幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

『解決策とは「現在」と「未来」の間に違いを生み出す作業のこと』どうして私はこうなのか…を思考することがどれだけ無駄なことなのかをわかりやすく説明

原因の中に解決策があるとは限らない

どうして自分はこうなのか・・・。

f:id:laralight:20170223093055j:plain

これを思考するほどエネルギーの無駄遣いはありません(笑)

 

でも、かなりの方がこれにものすごく時間を費やしています。

 

現状に不平不満を抱いて、もっと自分を変えたいと思ったとして。それはいいんですが、「なぜこうなっちゃったのか」というところにフォーカスしても殆どが無駄な作業です。

 

それは、殆どがあまりに原因特定に時間がかかりすぎる複雑な問題だからです。

 

あなたの現状の原因を特定するには、生きてきた過去数十年分を分析する必要があるでしょう。スーパーコンピューターでも無理です。

 

子供の頃のトラウマ問題を探すことが役に立たない理由

例えば、よく心理学で言われるような「子供の頃の家族関係」が原因。というやつですが、子供の頃の家族関係が悲惨な人も立派に育っている場合がありますね。

 

私の方がより悲惨だったのでしょうか。

それとも、悲惨具合が異なったのでしょうか。

 

その違いを見極める時間をかけるなら、もっと違うことを今した方がなんかうまくいきそうな気がしませんか?

ということなのです。

 

今何をしたら、欲しいものや目的やゴールに近くなるのか、これが「解決策」というやつです。

 

でも、なかなか解決策を見ようとしないんですよね。

やろうとしません。

 

どうしてこうなっちゃったのか、なぜこうなのか、現状の原因の特定に

みなさん勤しむわけです。

 

おそらく、原因が分かれば解決策が分かるんじゃないかと思っているのでしょう。

違います。

 

もちろん、原因が分かれば解決策が出てくるものもあります。

ただし、それは簡単な事象です。自分にとって既知の問題と言ってもいいでしょう。

問題:なぜコップが割れたのか。

原因:それは落としたから。

対策:次から落とさないように工夫しよう。

です。

 

問題の構造が明らかなときに有効な取り組み方です。

 

解決策とは「現在」と「未来」の間に違いを生み出す作業のこと

複雑性の中のでは問題要因がたくさんあるため原因特定に時間がかかるんです。

 

人間が生きている中での問題というのは、そのほとんどが単純なものではありません。複雑でいくら考えてもわからないものだらけです。

f:id:laralight:20170126160733j:plain

原因特定のための計算や演算に時間や労力をかけないで、解決策は何なのかを探すこと、ここにフォーカスすると現在と未来に「違い」が出てきます。

そりゃそうですよね。

今までと違うことをするわけですから。

 

原因特定は、現在と過去の間の因果関係をほじくり返して思考しているだけですから、「現在」と「未来」の間に違いを生み出すことを作り出せません。

 

実はこの違いの中から、原因は分かってくるのです。

 

原因は後から分かる。

 

あぁ、そういうことだったのか、と。

f:id:laralight:20170114082455j:plain

 

自分が成長して初めて分かることがありますね。

人の気持ちがわからなかった。

自分にどれだけ自信がないかわからなかった。

ものごとがどのような仕組みで動いているのか、見ている世界が狭かった。

などなど。

 

この観点にこないと、見えないもの。

それが「原因」の正体です。

「原因」と「あなた」の位置関係です。

「原因」がみえなかったからあなたの「問題」になったのです。

「原因」が分かっていたらそもそも「問題」になってません。

 

原因が分からなくちゃ、解決策って分からないじゃん、と思われるかもしれません。

いいえ、解決策を既にやっちゃった人に聞けばいいのです。

ゴールしている人に聞けばいいのです。

いろんな解決策があるでしょう。

自分に合った方法で、解決策を実行していくんです。

 

少なくとも、どうして私はこうなのか…と考えている間にもっと有効な時間の使い方ができるようになっているはずです。

 

そして、少しずつ自分の行きたい方向に舵を取っていくことになります。

違うやり方のほうが合っているな、と思ったらやり方を変えればいいのです。

f:id:laralight:20170112095102j:plain

原因の特定は後!

 

まず、解決策にフォーカスする。ゴールに近くなるためにはどうしたらいいのかを知っている人に聞くこと。

書籍を読んでもいいでしょうし、ネットで探してもいいでしょう。

もしかしたら、かなり身近なところにヒントや答えを持っている人が見つかるかもしれません。

 

原因を求めるのではなくて、解決策を求めてください。

ご安心ください。原因は後からちゃんと分かります。

 

それが、自分がどれだけ成長したか、ということなのです。 

f:id:laralight:20170112095041j:plain