読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

「やっちまった...」をもっとしよう!|失敗が怖い心理とは

何かあなたがミスをしたとしましょう。

まぁいいか、と思えるもの。

ミスと気が付かないようなもの、

最近そういったものが多いのなら気をつけたほうが良い。

 

返って、

やってしまった...

自分はどうしてこんなにアホなのだ...

もしかすると再起不能かも、くらいに思うならそれくらいがちょうどいい。否、ぜんぜん足りない。もっとやってしまったほうが良い。

f:id:laralight:20160529095901j:plain

 

それはなぜか。

自分が失敗したり、何かを間違えてしまって思うような結果にならなかったりしても、自分の心にも他者にも影響がないのは、実はその行為自体にあまり重要性はないもの。

しかし、その失敗で心にも実際的にもダメージが大きいのなら、自分にとって重要な何かに取り組んだ証拠であるのです。

 

大切なこと、重要な事に取り組むのはエネルギーが要ります。それに、取り組んだのです。そしておそらく、それは新しいことの方が多い。慣れていないと間違える確立は高い。失敗の裏で支えているもの。それは、あなたがチャレンジしたという事実です。

 

全然足りないと言っているのは、チャレンジの数。

失敗が足りないのは、チャレンジの数も圧倒的に足りないということ。

 

で、もしまだ生きているのなら、その大いにやらかしてしまった失敗も、生きた心地のしない失敗も、天から見れば想定内で、ちゃんと許されているということではないですか。

 

何かのミスや失敗にこだわって、落ち込んで、抜け出せなくなっている方。まず自分を許しましょうとかって、スピ系で聞く言葉ですが(笑)そもそも重大なミスがぜんぜん足りてないですよ、という事に気がついたほうが良い。重大なミスを支える様々なチャレンジ、人生経験が圧倒的に足りてないということです。

 

何もかもがスムーズにうまくいく方法、を模索するのもいいでしょう。

 

でもほら、抗菌・滅菌ばかりにこだわると耐性菌ができちゃって、身体も弱くなってしまいます。あ、やっちまった...がある人生。それでも図太く生きている生命力のほうが素晴らしくないですか。

失敗が怖くてスムーズな人生を選びたいなら、滅菌室を欲しているということでしょう。それは完璧主義を観念に持っているということです。だから、ミスが異常に嫌い、間違いを持っている自分が許せないのです。

 

それでも今生きている、ならはじめから許されてるんです。だから大丈夫です。

図太く生きましょう。やっちまったがある人生のほうが、人間味がないですか?(笑)

 

 

【お知らせ】

7月9日(土)1泊2日で箱根で「脳と目をお休みさせるための瞑想&リラクゼーションデトックスDAY」を開催します。NOスマホ、NO LED、ジュース断食など。

箱根の山荘をまるごと借りきって、5名様限定のラグジュアリーリトリートです。

この景色を眺めながら、オーガニックヘッドスパで極上のリラックスを味わってください。

詳細はまた別途お知らせしますね〜♪

f:id:laralight:20140412140016j:plain