幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

クリエイティブに生きる人の圧倒的なポテンシャルパワー

私の知人の知人に「お姫様」がいます。

知人の知人なので赤の他人です(笑)

f:id:laralight:20121204192453j:plain

彼女のイメージに近い写真をネットから拝借したんですが、、見れば見るほど彼女そっくり(笑)

 

実はこの方スゴイ方で、名古屋のとあるキャバクラで歴代NO1を誇っています。

自称20代ですが、実年齢は40代。

スゴイでしょ!すごいんですよ。

 

キャバクラでもクラブでも、NO1の座をキープするってのはよほどのことです。

可愛くて、きれいで、髪もロングで艶々でクルンクルンの巻き髪。

頭よくって、心配りができて、男心が手に取るようにわからないと務まりません。

 

見た目は本当にお人形さんという形容がピッタリ。

目が大きくて色白でグラマーです。

そして無表情(笑)

笑顔なんですけど、人形って人間らしい表情はないでしょ。あーゆー感じです。

 

おそらくある男性達からの理想像なのでしょう。

面倒くさいリアルな女は要らなくって、お人形のようなお姫様をエスコートしているかっこいい男性という想いを味わいたい。

 

プレゼントされる金品も結構なものですよ。

お洋服買ってもらっちゃった♪

とか、

リッツ・カールトンに王子様と一緒にお泊り〜、とかってやっていらっしゃいます。

 

稼ぐ額も半端ないです。ご自身でメルセデスを運転されているし。

 

彼女はお姫様学校みたいなのもやってますので、それに憧れる女子も多いようです。

 

 

そして、もう一人違うタイプの女性を知っています。

知人の知人なので赤の他人ですが(笑)

 

銀座の超高級クラブのママです。

やっぱり20代で通る、40代の女性。

美人でスレンダーでスタイルも抜群、高級感がばりばり漂う方です。容姿はモデルさんに近いかな。

f:id:laralight:20170408110209j:plain

実際にお会いしたことがあるんですが、ビジネスマンの匂いがほんのりします(笑)

写真のイメージよりもっと「甘い」感じのする方ですが。

まぁ、お店の女の子が何十人も居て、黒服に指示出しするような人ですから当たり前ですね。

 

貢物のクォリティは半端ないですよねぇ。「店」ですから(笑)

 

 

さて、お姫様像に憧れる女性も多いのですが、二人の女性の決定的な違いがあります。

それは「年収と資産」

 

そりゃそうですよね。

 

一人は男性から与えられることを待っている人。もちろん、戦略的にプレゼントしてもらってるでしょうが。

もう一人は実業家ですから。

 

花よ蝶よの、同じウォーター・ビジネスでも使う側と使われる側では圧倒的に違いがあるわけです。

因みに銀座のママの年収は9000万だそうです。年商じゃないですよ、年収です。

リタイアしたいなと思ったら、お店の権利を譲ればいいだけです。買い手はいくらでもいるでしょう。後は悠々自適。

 

 

確かに時折いらっしゃるんですよ。

私の友人の友人は芦屋のマダムらしくって、

「パートに出ないといけないなんて考えられないわ〜」

「働かなくちゃいけないなんて、哀れよねぇ」

という女性もね。

実際FBでそうつぶやいてらっしゃって、本当に居るんですよ。

 

宝石は自分で買ったことがない、という知人も居ました。

 

まぁ、それはそれで結構なんですが、

 

 

自分の人生をクリエイトするチャレンジや醍醐味というのは、女性とか男性とかってのは関係ないんじゃないでしょうかね。

 

受け取るだけ、与えられることを待つ人生。

 

美しいシワのない作り笑顔を維持する人生。

 

 

私は宝石を自分で買ったり、半分出してもらったり(笑)それがちょうどいいかなぁと思っています。

 

お姫様を夢見る人生も悪くはないのでしょう。

ただ、潜在的なポテンシャルパワーというのは圧倒的にクリエイティブな方に宿ります。

 

運良く資産家に嫁いでも、離婚されたら終わりです。自分で食べていく力があった方が良いと思うのは私だけでしょうか。家庭内の力関係で経済的に豊かな奴隷になってはいけません。

 

労働は平民ぽくって嫌だわぁ、、という方も泥臭く手足を使わずとも、知恵や頭を使ったら良いわけで。

 

 

聖書の時代と違って、今は世界中がコンピュータとネットワークで繋がっています。

女子供が出来ることは限られている、という思想から、誰でも自由にクリエイティブな人生を味わい楽しむことができる、という志向になってもらいたいものです。

 

f:id:laralight:20170126160848j:plain