まれて半世紀のお祝いです。

これいうと「歳忘れてるんだから」と怒るんですが(笑)
f:id:laralight:20181212093416j:image

あわわわ、、急いで忘れないうちに書かなくちゃと

ウィンザーのレターセットをはいしゃく。

 

ホテルには必ずレターセットがありますので

大切な方にお手紙書いたらいいですよ。


f:id:laralight:20181212093420j:image

何を書いたかはナイショです(笑)

 

きっと泣いて喜ぶことでしょう!ガハハ。

 

というか、書いている私がなぜか涙が

こぼれてきてしまいました(笑)

 

f:id:laralight:20181212093447j:plainiPadから流れてくるチェロの調べをゆったり聞きながら

洞爺湖の景色を愛で

想いが言葉に降りてくるままに

手紙を書くことができました。

 

日常の空間では多分無理で

なに気取ったこと書いちゃって!とツッコむ自分がいるからです。

だから、もう何を書いたか自分で見ないように

封もしてしまいました(笑)

 

え、わたしこんな事書いてたの?!

ということを

素直に渡すために。

 

ウィンザーは本当に豊かで素晴らしい

上質な空間です。

ホテルで働く人も、環境も、そこに携わる全てが織りなす

空間があるんですね。

 

みなさん、ぜひご利用ください。

って、回し者じゃないですよ(笑)