幸せの探検

東京とハワイで自由気ままに活動中。ヒーリング・スピリチュアルカウンセリングのサロンを営んでいます。http://laral-ight.net/  幸せはなるものでなく感じるもの。夢を叶える、幸せに暮らす、自分の人生を生きる、地球とか宇宙とかをテーマに書き散らかしています。

素敵な仲間がたくさん集まる人

今日はお誕生日パーティにお伺いして来ました😄お友達ご夫婦の奥様の方のお誕生日。

 

いやー、終始すごい熱気でした(笑)
お料理も美味しかったし、楽しかった〜✨⭐

 

芸能人もミュージシャンも会社の社長もNPOの会長も、15時から飲んじゃうと関係ないですね(笑)

 

私はお酒がまったくダメなので、ナチュラルハイです😅

 

ご自宅にこれだけおもてなしできるキャパってすごいです。と言うか、たくさんの素敵な仲間が集まる人はやっぱり素敵です😊

f:id:laralight:20170227052549j:image

f:id:laralight:20170227052622j:image

f:id:laralight:20170227052557j:image

f:id:laralight:20170227052617j:image

バイクショップへ

バイクを車検に出して来ました(^-^)/

 

やっぱりここに来ると気分が無条件で上がる〜

バイクショップの整備士さんがイケメンってのもあるんだけど(笑)

f:id:laralight:20170225181239j:image 

f:id:laralight:20170225181242j:image

f:id:laralight:20170225181247j:image

 

『解決策とは「現在」と「未来」の間に違いを生み出す作業のこと』どうして私はこうなのか…を思考することがどれだけ無駄なことなのかをわかりやすく説明

原因の中に解決策があるとは限らない

どうして自分はこうなのか・・・。

f:id:laralight:20170223093055j:plain

これを思考するほどエネルギーの無駄遣いはありません(笑)

 

でも、かなりの方がこれにものすごく時間を費やしています。

 

現状に不平不満を抱いて、もっと自分を変えたいと思ったとして。それはいいんですが、「なぜこうなっちゃったのか」というところにフォーカスしても殆どが無駄な作業です。

 

それは、殆どがあまりに原因特定に時間がかかりすぎる複雑な問題だからです。

 

あなたの現状の原因を特定するには、生きてきた過去数十年分を分析する必要があるでしょう。スーパーコンピューターでも無理です。

 

子供の頃のトラウマ問題を探すことが役に立たない理由

例えば、よく心理学で言われるような「子供の頃の家族関係」が原因。というやつですが、子供の頃の家族関係が悲惨な人も立派に育っている場合がありますね。

 

私の方がより悲惨だったのでしょうか。

それとも、悲惨具合が異なったのでしょうか。

 

その違いを見極める時間をかけるなら、もっと違うことを今した方がなんかうまくいきそうな気がしませんか?

ということなのです。

 

今何をしたら、欲しいものや目的やゴールに近くなるのか、これが「解決策」というやつです。

 

でも、なかなか解決策を見ようとしないんですよね。

やろうとしません。

 

どうしてこうなっちゃったのか、なぜこうなのか、現状の原因の特定に

みなさん勤しむわけです。

 

おそらく、原因が分かれば解決策が分かるんじゃないかと思っているのでしょう。

違います。

 

もちろん、原因が分かれば解決策が出てくるものもあります。

ただし、それは簡単な事象です。自分にとって既知の問題と言ってもいいでしょう。

問題:なぜコップが割れたのか。

原因:それは落としたから。

対策:次から落とさないように工夫しよう。

です。

 

問題の構造が明らかなときに有効な取り組み方です。

 

解決策とは「現在」と「未来」の間に違いを生み出す作業のこと

複雑性の中のでは問題要因がたくさんあるため原因特定に時間がかかるんです。

 

人間が生きている中での問題というのは、そのほとんどが単純なものではありません。複雑でいくら考えてもわからないものだらけです。

f:id:laralight:20170126160733j:plain

原因特定のための計算や演算に時間や労力をかけないで、解決策は何なのかを探すこと、ここにフォーカスすると現在と未来に「違い」が出てきます。

そりゃそうですよね。

今までと違うことをするわけですから。

 

