幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

「ありがとうを100回唱える開運法」の限界とは

f:id:laralight:20170803114535j:plain

そんなものがあるかどうか分かりませんが(笑)

良い波動を作り出せば全てがうまくいく、

という類のメソッドや論理の限界があります。

もちろん、それらを否定する気もないですし

感謝するということは、あらゆる場面で大切なことです。

 

限界ポイントの前、

有効な人もいますので、それは後ほど説明しますね。

 

限界ポイントとは、つまり

ありがとうを100回となえても、付加価値を創り出す能力は上がらない

ということです。

 

解決策を見出す力

本質的な原理原則を発見する力

俯瞰した観点を手に入れる力

行動力・実践力

などなど

 

ここで言う能力とは、職能要件ではなく

例えばアイデアをカタチにしていく力、などのことです。

今までにないものを創り出す能力です。

これが付加価値。

オリジナリティであり、お金に変えることができる言わば原材料です。

 

ありがとうを100回唱える時間があったら、

小難しい本の一冊でも読んだほうが良いのです。

旅に出てしまったほうが良いのです。

新しい観点や情報に触れた方が有用な点が多くあります。

そこで、天にでも自分にでも感謝を捧げてください。

 

では、どんな人には有効なのでしょうか。

それは、常に自分のことを卑下したり、無価値に感じたり

自分の中の心の声がうるさくて辛い想いから

逃れられない人には一時有効です。

「ありがとう」に集中していれば

無意識に自分に宛てた辛辣なメッセージを

送らなくて済むからです。

ー自分なんて...

ーどうせ◯◯だから...

ー私の人生はなんでうまくいかないのか...

 

四六時中、自分に宛てた辛辣なメッセージを送っている

意識はないでしょうが

繰り返し低い自己イメージを強化している事には変わりがないのには

お分かりいただけると思います。

それをやめる、止める方法としては良いのです。

 

ネガティブ情報が自分の中に蓄積しないので

少し良いことが起こり始めるように

感じてくるのです。

 

ただし、慣れちゃって

ー今日の晩ごはんは何にしようかなぁー

と、考えながら「ありがとう」を唱えても効きませんよ(笑)

ただの文言になってしまっているからです。

「ありがとう」ではなく「ごちそうさま」でも

同じになってしまっています。

 

ちゃんと「ありがとう」と感謝の気持ちがこころの中に満たされて

良いことが起こり始めたら、

ここからが重要。

 

その先へ行くには

「ありがとうを100回唱えればすべてが叶う」

「良い波動を出していれば夢が叶う」

を超えていく必要があるのです。

付加価値を創造するには、能力を高めていく必要があるからです。

 

開運は楽しいものです。

ただし、あくまでも開運法であって、それ以上でもそれ以下でもありません。

開運法で人生のすべてが手に入るわけではないのです。

これさえやっておけば全てがうまくいく、

的なものを探すところからそろそろ卒業していくべきでしょう。

 

それらを使って明日への活力にする

くらいに上手に使っていただきたいと思います。

 

その先へ行きたい人へ 

f:id:laralight:20120601180719j:plain

1位と2位を分けるもの|大荒れの第40回鈴鹿8時間耐久レースを分析

去年のレースと比べると、今年は大荒れでした。

ペナルティは続出、コースアウト、転倒も続出...。

一体どうなってるんだ??と思うレース展開。

 

まぁ、レースファンにとっては混戦状況も楽しみの一つなんですが(笑)

 

細かないろんな出来事を分析した結果をお伝えしたいのですが

書くの大変なので、そのうちどっかでしゃべります(笑)

 

ざっくり一言で言うと

「お天気に影響されないメンタリティを持っているかどうか」

です。

 

え!お天気に影響されなければ優勝するの???

