幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

感動する美味しい料理を作りたいなら気持ちと言う調味料を入れよう

少し前に、高野山の宿坊に泊まったときのこと。

一乗院の精進料理に感動した!という記事を書きました。

過去記事はこちら

 

それから、十津川温泉郷で泊まった宿の猪鍋がめちゃめちゃ旨い!という記事も書きました。

過去記事はこちら

 

で、ブログには書いていないのですが、もう一件泊まった場所があります。

某超有名温泉。

素晴らしい水が出た、というお水を使って温泉施設と宿泊施設を提供しています。

そこの施設で提供される料理の食材もとてもこだわったもの。

そのお水で育った野菜が食べられる。

 

期待をして食べてみたんですが…むむ。

まぁ、葉っぱは元気かな。

と感じるのですが、特に感想はなく(笑)

 

私が食べたメニューは、薬膳の考え方を取り入れたお膳でした。

1500円だったかな。

 

なんで感動がないんでしょう?

 

 

金額の問題か。

安くても感動する料理はあるし、

高くても感動のない料理はある。

「ふつーだね」

「うん、ふつーだね…。」

という、会話をしたことがあります。

 

 

食材はとてもこだわって作っている。

イデアも悪くない。

まずくもないけど、、美味しくもない(笑)

もう一回来たくなるか。

否、それはないなぁ。

 

 

ごはんは残さず食べます。

例外はなくはないけど、

 

出されたものは感謝をしていただきます。

 

 

でも、感動が無いなぁ…という。

 

 

 

料理の味が本当にわかってくるようになるには

天然素材の味と香りがちゃんと分かるようになることがとても大切です。

 

自分でだしを取ってみるとよく分かる。

天然ダシで1週間くらい過ごすと

化学調味料アミノ酸の味がとてもキツく感じるはずです。

 

薄味にして味覚を研ぎ澄まそうとするより、

天然と合成の違いが分かるようになる方が

結果的に薄味を好むようになります。

なぜって、素材の味そのものが美味しいと分かるようになるから(笑)

 

 

で、氣に敏感になると更に深い味が分かってくる。

この人の氣が料理で言うところの「感動」になるわけです。

精進料理には5味「甘み」「辛味」「苦味」「酸味」「塩み」

の上に「淡味」というのがあるそうなのだけど

私はその上に「感動」という味がある、と思っている。

 

感動、という味は

作った人の思いの味。

もう一回食べたい、と思う味。

この金額以上出したくなる味。 

 

 

集中すると気が集まります。

(猫って気の良い場所、気溜まりに敏感で、だから、PCの前とかキーボードの上に乗っかってくるんですね。)

 

丁寧に作業をする時

大切に扱い仕事をする時

気が集まるのです。

 

その気が料理の中に溶け込むには

料理する人の思いがどこに向いているか、が大切になる。

「美味しいって喜んで欲しい」

「楽しい時間を過ごして欲しい」

まぁ、集中している時はそんなことすっ飛んでますけど(笑)

 

 

丁寧に作業をする、ことの基本になっているのが

身体運動。

 

一流の料理人の仕事っぷりを見てみてください。

カウンターのあるお店で食べてみるといいです。

美しいんですよ、身体の使い方が。

包丁のさばき方なんか、

なんであんなに力を抜いているのに、ブレず正確なんだろう

と思う美しい動きをします。

千切りなんか、腰から入ってる。(笑)

身体全体の氣を扱えるから、一流の料理人になるんでしょうねぇ。

 

 

最近は、自分で作ったほうが

「うまい!」と感じるので

調子がいい時は(笑)

本当に旨い店、しか行かなくなりました。

 

複雑で豪華なことを求めているのではなく

女将が心を込めて煮込んだ

肉豆腐がうまいと

そこに行こうかな、と思う。

 

 

少し前に、駅前にできたミシュラン掲載のラーメン店(2号店)

とやらのラーメンを食べてみました。

巷では「意識高い系」というんだそうです。

手間暇かけて仕込んで

素材も吟味して超こだわり派。

 

美味しいは美味しいんだけど

食べるそばから肩が凝って(笑)

また行くことはないだろうなぁと思いました。

店員さんが過労で相当ストレスを抱えている。

作ってる人がめちゃめちゃ疲れているので

こっちの肩が凝ってくるんですねぇ。

 

若い内は無理が効くけど

年取ってカラダ壊す典型的なパターン。

長く商売続けて欲しいから、喜びから仕事ができるように

商売の回し方、

自分の仕事のスタンス、

それを振り返ってみて欲しいなと、思う。

 

 

私が送り出していくサービスに氣が入っているか。

自分でブログ書いてて、再考するいい機会になりました(笑)

 

 

ご自宅で、自分のために、家族のためにごはんを作る時

仕事で料理をつくる時

あなたの思いがどこを向いているのか。

それに気がつくだけで、ぐっと美味しくなりますよ!

f:id:laralight:20161208125808j:image