原因特定は、現在と過去の間の因果関係をほじくり返して思考しているだけですから、「現在」と「未来」の間に違いを生み出すことを作り出せません。

 

実はこの違いの中から、原因は分かってくるのです。

 

原因は後から分かる。

 

あぁ、そういうことだったのか、と。

f:id:laralight:20170114082455j:plain

 

自分が成長して初めて分かることがありますね。

人の気持ちがわからなかった。

自分にどれだけ自信がないかわからなかった。

ものごとがどのような仕組みで動いているのか、見ている世界が狭かった。

などなど。

 

この観点にこないと、見えないもの。

それが「原因」の正体です。

「原因」と「あなた」の位置関係です。

「原因」がみえなかったからあなたの「問題」になったのです。

「原因」が分かっていたらそもそも「問題」になってません。

 

原因が分からなくちゃ、解決策って分からないじゃん、と思われるかもしれません。

いいえ、解決策を既にやっちゃった人に聞けばいいのです。

ゴールしている人に聞けばいいのです。

いろんな解決策があるでしょう。

自分に合った方法で、解決策を実行していくんです。

 

少なくとも、どうして私はこうなのか…と考えている間にもっと有効な時間の使い方ができるようになっているはずです。

 

そして、少しずつ自分の行きたい方向に舵を取っていくことになります。

違うやり方のほうが合っているな、と思ったらやり方を変えればいいのです。

f:id:laralight:20170112095102j:plain

原因の特定は後!

 

まず、解決策にフォーカスする。ゴールに近くなるためにはどうしたらいいのかを知っている人に聞くこと。

書籍を読んでもいいでしょうし、ネットで探してもいいでしょう。

もしかしたら、かなり身近なところにヒントや答えを持っている人が見つかるかもしれません。

 

原因を求めるのではなくて、解決策を求めてください。

ご安心ください。原因は後からちゃんと分かります。

 

それが、自分がどれだけ成長したか、ということなのです。 

f:id:laralight:20170112095041j:plain

 

【エネルギーマネージメント】運気の停滞や倦怠感を作り出さないために。決断の先送りは未消化のエネルギー

未消化のエネルギーとは

私はセッションに占いは使いませんが、確認程度に「算命学」「万象学」でよく使われている「エネルギー値」は見ることがあります。

※知りたい方はググってみてください。

f:id:laralight:20170221100941j:plain

だいたいは直感でその方のエネルギーがどれくらいというのは分かるので、確認程度です。

 

エネルギーの値は、大きいから小さいからどうの、という風には見ません。

その方が決めてきた「道のり」のようなものだからです。

 

よく、「人の器」と勘違いされる方がいらっしゃるのですが、エネルギーの値は人間の器とは関係ありません。

人間性を磨いていくしか、器を大きくしていく方法はないのです。

 

最近、面白いことを知ったのは、「エネルギー値」が大きい人が何もしないでいると、病気にしてエネルギーを処理・消化しようとするらしい、ということを知りました。

へー、と思いました。

 

何故って、病気になる原因は全て「こころ」にあり、こころを治すと病気が治る、と教わってきたからです。

 

もちろん、そういった側面を病気は持っていて、自らがもう必要なくなった心理的習慣やネガティブな感情を貯めに貯めて、そろそろカラダの外に出しましょうねぇ〜という機能はあります。

 

しかし、有り余ったエネルギーを使うために病気になるという発想はありませんでした。まぁ、浄化にもなりますし、治癒するためにエネルギーをたくさん使いますからね。

 

未消化のエネルギーとはなんでしょうか。

算命学や万象学上では、一生をかけて使うエネルギーの総量、という解釈になっているようです。

ですから、動き回りたいとか、たくさんのことを同時にやりたいとか、パワフルにがんがん何かの活動をしたいとか、エネルギーをたくさん使う人生を選んできた、とも言えるのです。

 

