幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

お友達価格は今すぐにやめるべし 友だちを失うお友達価格

サービスや商材、商品、なんでもいいんですが

ご自身で提供されている方、その機会がある方は誰でもやったことがあるのではないでしょうか。

「お友達価格」

f:id:laralight:20170703065312p:plain

ー仲の良い人に売りつけるようで気が引ける代わりに、ちょっとサービス

ーお友達だから

ーまた利用してほしいから

 

なんでもいいんですが、

ディスカウントの理由は、お客さん全体を見渡して公平であることが望ましい。

よくご利用いただくロイヤルカスタマーは、最もおもてなしするべきでしょう。

仲が良い、という個人的な理由で価格を下げて提供することに対して、その他の優良顧客がバカを見てはいかんですよね。

 

ただ、バーターという商取引はあります。

お金と交換するのではなく、現物同士で交換する商取引です。

もしくはインセンティブとしてのお値引きプライス。お客さんを紹介してくれたので、その御礼にお友達価格で。

 

顧客を平等に扱うということは、同じ価格でというわけではありません。

たくさんのお取引がある優良顧客は優遇したら良いんです。

それだけお世話になっているということですからね。

 

しかしながら、個人的にお世話になっているからお友達価格という論理だと、あなたの顧客全体を見渡した時に、ディスカウントは個人的な理由が必要になってしまいます。

お客さまにそれを強いることはできないですよね。

 

お世話になっているお友達には、他にお礼やお返しをする方法はたくさんあるはずです。ごはんをごちそうしたら良いですし、それこそお友達価格とかけち臭いこと言ってないで無料にすればいい。

 

いや、無料はちょっと...

というなら、何かあなたの中でエネルギーや価値交換を誤って測っている。

ということです。

 

お友達に、お友達価格でサービスや商品を提供していると

そのうち嫌になってきます。

ココロに負荷がかかるようになるんです。

そして、お友達そのものを近づけなくなるように、もしくは距離を取りたくなってくるのです。

 

それこそ本末転倒。

せっかくのお友達が他人より遠い存在にしてしまっては、もったいないのです。

 

エネルギーや価値交換がうまくいっているな、と感じる内は良いでしょう。

ずっと続けられる取引でしょうか。

 

そもそも、お友達には取引を持ち込まない方が無難です。

だったら無料。

だったらやらない。

 

お友達を利用しないこと。

お友達として利用されないこと。

それは「お友達」という関係性をあなたが大切にしているか、ということなのです。

 

あなたにとって「友だち」という存在は貴重でしょうか。

「友だち」は「他者」と同じでしょうか。

 

「友だち」は大切だと思うなら、取引関係にならないことです。

友だちであろうとなかろうと「顧客」として扱ってください。その「顧客」に対しての自分の態度はどうか、と常に問うのが「プロフェッショナル」です。

 

「顧客」がお友達になることはあるでしょう。

「友だち」が顧客の場合もあるでしょう。

 

顧客全体を見渡した時のサービス品質はどうですか?

精神的な力学で価格設定をすると、他のお客さまに説明ができません。

 

あなたのお友達という特権、がある方はお友達価格で

という論理は

良家の生まれだったら特別価格で、という特権

と同じ性質です。

 

優良サービスを受けられる条件は、一定であることが好ましい。

誰にでも優良なサービスや商品品質を受け取る権利を担保する責任がある

ということなのです。

 

条件設定は自由にやってください。

それは商売をやっている人の特権です(笑)

 

くれぐれも、友だちだからという理由だけで安くして嫌になっちゃった、というのだけは避けてくださいね。

もったいないです。

f:id:laralight:20170703065452j:plain