幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

強運が欲しかったら素直な人になるべき5つの理由

ラッキーが多い人は受け取り上手な人

受け取り上手な人は素直な人です。

他者からの好意や援助、褒め言葉を素直に受け入れることができるから。

チャンスの神様からのサポートも、うまくキャッチできる。

 

それに比べて、受取ベタな人は

全部自分でやろうとします。

「手助けしましょうか?」と言っても

「大丈夫です」と断ってしまったり

「そんなことないです」と謙遜して褒め言葉を受け取ってもらえません。

 

若い頃の血気盛んなわたしは、まさに後者のタイプでした。

全部1人でやってのけることが自慢、

怪我は名誉の負傷とすら思っていた救いのない人(笑)

 

それではいかんなぁ、と学んで受け取ることのお手本になってくれたのが今の主人でした。

f:id:laralight:20170422102626j:plain

 

事故から学んだ素直になるということ

主人も私もときどき生傷を負います(笑)

なぜって、自転車やバイクのロードタイプで猛スピードを出すからです。

公道でもサーキットでも、ロードバイクに乗ってスピードを出している以上はリスクがあります。

 

もちろん、気をつけてはいますよ。

細心の注意を払ってはいても、もらい事故ってのあるし

不注意ってのもあるわけです。

 

若い頃の救いがたいわたしは、

救急車で運ばれようと骨折しよと、

手助けなんて必要ないと、

不自由な思いや痛い思いをしながら、

自分でなんとかしようと躍起になっていました。

 

それに比べて主人は、

素直に手当や手助けを受け入れてくれました。

大人しくシャンプーされてるんですよね(笑)

肩とか腕を怪我しているとうまく洗えないでしょ。

バンドエイドも貼り終わるまで、

爪もきれいに整えられるまで、じっと待っています。

 

まるで、お利口な大型犬のワンコみたい

って言うと怒られそうですが(笑)

 

痛い様子を間近に見ているこっちも、痛いのです。

癒やし癒やされることによって、双方の痛みも引いてきます。

素直に受け入れてくれる人は、こちらとしてもありがたい。

 

そんなの必要ない、と助けを突っぱねる方。

これこそが面倒くさい人。

怖くてキャンキャン吠える小型犬って、煩いでしょ(笑)

 

これは、肉体的に傷を負うと分かりやすく見えますが

精神的に傷(強いストレス)を負った時にも

出て来る反応と同じなのです。

 

精神的に傷を負った時に出てくる反応

素直になれない人は、厄介というか時に面倒くさい人になってしまうのです。

本当は手助けが必要なのに、自分で全部抱え込もうとするので

更に辛い思いをします。

肉体的な傷は見えるので、無理をすればかさぶたが破れ血が流れるのが分かる。

でも、精神的な傷はさらなる負傷が見えない。

 

本当は優しくしてほしいのに

独りになろうとするので

周囲には「すねる」「意固地になる」「頑固になる」

というふうに映ります。

 

ーどうせ分かってもらえない

ー全部自分でできないことが悔しい

ー負けを認めるように屈辱を感じる

本人の感覚はこんな感じ。

自分で被っている頑固仮面ってだけなんですよねー。

f:id:laralight:20170607112544j:plain

 

私は、主人が見せてくれた素直さをお手本にして

ーここで心を開かなかったら一生わたしは変わらないだろう

ー素直になって助けを求めよう

ー愛しているよ、ごめんねって言おう

と頑固仮面を脱ぎ捨て、変わることができたのです。

 

パートナーシップが劇的に変わりました。

f:id:laralight:20170413111144j:plain

 

そもそもなぜ素直になれないのか

結論から言うと、

両親からの保護や周囲からの援助がない環境で育った

助けを求めても対応してもらえなかった、返ってくることがなかった

過去に手痛い裏切られた経験がある

など、

周囲や自分と世界に対する信頼関係が構築されていないことが原因です。

 

全部、独りで解決してきた人は

そうせざるを得なかったのですが、

周囲に助けを求めるやり方が分からないのです。

 

時には手にあまることがだってあります。

ましてや、傷ついた時は肉体だろうと精神だろうと、手当てを受けることが必要なのです。

 

孤独を選ぶのか、優しさを信じることを選ぶのか。

時に、帰路に立たつ選択を迫られる時があるのです。

 

独りにされた恨みつらみを手放して 

人の優しさを信頼する方を選ぶこと。

期待や信頼を裏切られることを恐れて孤独を選ぶと...

どうなるかはお分かりですね?

頑固街道まっしぐらです。(笑)

f:id:laralight:20170607111812j:plain

 

結局のところどうしたらいいの?

素直になれない理由、その背景はかなり強固なものです。

世界観を変えていかないといけません。

ーいつか裏切られるんじゃないか。

ーいつか失望するんじゃないか。

ーそもそも私を助けてくれる人なんていない。

という観念が構築されているからです。

 

あなたの世界観を覆している身近な人を探してください。

そして、よくよく観察します。

優しい親切な人ばかりに囲まれている人は存在します。

助けて助けられて、優しい世界に生きている人が存在します。

それを見て、習うのです。

ちゃんとあーゆー世界もあるんだなぁと、世界の認識を改めるのです。

 

私の周りや私の世界は違う、敵だらけでひとりぼっちと思わないこと。

 

優しい世界は確かに存在する。

だから、その世界を創るのです。

自分のココロの中に。

 

たくさんの援助、協力、手助けが降り注いでいることに気が付き始めます。

そして更にそれが進むと

チャンスやラッキーや強運が訪れている事が見え始めるのです。

それを世の中では「タイミング」や「ご縁」と呼んでいます。

f:id:laralight:20170522121631j:plain

 

更に深い話はこちらから〜

f:id:laralight:20120601180719j:plain

 

【満員御礼】

定員なりました〜♪ ありがとうございます❗