Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

【セッション風景】サンディエゴからのお客さま

f:id:laralight:20170914113815j:plain

先日、サンディエゴからお客さまがいらっしゃいました。

少し日に焼けた女優さんのようにお美しい方でした...。

 

イタリアから遥々、お客さまがいらっしゃったこともありましたが、

ご縁というのは時空を超えるものと

改めて思います。

 

セッション内容は守秘義務の関係上

あまり公にできないわけですが、

改めて自分の中で

「これは大切だ!」と感じた部分を

お伝えしたいと思います。

 

頑張ることで結果を出してきた人には

頑張らないことでしか結果がでないことに

気がつく必要があります。

これは、一段階抽象度の階段を上がることに他なりません。

頑張るの延長線上は現状が続いていくだけだからです。

 

人によって

抽象度の階段を上がることとは

異なる文脈になります。

ー自分に自信を持つこと

ー信頼すること

ー許すこと

ー手放すこと

などなど...

 

頑張ること以外で自分に問いかけることによって

答を見出すことですね。

完璧を手に入れたかったら

完璧でない自分を許すことができるようになること。

なぜって、世の中には絶対というものがないから。

世の中の全てを手にするには、完璧でない部分も入るのです。

という理解ができるかどうか、です。

完璧主義の人に完璧を手放せというと

完璧に手放そうとしてしまうので、やっかいなのです(笑)

 

頑張る人は、

頑張らないように頑張ってしまうんですね(笑)

そういう傾向の人に、

ほんとうの意味で頑張らないようになってもらうには

頑張っても頑張らなくても良い自分はどこにいるのか

を見つけてもらわないといけません。

 

世界と自分を繋ぐ場所。

多重構造になった内省意識を開いてもらい

その位置を見つけてもらう必要があるのです。

 

自分を見る自分

見られている自分

見られている自分を見ている自分

 

それぞれの位置で自己像に歪みがあるのです。

誰にでもあります。

多少歪んでても良いじゃん?くらい余裕ができると

頑張ることにやっ気にならずに済みます。

 

頑張らないこと=なにもしなくなる

の方は論外ですが(笑)

 

自分を含む、ものの見方を変えることは

世界が変わります。

自分の目に盲点があるのですから

これをやろうとするのはコツが必要です。

 

頑張って来た人が限界に来る時

これは自分の目の盲点に気がついたことになるのです。

普通は盲点すら気になりません。

黒く見えない部分が、分からないのですから。

盲点があることに気が付き、新しい視点を手に入れようとする時は

実はもう見えているのです。

見えた!と物理空間に現れている時は

実は見えるようになってからかなり時間が経っています。

 

これは、一度のセッションでやろうとすると

相当の知識と技が必要になるのです(笑)

最近はコンサルティングという手法を取って、

どういう手法で人生を変えるのか、

それを理解して頂き自分で人生を切り開いていける人になってもらう、

ということに力を入れています。

 

コンサルティングの宣伝はしないで、ツアーのお知らせ 笑】

ネイティブアメリカンの聖地

アメリカの大自然へ冒険の旅にご一緒しましょう!

www.lara-light.net

 

夢を叶える充実の内容で毎日更新! 

f:id:laralight:20120601180719j:plain