Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

気付きとは何か?|心理的盲点の外し方

『すごい夢を叶えるアファメーション実践会』

という完全オンラインコミュニティを運営していますが

メンバーの方の気づきの質が半端ないです。

f:id:laralight:20170929121352j:plain

例えば、

自分の人生がうまくいかないのは親のせいにしていたけど

親に愛されたい、気に入りられたいという

自分は見ていませんでした。

自分のしたいことではなく

親の希望を受け入れる人生が

どれだけ自分の人生を無駄にしたかに気が付き

やりたいことにフォーカスし

前向きに夢を叶えていく、と決意したという

コメントがありました。

 

毎日のように、誰かが大きな発見をして

気づきを得て、、

もう、感動です(笑)

 

気づきとは心理的盲点(スコトーマ)が外れることです。

この方の例で言うならば、

自分から見た親の悪影響しか観えていませんでした。

だからずっと親を責める。

自分が変わらないのは親のせいだと思う。

でもこれをやっていると

自分の変えるべき部分が分からないのです。

だって、見ているのは「親」ですから。

親がスコトーマになって

「自分が変えるべき部分」は観えません。

 

自分と親の関係という

双方向性に気が付き、俯瞰することができた。

両者が見える観点が出来た。

これが抽象度の階段を一つ上がる、ということです。

この抽象度の階段を一つ上がった観点から見ると

全体が見渡せるのです。

そこではじめて、自分がこれからどうするべきか

本当の解決策が観えてくるんですね。

 

オンラインコミュニティでも

情報をシェアし続け合うと

不思議な「場」という空間が出来ていきます。

気づきの連鎖の中にいると

ー触発を受ける

ー無意識に共有する情報がある

ー元気やエネルギーをもらう

「場」の持つ不思議なチカラを実感しています。

「気づき場」とでも言うのでしょうか。

「場」が持つ相乗効果は本当にすごいです。

 

というわけで、

機会がありましたら

私のコミュニティにぜひご参加ください。

なんだか知らないんですが、

賢者ばかり(笑)

ていうか、わかったんですよ。

みんな賢者になっちゃうんですね。

これが「場」のちから。

場の設計の仕方が、かなり分かってきました。

 

抽象度の高い空間をどのように設計するか。

これは、自分の人生に応用が可能です。

ぜひ、日常から高い観点を持つように心掛けてみてください。

それだけで気づきがやってきます。

 

【お知らせです!】

関西の皆さま、この機会に是非遊びに来てくださいね〜。

スコトーマ外れますよ〜(笑)

個人セッションも受付中です。

laralight.hatenablog.com

 

【興味があれば誰でもウエルカム!】

自分の人生を変える旅になります。

そうデザインしているからです(笑)