幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

【志賀高原ロングライド115㎞】番外編 草津の湯とおやまぼくち蕎麦

無事完走も果たし、会場を後にします。

向かうは、草津の湯。会場から40㎞ほどで、草津温泉に到着します。

 

日帰り温泉で有名な「大滝の湯

昔は、男女入れ替え制でしか入れなかった「合わせ湯」がいつでも楽しむことができるようになっていました。

 

「合わせ湯」は、38〜40、42、44、45〜46℃の湯船があり、順番に入っていく温浴法です。私は45〜46度のお風呂に2分ほど浸り、水風呂に入りを繰り返していました。両方とも痺れます(笑)

草津の湯は本当にパワフルです。疲れて眠気が強く、これから本当に東京まで帰れるかと思いましたが、しゃきっとすっきりして温泉を後にしました。

 

おやまぼくち蕎麦を食べに

おやまぼくち蕎麦とは、やまごぼうの一種の植物から繊維を取り出し、蕎麦のつなぎに使うというとても技術のいるそば打ち法です。

繊維を取り出す作業がとっても手間がかかるため、幻の蕎麦と言われる所以です。独特の歯ざわりと風味があります。10割の小麦粉をつなぎに使わない蕎麦を食べれる珍しいところです。

 

f:id:laralight:20141026171322j:plain

f:id:laralight:20141026171343j:plain

お見せの屋号は「水車小屋

その名の通り、水車がお店の前でお出迎えです。

 

f:id:laralight:20141026152458j:plain

店内はこんな感じ。

古民家の温かみが心地よいです。

 

f:id:laralight:20141026162448j:plain

中央には囲炉裏が。

無料の甘酒がゆっくり湯気を立てています。この甘酒がなんともいえず、うまし。

調子に乗ってえらいおかわりしてしまいました(笑)

 

f:id:laralight:20141026153729j:plain

おやまぼくち蕎麦。

しっかりとした歯ごたえのある蕎麦です。

 

f:id:laralight:20141026163501j:plain

50㎞も山道を走って、栄養補給に頼みまくりました(笑)

キジ鍋のせいろ蕎麦です。手打ちと機械打ちを選べます。もちろん手打ち1600円。

それから、舞茸の天ぷら。鶏肉の梅しそ揚げ。モツ煮。

 

f:id:laralight:20141026170011j:plain

それでも足りなくて(笑)田舎しるこでシメです。

やっと落ち着いたという感じ。ふ〜。

 

そして関越道40㎞の大渋滞に突入しながら、帰路についたのでした。