Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

人のココロを科学する

f:id:laralight:20140117154720j:plain

ココロの領域は膨大すぎる

マービン・ミンスキーやパパートなどの

人工知能学者や心理学者たちは

人間の心をいかに科学するかに努めている人たちです。

 

ココロを科学する。

 

あまりに膨大な領域を扱うことに気がついた人たちは

アプローチ法そのものを考える必要がある

と気がついたのです。

 

全体像を解き明かすことを最初からやろうとせず

最小単位を取り扱ってみようと

取り組んだのです。

 

例えていうならば、

「社会」とは

大きな現象を説明する論理を見つけようとするのではなく

(一つの経済学を構築するような

巨大な一つの方程式を見つけようとするのではなくて)

 

一人ひとりの人間の集合で

なぜかうまいあんばいに

まとまりとして機能していく

ネットワークやクラウドという「繋がり方」と

人の活動という最小単位

エビデンスを見つけていったほうが

よく分かってくるのではないか

 

まぁ、そもそも

コンピューターに物事を教えるというのは

一つ一つを丁寧に定義しないと成り立たないから

必然的に研究方法が作られた

という方が正解なんですね。

 

ココロを社会として見立てる

人の認知を

最小単位まで落とし込んで研究をするとどうなるか。

面白い発見が次々と現れたのです。

 

例えは、

違う形のコップを2つ用意してください。

一つのコップに水を注ぎ、もう一つに移し替えます。

目分量が変わりますね。

当然です。形が違うのですから。

細くて背の高いコップと広い間口のコップに移し替えれば

水のかさは低くなるはずです。

f:id:laralight:20180612103840j:plain

 

でも、誰も水の量が変わったとは思わないはずです。

こぼれたりしなかったら

水の量は形を変えても同じ=保存されている

と学習しているからです。

 

誰も、コップの容積を計算する数式を

頭の中で叩き出しながら

推論しているわけではないのです。

半径×半径×円周率×高さは?とかやってないですよね(笑)

 

実は、

とても小さい子どもは

これを理解できず、

水かさが低くなると

同じ量の水が入っていない、と認識してしまいます。

 

ある年齢以上にならないと

このからくりが分からないのです。

ですから、学習が必要ということなのです。

 

さて、面白いのは

お母さんやお父さんから習っていません。

「ほーら、水かさが違っても

同じ量が入ってるんだよ〜」

って教えてもらってないですよね。

 

いろいろな情報に触れ、経験し、考え、学び

そこから得ている推論なのです。

 

どうも、全人類的にできるようになっているので

人のどこにこんな機能があるのか

まだ分かっていないのですが

どうも学習していけるプロセスがある、

というところまでは分かっています。

 

ココロエージェントたちがいかに働くかを学問する

そして、例えばこの

「水かさが違っても同じ量が入っている」

と分かる

 

という理解は

いくつかの「エージェント」と呼ばれる

(学者が勝手に機能を呼びやすくしているだけです)

さらなる小さい機能に分解できることが分かりました。

 

小さな知識の集合が

なんだか有機的に協力して

大きな理解を形成するのです。

 

まるで、社会のような構造です。

 

一人ひとりが有機的に協力して

コミュニティを形成し

それらが集まって大きな社会を作って営んでいるのです。

 

ココロと社会をフラクタルな構造とすれば

ミクロとマクロは同じ構造を持っている

と実に理にかなった推論ができます。

 

さて、ココロを最小単位の機能にして

研究していくという認知科学

深堀れば深堀るほど

面白いことが分かってきます。

 

これを利用して

私はコンサルティングをして結果を出しているのです。

 

結果が出るのはだから

当たり前といえば、当たり前なのです。

だって、人のココロの最先端の知の情報から

アドバイスをしているからですね。

 

あの世この世の仕組みではなく、人間の仕組みを理解する方が先

量子論から扱えるのは世界の事象です。

世界の事象が分かっても

自分の心の扱い方が分からなければ

自己実現はできないのです。

 

ここに気づいていない人が実に多いんですね(笑)

 

世界がどのように成り立っているかが分かっても

自分の心が扱えなければ

現実を動かすことが出来ないんです。

 

あの世がどうなっているのか、この世はどうなっているのか

躍起になって知りたがる人がいますが

神様を学問して成果が出るなら

とっくのとうに世界は平和になっています。

 

もちろん、歴史や経済や政治や文化といった

人が何を作ってきたのか

を学ぶことはとても重要なことです。

これは、

我々人類は何を作ってきたのかであって

人類のことそのものではないのです。

 

両方の理解と情報が必要、ということになります。

 

私のメールレッスンは

古典と最先端の認知科学の情報を元に分かりやすく

自分の人生をどのように豊かに変えていくか

ひいては、

世の中をよりよくしていくためには

どのように人生に取り組めば良いのか

をお伝えしています。

 

誰でも歓迎 認知科学を使ったコンサルティングを体験してください

講座ももちろん、この知識が大前提です。

今回はリーダーシップがテーマです。

そして、大判振る舞いすぎの

グループコンサルティングをつけました。

 

誰でも歓迎です。

前提に必要なスキルや経験、一切関係ありません。

 

本当に自己実現に必要な情報を得たかったら

身につけたかったら

ぜひ、勇気を持って、私を信じて門を叩いてください。

あなたの生き方が大きく変わります

 

最小単位で動くエージェントたちに

働きかけるからです。

あなたが認知できない、一番働いている大前提の知識を

変えていく作用に働きかけるからなんですね。

 

本来の(本当の)歴史認識

もちろんしっかり身につきます。

 

圧倒的なリーダーシップ養成講座&グループコンサルティング

ぜひご参加ください。

ついてこれないんじゃないか...と思わず(笑)

どなたでも歓迎します。

 

あと4日間で募集を締め切ります。

 

【お知らせ】あと6名様となりました❗ありがとうございます。

laralight.hatenablog.com

 

【読むだけで元気が出る 人生右肩上がりになりたい方はこちら! 】

f:id:laralight:20120601180719j:plain