と疑問に思われるかも知れませが

そうなんです。

 

無意識に影響与えられているお天気。

40回目は曇り空でした。

しかも、雨がときおり降ったり止んだり。

 

ウェットコンディションはそれなりの装備やチューニングができますが

ドライコンディションで走ったほうが速いのは当然です。

だから、できるだけドライ仕様で走りたいけど

雨が降ってきたー!あら、やんだ。

これの繰り返し。

 

そんな事は、監督を始めピットクルーやドライバーも百も承知です。

天候なんて計算し尽くして、あらゆることを想定してチューニングを決定しています。

 

なのに、なぜ。

と思われるでしょう。

 

それは、会場の人たちがほぼ全員心配するからです。

数万人の人たちが一斉に気にすることに、無意識に影響を与えられないメンタリティが

あるかないか。

これにつきるんです。

 

優勝したチームは3連覇を目標にしていました。

だから、優勝することの先にあった目標なので

勝てるという確信は当たり前なのです。

ー勝ち続けるとはどういうことなのかー

これにコミットしています。

 

優勝できるか、できないか、が目標じゃないんですね。

そもそも。

 

ここを見ているから、

お天気に影響受けてハラハラする観客たちのマインドに

無意識に影響を受けないんです。

 

見ているところが、違うからです。

自分のいるステージがそもそも違う。

 

笑ったのが、

場内の実況アナウンサーが言い放ったセリフ

「おーっと、2位のTSR HONDA こころが乱れた〜❗集中できていませーん❗」

マシンから炎が吹き出してしまったのです。

選手は状況が分からず、不穏な雰囲気を感じて、集中が切れてしまいました。

 

こころが乱れた〜❗

とアナウンサーが叫ぶくらい、乱れた走りでした(笑)

結局順位を落として総合第三位になってしまったんですね。

あの時冷静に素早く判断して、ピットに入っていれば優勝はできなくても順位を落とすことはなかったでしょう。

 

こころが乱れる。

それだけで順位が変わってしまうのが、接戦争いをしている優勝と2位を分けるものです。

 

単純ミスもたくさん起こりました。

ピットロードを制限速度以上出してしまってペナルティ。

30秒間スタートが制限されます。

これまた接戦争いには致命的。

ピットロードを何千、何万回と走っているプロにはありえないことです。

 

世界の予選を勝ち残ってきたチームでさえ

「こころが乱れる」(笑)のです。

 

逆に言えば

接戦する実力を分けるものは、マインドなのです。

 

数万人のこころに顕現される不安にも影響されないメンタリティ。

すごいですね。

それは、観客が作る情報空間の先に目標があること。

「優勝の先を見ていた」

ということに他なりません。

優勝は当たり前。

勝ち続けないといけないのです。

 

最強時代のホンダは10連覇を記録しました。

勝者のマインドとはそういうものです。

f:id:laralight:20170802113522j:plain

鈴鹿8耐 シャンパンシャワー

世界最高峰の走りを堪能しました😄

8耐選手もスタッフも運営も観客もお疲れ様✨

また来年が楽しみ〜❣️

champagne figh

 

Count Down

f:id:laralight:20170731094413j:image

f:id:laralight:20170731094558j:image

鈴鹿8時間耐久レース スタート

鈴鹿8時間耐久レース スタートしました😄

1周目でトップ争いのチームがコースアウトの大波乱からの幕開けです❗️

たっぷり楽しんで来まーす*\(^o^)/*

Suzuka 8hours Final

 

明日は鈴鹿8耐の日❗

バイクに興味のない人には全然関係のない話ですが...

わたくし、大好きなもので

もう今からそわそわしてどこかへ走り出していきそうです。(笑)

 

http://www.suzukacircuit.jp/8tai/

7月30日 鈴鹿サーキット8時間耐久レース 決勝

f:id:laralight:20170712105312j:plain

 

f:id:laralight:20170729103919j:image

誘ってくれた友人からの差し入れ。

応援グッズも万全の態勢です😄

 

 

今年は記念すべき40回目。

暑い日に暑い場所で暑いバトルを観戦してきます❗

時速300kmでむき身の人間が駆け抜ける様子は、アドレナリンが見ている方も吹き出てくるんですよねー。

世界最高水準でチューンされたワークスマシンのエンジンが出す爆音。

焼けるアスファルトやタイヤ、燃料の匂い。

 

マニアの世界ですね、スミマセン(笑)

 

私にとってはディズニーランドの夢の世界に行くような感じでしょうか。

ネズミーランドに興味はないですが。

 

今夜は久しぶりにワクワクしすぎて眠れないかも知れません。

 

 

人生をもっと楽しみたい人へ

f:id:laralight:20120601180719j:plain

 