自分で選んで持ってきた総量ですから、効率よく燃焼させないといけません。

 

私は自分の「エネルギー値」を知る前から、なんとなく調子がいいときの自分の使い方が分かっていて、自分のエネルギーを効率よく燃焼させられなかった時に「あぁ、ススが溜まってんなぁ」という感覚がありました。

 

運気ややる気まで停滞してくるのです。

ですから、私はエネルギーマネージメントが上手にできる前は、寝るかスポーツで汗をかくかどちらかをとにかくやっていました。

 

因みにスポーツはエネルギーを使うことが分かると思いますが、寝ることもエネルギーをすごく使います。

お年寄りって寝てられないですよね?

赤ちゃんはずっと眠っています。

眠っている時に無意識が猛烈に働き出しますので、睡眠は実は驚くほど純粋にエネルギーを使うのです。

 

エネルギーを使わない代表格は「TVを見る」ことです。

受動的にただ情報を受け取っているだけで、なんら自分のエネルギーを使いません。

あとは、ルーティーンでしょうか。

毎日が代わり映えしない、目をつむっていてもできるくらいのことばかりだと、自動運転みたいなもので、省エネモードになっていると思ってください。

 

エネルギーの大きい人がこういった毎日を送っていると、「なんか毎日が物足りない」「運気が落ちている感じ」「眠気・疲れ・倦怠感がある」という症状が現れてくるのです。

 

これが行き過ぎると、どうも健康を害してエネルギーを燃焼するモードに入るようなのです。

 

決断の先送りもエネルギーを未消化にする

f:id:laralight:20000101000018j:plain

最近感じてるのが、とっとと決めてとっととやっちまった方がエネルギーが回るなぁという感覚です。

 

みなさん、ネットでお買い物する時にポチったものを「カート」に入れますよね。

欲しいものを選択して買い物かごに入れます。

 

決断とはー決済ボタンを押して品物が届くのを待つステータス。自分にボールはありません。

決断の先送りとはー買い物かごに入れっぱなしの状態にしている、と思ってください。

 

買い物かごに入れっぱなしにしている状態は、自分の脳のメモリー領域を食います。

エネルギーがほそぼそと流れて、漏電の様な状態。

エネルギー燃焼効率は低く、ススがたまります。

もったいないですね。

 

買う、買わない。

やる、やらない。

はっきりさせればいいのです。

 

思い切って決断した後は、エネルギーの大きい人は動いたら良いのです。

そのための決断なのですから。

やらない場合は、次の目的へ。

やると決めた場合は、具現化へ。

 

脳内会議をもっとしたいなら、今は考えない。

一週間後に再開、とすれば良いのです。

とにかく、モヤモヤを置いておかないこと。

 

面白いことに、その方がうまく回っていきます。

ものごとが流れていくのです。

なぜって、それが自分が選択してきたエネルギー量だからです(笑)

 

また自分のことだけ、お家のことだけ、身内のことだけよりは、社会に貢献するようにエネルギーを使っていくことも大切です。

お金になるかならないかは問題ではなく、自分の生きていくためのエネルギーをどのように上手に使っていくかが問題なのです。

それを学ぶためにエネルギーを持ち越してきた、という事も言えるでしょう。

 

いちばん燃えカスが溜まる生き方は、やりたいことをやらないこと。我慢することです。

なんだかんだ理由を付けて、やらない。

できない理由をとにかく見つけて、避ける。

これを繰り返していると本当に停滞して疲れます。自分のエネルギーにメルトダウンしてくる感じですね。

非常にもったいない。

 

 

エネルギーの小さい人は、その逆です。

いかに、楽ちんに、合理的に、簡単に、省エネルギーレバレッジをかけて人生を大きく回すか。小さい幸せで至福の歓びを味わっていただいてもいいです。

それで良いんですね。

f:id:laralight:20170126160848j:plain

まぁ、エネルギーのことを話し出すと際限がなくなるので、今日はこのへんで(笑)

 

