読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

長寿症候群ってなに?!

主人の健康診断の結果が返って来て、笑いました。「長寿症候群とやらで、再検査になっちゃったよ」って。

善玉コレステロール値が高すぎると、長寿症候群という診断名がつきます。

GWとはまったく関係ないお話でスミマセンね(笑)

 

善玉コレステロールは悪玉コレステロールを洗い流す作用があるので、好ましいものなんですが、この値が高過ぎると「遺伝子疾患による症状かも、お酒の飲み過ぎでも出てくるので要注意ね」ということらしく再検査になるとのこと。

 

他で要経過観察がついたのは、空腹時の血糖値が高い、ということ。

で、肝臓の数値やその他の数値は問題なく。。主人はアスリートみたいなライフスタイルをおくっていて、激しい運動をする人とのデータといわゆる医療関係者が決めた「標準」が違うみたいね、という結論になりました。

 

空腹時の血糖値が高いのは、いわゆる「筋肉バカ」にならないように、脳に回す糖質が枯渇しないよう血液中のすぐ使える糖分を多めに確保しておく体質になっているのでしょう。

f:id:laralight:20160503183415j:plain

総合判定Eー再検査。

「再検査しても、結果は変わらんと思うよ。それに自腹でしょ 笑」と言ったら、「分かってるよ。役員だから再検査が出たらちゃんと検査受けないと社員に示しが付かんだけなのよ」と笑ってましたが。。

 

じゃぁ、何のための検診なのよってのもあるんですが、、一番気になったのは「長寿症候群」という言葉。

長寿の人たちを調べたら、共通してHDLコレステロール(善玉コレステロール)の値が高かったからついた診断名ですが、長寿って治療対象なの?って思ってしまいました。

 

治療の対象。

 

数値を標準的な好ましい値に戻す、という行為も含まれていますね。アスリートの身体は別だから、普通の人とは違う値が出て当然。いやちょっと待ってくださいよ。アスリートだろうと、なかろうと人間の身体の特性としてもともと持っている機能なんですよね、と。

 

これで、再検査の次に、HDLコレステロール値を下げる薬でも処方しましょうかと言われたらブチ切れてやろうかなと思ったりしますが(笑)

 

何を言いたいかというと、人の身体の調節機能やポテンシャルってのがあります。それを、部分的なところだけ切り取って、対処しようする姿勢が現代医療の中にすごく見えてしまう。ましてや、長寿症候群ってなんですか、と(笑)長寿って治療対象なの?と。

なんか、その昔に同性愛者を対象に「治療」を行って、異性愛者に「治そう」とした前時代的な思想がありましたが、その一端を感じてしまうわけです。「同性愛」って病気ではなくて、人の性質の一つでしょ。

 

今の所、HDLの値が高いだけでは成人病を予防する効果しかはっきりとしていない為、長寿症候群と呼んでいるんだそうですが、これは現代医療の思想が生み出した言葉ですよ。そんなに「治療対象」を作り出したいの?と思ってしまいます。

 

標準の値、基準値を作って、そこへ「直させようと」するところが今の医療のビジネスモデルになっているんでしょうね。すると、副作用などの痛みや苦痛も「我慢しないと」という理由付けになる。「我慢して病気を治す、辛い思いをして元気になる」っておかしくね?と。

 

健康って、元気のことでしょうって思うわけです。元の気に戻すんですよ。青白い顔して薬飲んで、病気を治すってちょっと違うのでは?と思うのです。

 

病気を作り出して薬を売る、というビジネスモデルから脱却して

「生命力のスイッチを入れる」とか、そういうクールな方向性を目指してもらいたいものです。

 

因みに、アスリートの為のメディカルチェックはこちらでできるみたいです。お高そうですが(笑)

日本唯一のスポーツ/トレーニング外来(その3)|トップアスリートへの支援、研究 | トップアスリート株式会社

 

 

●潜在意識をマスターする3日間講座
リクエスト開催による2日間短縮バージョン!
5月28日(土)29日(日) 
平日お時間のなかった方、この機会にぜひ☆
お時間は参加者の方と調整中です。

「お金」「健康」「恋愛」「仕事」あなたの可能性を大きく広げます。
ご家族やご友人の潜在意識も遠隔で
書きかえてあげることができるようになります。
http://goo.gl/PPouU9
 
f:id:laralight:20160209151253j:plain
 
f:id:laralight:20160209154755j:plain