読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

世界中に友だちができた3つの理由

5/4〜カリフォルニア州オーハイ ネイティブアメリカン聖地を巡るツアーの下見に行ってくると、記事をUPしましたが、

LA在住の知人と一緒にごはんでも、と会う計画も立てています。

f:id:laralight:20170419112112j:plain

その他、プランがいろいろあって本当に楽しみです。

 

中国、ハワイ、アメリカと友人・知人ができました。一緒にごはんでも?と誘うとこころよく了承してくれる人たち。

 

まぁ、中国は住んでいたので友人ができるのは当たり前ですが、海外に友達ができると何かと嬉しいですよね。

現地でしか知り得ない情報をシェアしてもらったり。

1人で行っても、出迎えてくれる人がいると心強いものです。

 

そこで、

海外に知り合い・友達をどうやって増やしていったか、

ちょっと振り返ってみました。

 

結論は「ご縁!」

 

だと、一行で終わっちゃうので(笑)ご縁をどうやって繋いでいったのか、を少し考えてみました。

 

その1 人間関係を無理しない

普段から無理して友達や知り合いを増やそうとしていると、実は本当に気の合う人がどんな人なのか分からなくなります。

海外に旅行に行って知り合いになる、日本に滞在中に海外の友人ができる、どちらも実は時間との勝負です。短い時間の間にぐっと仲が良くなるには、両者の間に「ピピッと来る」何かが必要です。

ピピッとくれば、遠慮なく「また会おうね!」といえるはず。

 

一生懸命名刺交換して、交流会に出て、人間関係を増やそうとどれだけしてきたことか...というのはまったく無いのです。

私の場合はむしろ逆。良質なご縁を大切にしてきたからこそ、気の合う人とつながろうと心がけてきたからこそ、だと思っています。

 

その2 自分の個性を埋没させない

海外に居住している日本人や欧米人、中国人もそうですが、とても個性を尊重する人種です。大陸は多民族国家としての歴史があるので、個人を主張する生き方に自然となってきたのでしょう。

個人を主張する気質、あまり他者を気にしない気質、というのがあります。

ここが心地よく感じる人と、ちょっとしんどい、と感じる人がいます。

 

日本は良くも悪くも周囲との調和、協調が重要視されるので個人の個性というのが埋もれがち。しかし、ここがないと興味の対象になりません。誰でも本当は持っている個性。響く人に響くように個性を発揮する生き方をしていないと、ピピッと来ないんです。

といっても、会社の中で目立つ存在になれと言っているわけではありません(笑)

あなたの興味や好奇心が抑圧されず、発揮されていますか?楽しんでいますか?ということです。

「その他大勢の日本人の1人」になりたいのか

「わたしのトモダチ」になりたいのか、あなたはどちらになりたいでしょう。

 

その3 自分の得意に特化する

苦手なもの、できないものを克服しようとするよりは、自分の得意なものを伸ばしていく。みんなができるのに、私はできない。だから克服しようと思わなくていいんですね。自分の得意なものが誰よりうまくできる時、容易に「助けてあげる」ことができるようになります。

友だちになるご縁のある方と、ぐっと近くなれるのです。気がつくと助けてあげたいた、ということが起きるから。

 

因みに私は、ドライブが大好きで電車が嫌い(笑)。どこにでも車で行く。

ので、いろんな人の「白タク」をやってご自宅や滞在先まで送りどけて仲良しになっています(笑)例えばそんなことです。そんなことでいいんですね。

 

こういう事なら任せてよ!と言えるものがあるとぐっと距離が無理なく近くなります。

 

結論

◯無理しない

◯個性を発揮する

◯得意なことを伸ばす

 

英語ができないからトモダチができない、のではありません。相手から見て分かりやすい人になる、これが大切なんですね。

これで海外の友人ができやすい人になります。簡単でしょ(笑)

f:id:laralight:20170419112329j:plain

 

【お知らせです】

満員御礼 おかげさまで満席となりました!

ありがとうございます。

laralight.hatenablog.com

【お知らせその2】

25日、26日のみとなりました♪

laralight.hatenablog.com