読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

セクシーになりたい人は「気持ちよくなる」ことを許せばいいだけ

Cook、Eat、Drink! 心を軽くすることば 美的生活 開運

ゆっくりしたい時は独りでコース料理を食べます。馴染みのビストロで一人飯です。

 

ところで、本命の男性と会う前って女子はダイエットするでしょう。痩せなくっちゃって一生懸命身体を絞る。あれ、やっちゃダメですよ。ハートが閉じて本末転倒になっちゃう。

 

むしろ、自分を思いっきり甘やかした方がいい。ええー!?甘やかしたら太って悲惨なことになるじゃん、って言われそうですけど。それは、甘やかし方が中途半端だからです(笑)

 

例えば、
一泊でいいから旅に出て、一切の家事も仕事もやらない。
銀座に行って1粒500円くらいのチョコレートの香りと口どけを舌の上で感じて、何度も思い返して味わう。
ホテルのスパで極上のエステやとろけるマッサージを受ける。その後でハーブティとスイーツでもゆっくり召し上がってください。

 

これ、何しているかというと脳内麻薬を出しまくっているわけです。ドーパミン、エンドルフィン、セロトニン、アドレナリン、いろいろ出ます。これが天然で出ている女性は幸福感、充実感があって『満たされている』感じになるわけです。

 

絞りまくっているストイックな女子って、悪くはないですけどちょっと『乾いてる感』ありませんか。美人だけど色気がないのは足りないんですよ、脳内麻薬とかフェロモンとか。

 

で、もっと言うと「快楽」を感じることを許しているのか、ということになる。「快楽」「享楽」「悦楽」

この『気持ちよくなる』ということを究極的に許していくと、これがセクシーと呼ばれるものになるわけです。

 

この『気持ちよくなる』ことになぜか制限をかけている人が多いですね。ダメ人間になっちゃうイメージが強いんでしょうか。廃人になりそう、しんしょう潰しそうとか。

 

この制限は西洋の『原罪』から来てるんでしょうかね。

 

ニーチェも仏教も説いてますが、究極的に快楽を追求すると「忘我の状態に至らしめるもの」「時間も空間も私も消滅する」という悟りの道の一つになるんだそうです。
まぁ、ここらへんの講釈は哲学者に任せておいて。

 

「快楽」「享楽」「悦楽」の代表は『性』ですけど、それ以外にも見つけることはたくさんできます。気持ちいいはなんでも感じていいわけです。

仏教用語で言うならば、「円環」を結ぶのは男女だけに限定しなくていい。
もちろん、究極に男女で結びまくっていただいても結構ですよ(笑)

 

食事をする時、気持ちが良くなるまで味わってみてください。この食べ方はセクシーですよ(笑)そこまで味わう、感じることにこだわってみると、作っている人とエネルギーがつながっちゃう。セクシーでしょ(笑)

 

想いとか、情熱とか、こだわりとか、みんな流れてきちゃうんです。ありがたいって自然に溢れてきて食事をするって最高ですよ。

 

この感性と感覚を纏って、女子の皆さま通りを歩いてみてください。振り返られまくります、声かかりますよ、簡単に(笑)

 

「気持ちよくなる」ことを許せばいいだけです。簡単でしょ。
そういう状態でデートしてくださいね♪

 

f:id:laralight:20150731062931j:plain

f:id:laralight:20150731062944j:plain

f:id:laralight:20150731062950j:plain