幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

【朝の光景】主人を車で会社まで送りに

今朝は土砂降りで、

「会社まで送って行こうか?」

と主人に伝えると

ーうーん、助かるかも

とのこと。

 

台風並みの土砂降りで、会社につく頃には全身びしょ濡れになりそう

くらいの時は、いつも車で会社まで送るのです。

 

会社のみんなは電車・バス遅延で遅刻の中

主人は1人で涼しい顔して仕事を始めているわけです。いいでしょ(笑)

みんなのそういう目標になって欲しい。 

f:id:laralight:20170726195837j:image

送り届けた頃には雨は随分と小ぶりに。

 

私ができることなら、してあげる。

少しでも快適に会社でパリッと仕事ができるように。 

だから、雨が止んでしまおうが別に構いません。

 

これができるのは

ー車が運転できること

ー車を所有していること

ー私に時間に余裕があること

ー私がドライブが好きなこと

ー一緒に居たい、と思う人がいること

でしょうか。

 

私は、こういう事がとても「幸せ」と感じるのです。

「豊かさ」を実感し、それを誰かのより良い時間に役立てること。

これができたときに「幸せ」と感じるんですね。

 

はたから見れば、

「旦那を車で会社まで送り届けただけ」です。

 

お客さまに対しても、友人に対しても、大切な人に対しても

「自分の豊かさを誰かの役に立てる」

ということができたとき

本当の豊かさを実感できるときなんですね。

これを至福と私は呼んでいます。

 

自分の豊かさの定義は人それぞれ。

自分の「資産」は

モノもあれば、能力や技能もあれば、キャラクターや嗜好もあります。

 

それを誰かのより良いことに使えたとき

資産を活かすことができるわけです。

これを実感するとき、

私はすごく幸せを感じます。