【ブラシ界のロールス・ロイス】 メイソンピアソンー毎日の髪のお手入れに使っています

毎日の「儀式」の様なアイテムです。

私のビューティの必須アイテム。ブラシ界のロールス・ロイスと言われている

メイソンピアソン。

f:id:laralight:20170727090547j:plain

朝のビューティの儀式。

珈琲を淹れる為のお湯を沸かしながら、泡パックの洗顔

肌の状態を手のひらで感じながら、チェック。昨日一日の過ごし方が正解だったかどうか分かるのです。

 

寝起きのくちゃくちゃの頭を(笑)

髪を丁寧にとかして、美髪に変身させていきます。このブラシに触れた瞬間に、少し背筋が伸びるのです。

 

f:id:laralight:20170727110736j:plain

ロンドンの職人さんのオールハンドメイドです。

工芸品というか、芸術作品のようなブラシ。

お姫様気分が味わえるアイテムなんですね〜。

 

膨大な量の書籍の読み込みや、仕事なんかで思考力をフル回転させていると

いつのまにか自分が「女性」であることを忘れるんですよね。

 

身体感覚に自分が女である、ということを取り戻していくのは

とても大切なことです。

 

夜なら香水でも、センシュアルなランジェリーでもいい。

気分が無条件に上がるアイテムに触れる。

 

朝時間は、ブラッシング、呼吸法やストレッチをして身体に美意識を取り戻していきます。

f:id:laralight:20170727090234j:plain

もう5年は使っているでしょうか。

Mのところがかすれています(笑)

ブラシのお手入れもしながら、丁寧に使っていけば一生モノです。

26000円以上するブラシですが、与えてくれる価値からすれば安いものです。

 

男性の皆さんは、ぜひ彼女のお誕生日にプレゼントしてあげてください。

ピンクやホワイトの本当にお姫様が使っていそうなラインナップもあります。

とっても喜ばれると思いますよ♪

 

f:id:laralight:20170711174356j:plain

美髪を育てる。

 

天然の猪毛は頭皮の血行を良くして、髪に潤いを与え、静電気から守ってくれます。

なにより、この独特の刺激は気持ちが良いんですよね。

髪の毛をとかしていると、アイデアが湧いてくるほどいい刺激(笑)

 

f:id:laralight:20170727111301j:plain

《公式》英国伝統の最高級猪毛ヘアブラシ・メイソンピアソン

 

これらを済ませて、いつも早朝に

みなさんに元気をお届けするメルマガを書いているのです。

だから、「儀式」なんですね(笑)

 

想像以上の人生を送るアイデアとヒントがたくさん。

f:id:laralight:20120601180719j:plain

【朝の光景】主人を車で会社まで送りに

今朝は土砂降りで、

「会社まで送って行こうか?」

と主人に伝えると

ーうーん、助かるかも

とのこと。

 

台風並みの土砂降りで、会社につく頃には全身びしょ濡れになりそう

くらいの時は、いつも車で会社まで送るのです。

 

会社のみんなは電車・バス遅延で遅刻の中

主人は1人で涼しい顔して仕事を始めているわけです。いいでしょ(笑)

みんなのそういう目標になって欲しい。 

f:id:laralight:20170726195837j:image

送り届けた頃には雨は随分と小ぶりに。

 

私ができることなら、してあげる。

少しでも快適に会社でパリッと仕事ができるように。 

だから、雨が止んでしまおうが別に構いません。

 

これができるのは

ー車が運転できること

ー車を所有していること

ー私に時間に余裕があること

ー私がドライブが好きなこと

ー一緒に居たい、と思う人がいること

でしょうか。

 

私は、こういう事がとても「幸せ」と感じるのです。

「豊かさ」を実感し、それを誰かのより良い時間に役立てること。

これができたときに「幸せ」と感じるんですね。

 

はたから見れば、

「旦那を車で会社まで送り届けただけ」です。

 

お客さまに対しても、友人に対しても、大切な人に対しても

「自分の豊かさを誰かの役に立てる」

ということができたとき

本当の豊かさを実感できるときなんですね。

これを至福と私は呼んでいます。

 

自分の豊かさの定義は人それぞれ。

自分の「資産」は

モノもあれば、能力や技能もあれば、キャラクターや嗜好もあります。

 

それを誰かのより良いことに使えたとき

資産を活かすことができるわけです。

これを実感するとき、

私はすごく幸せを感じます。