幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

あなたは自分のほんとうの願いに気がついていますか?

f:id:laralight:20170807100004j:plain

ー「冷え取り、は一生かけてするもの」

というコンセプトの商法が巷にあると聞いて、ビックリしました(笑)

 

冷え性の人(主に女性)が身体を温かい状態に保つために

靴下の重ね履き(4足5足は当たり前)をするのが

主なやり方だそうで。

 

そのために、履ける靴がブーツになり

四六時中 山ガール、森ガールのような様相になる、

と聞きました。

 

また、

靴下は絹製だったりするので、耐久性はあまりなく

破れやすいので

敗れた指の部分を見て

どこそこの内臓が弱いとか悪いとか「診断」されるのだそうです。

 

 

うーむ。。

と私は首を傾げてしまいました。

症状改善のために重ね履きすることを止めろと言うつもりは毛頭ないのですが

気をつけていただきたい、幾つかの問題点があります。

 

① 冷え性の状態が一生続くことを受け入れている

冷え性のつらい症状の改善をしたい。

そのための対策なんでしょうが、一生冷え取り、というコンセプトは

返して言えば

一生冷え性と付き合っていく

ということですから、治らない前提ですね。

自ら信じていることが「治らない前提」ですから、

治るものも治らなくなってしまいます。

 

② 冷え性を直す抜本的な取り組みは?

冷え対策ではなく、冷え性から解放されるための

抜本的な取り組みをしないといけません。

原因は

「自律神経の不調」と「筋肉量の減少による基礎代謝の低下」

と言えるでしょう。

寒い環境で汗をかくような運動

リラックスして良い睡眠を十分取る

こういった取り組みのことではないでしょうか。

 

③ 冷え性から解放されたらどうなりたいのか?

冷え性の症状が辛い人は

その辛さから逃れたい、という思いが強いと思いますが

抜本的な解決策に取り組まなければ

ずーっと同じところをぐるぐる巡るだけの人生になりますよね。

 

抜本的な解決策に取り組まれると

冷え取り商法が続かなくなってしまうので

あの手、この手で

抜本的な取り組みにはいかない仕組みが

見え隠れしています。

靴下に穴が空いたら、内蔵が悪い。

あなたは健康ではないから、健康への「この方法」をやらないと。

 

これが、抜本的な解決策に向かわせない「仕掛け」です。

「これ」が見えなくなってしまう人がとんでもなく多いんですね。

 

良いですか、あなたの本当の願いはなんですか?と

もう一度自分に問うてください。

 

森ガール、山ガールが悪いとはいいません。

素足でピンヒールを履く日もあれば

山ガールにもなる日もある。

という自分になりたいのではないでしょうか?

 

いや、今は辛すぎて

そんなこと考えて、夢見ていられません。

とおっしゃるかも知れない。

 

順序が逆なんですね。

夢が見れないから、辛すぎるんですよ。

素足でピンヒールを履く日が来る自分が信じられていないのです。

(怖くて素足なんてそんなこと、考えられません、となっていたら末期症状だと思ってください)

 

あなたは間違いなく

素足でピンヒールを履く日が来るでしょう。

 

そのために今何をするべきなのか。

 

可愛い系がお好みなら

レーシーなお姫様シューズでも良いです。

 

夢を具現化していくコツは

これなのです。

自分にこうやって励まし、問いかけていってください。

 

人は、目の前の問題に躍起になると

本当はどうありたいのか、

本当はどうなりないのかなんて

すっ飛んで

見えなくなってしまう。

くれぐれもお手軽な方法論の餌食にならないように。 

これは、冷え取り商法だけの問題ではないのです。

 

もう一つ先を見るように、

自分の更に奥に問いかけていくことが

できるようになって欲しいと思います。

 

 

昨日は、プロフェッショナル養成講座「コンサルティング編」でした。

なんと調子こいて7時間半もしゃべっていましたが...(笑)

受講生の方からお聞きした、衝撃的な内容だったので

本日のブログのテーマとしてみました。

 

養成講座の方にはかなり抽象度を高く

哲学や数学、経済学などの高度で複雑な内容にしてお話をしています。

一人でも多くの方が、本質的な理解を持ち

クライアントの本当の願いが叶うようなコンサルティングができる人たちを

育成していきたいと思っています。

 

 

本当はどんな自分になりたいのか、気がついてくようになりたい方は

f:id:laralight:20120601180719j:plain