読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

本物の思考

思考は悪、考えるより感じろ!と一度は聞いたことがあると思います。

私もセッションでずいぶん言っています。
「考えないでください」

 

殆どの人は、雑念がスタートで思考しています。
考えても考えても答えがぐるぐる自分の中で回るものです。

エゴからのスタート、と言ってもいいでしょう。

 

「あの人は私のことをどう思っているんだろう」
「嫌われてしまったかな、大丈夫かな」
「◯◯さんはすごい、それにひきかえ私は…。」
「私はあの人△△が許せない。」

などなど、

対象から私はどうなのか、他者側からどうみられているのか。
この場所に観点があるときは問いがそもそも間違っているのです。

もしくは誰かからの刷り込みや思い込みという自分の本質以外からの観点が出発点のとき。

それをぐるぐる考えても答えは見つかりません。
だって、思考の張本人ではないから。

◯◯さんは、、と考えても
その方が見せていない苦労や痛みはこちらからは分からないのです。

他者の思考に思いを巡らせても答えを知っているのはその方です。

思い込み、刷り込みはそもそも自分のものではありません。


本物の思考、これは自分の中心からスタートです。
本物の思考はじゃんじゃんして欲しいのです。

それは、好奇心。
「え、それ面白い」
「ナニ?どういうこと??」

って、思わずちょっと足をとめて振り返ってしまうような
何かに引っかかって関心が向けられてしまうこと。

あなたの中の何かにひっかかった。

その何かとは自分のコアでありエッセンスに引っかかったのです。

自分でも理由が明晰につかめないかもしれない。
でも、間違いなく自分の中に「ある」何かが
反応してひっかかっているのです。

なんでそうなってるの。
どうしてそうなったの。

子どもたちの目が輝く瞬間は
世界に対して自分の「どうして?」「なぜ?」を発見した時ですよね。

水面に映る、太陽が眩しくキラキラ輝いた
さざなみの様子に
「わ〜!きれい!!すご〜い☆」と喜びます。

この事象や現象、目に写ったものに対してこころが反応すること。
これは感性です。

大人になると、この感性を感じる部分が
ホコリをかぶってどうにも鈍ってくるのです。

忙しさ、疲れ、ストレス...。
ここから自分を緩めてあげましょう。

 

すると、うわって感じる部分が、誰でも持っている感性が出てきます。

感じることが先。

それを、見えた通りではなく自分流に表現手法を持つことが、アーティストになるということです。

そして、感性から出発したものを思考すること
これが本物の思考です。

 

あなたの中の
「なぜ?」「どうして?」
ここをつなぐものが、インスピレーションなんですね。

自分の中にあるから、ぴこりーん!っと引っかかるわけです。

 

そこから自分なりに考えてみること
これが本当の思考力を高め養うということです。

 

考えることを他人任せにしないことが、これからの時代は本当に大切になります。

誰かの理屈で思考停止にされないようにしたいものです。

 

話を聞きながら、
「んん?それどういうこと?」
この感覚がとても大切です。

 

偽物の思考と
本物の思考。

 

まずはここを見極めるところからスタートしてみましょう。

 

こんなことをメールレッスンでお伝えしています。

 
f:id:laralight:20160209151253j:plain
 
f:id:laralight:20160209154755j:plain