燃えカスをためないエネルギーの使い方。

思考・感情・行動。

これらを上手に、心地よく、自分らしく、自分のトリセツを知っていきましょう。

鎌倉で麹作りにチャレンジして来ました😄

鎌倉で麹作りにチャレンジして来ました😄

 

味噌や塩麹は仕込んだことはあるんですが、麹を作れるって知らなくて。

アマゾンで麹菌売ってるんですよ!
で、コツが分かればぜんぜん簡単でした♪

 

主催はわらじデリの高山晴代さん
http://warajideli.com/

 

菌の世界は奥が深くて、宇宙を感じるなぁ(笑)
ちょっとハマりそうな予感😅

 

植物には毒がありますが環境を整えていってあげたら、毒性が無くなってしまったのが麹菌らしいです。

彼らの人間との共生関係を選択したところに意思の様なものを感じるんですよねー(笑)

化学工場の様に不思議な働きにも驚かされますが、自然の不思議にも驚かされます😊

 

昔はどこのご家庭でも当たり前に作っていた麹などの発酵食品。本当に豊かな食文化だと思います。

 

これから、麹から手作りの美味しい自家製塩麹を仕込みます👍

麹菌が住まういいお家にしたいんですよねぇ(笑)

f:id:laralight:20170220120306j:imagef:id:laralight:20170220120311j:imagef:id:laralight:20170220120319j:imagef:id:laralight:20170220120330j:imagef:id:laralight:20170220120335j:imagef:id:laralight:20170220120340j:imagef:id:laralight:20170220120351j:imagef:id:laralight:20170220120401j:image

 

小さな役があるのではなく、小さな俳優がいるだけだ

There are no small parts ,only small actors.

ー小さな役があるのではなく、小さな俳優がいるだけだ

f:id:laralight:20170217090517j:plain

ハリウッドにはこんな言葉があるそうです。

 

ある海外ドラマのジャパンプレミアで、来日した俳優さんがこうおっしゃっていました。

ー僕はもともと1話だけの役だったんだ。

ーでも、アメリカには”小さな役はない 小さな俳優だけがいる”という言い回しがあるから、この一度きりのオーディションをめいいっぱい楽しんだんだ。

 

すると、後にこのエピソードの監督がメインプロデューサになり…

この俳優面白いから、もうちょっと使ってみようということになり…

後にスパイ役になって何話目かに死ぬ設定だったのに…

メインプロデューサーがレギュラーにしちゃおうよ、と押してくれたのだとか。

 

もともと僕の役は1話だけのはずだったんだけど、こうして日本に来ることができているんだから奇跡だよね!

と笑っていました。

 

もともと想定されてなかった登場人物を、俳優の力量で脚本を書き換えることができちゃったわけです。

 

面白いですね。

ほほー、と思いました。

 

 

今やっていること、取り組んでいることはどのような姿勢でしょうか。

特に仕事なら、影響大です。

今の仕事はとるに足らないこと、と思って取り組んでいるなら、それ以上の発展を見込むことは難しいでしょう。

 

何をやっているかより、どう取り組んでいるか。

それが後々の発展に影響が大きいのです。

なぜって、未来は現在の意識の延長線上にあるからです。

未来を変えたければ、未来を変えようとしないことです。

それは現在を否定することにつながるから。

 

未来を変えたければ今の意識を変えること。

 

また、何をやるかより誰とやるか、という言葉もありますね。

 

自分を大きく変えるきっかけになるのは、大概誰かのおかげです。

チャンスは誰かが運んできてくれるものです。

自分一人でできることはたかが知れています。

助けてくれる誰かのおかげで、大きな変化を得ることができるのです。

 

この俳優さんも、レギュラーにしちゃおうよとプロデューサーが押してくれたからでした。

しかし、この俳優さんの運が良かったのは、一話だけの小さな役で一緒になったその時の監督が大出世したというのが大きいんですよね。

 

この運気を運んできたのは、自らの意識です。

自分の中でずっと大切にしていた考え方。

 

There are no small parts ,only small actors.

ー小さな役があるのではなく、小さな俳優がいるだけだ

 

だから、小さな役だからと手を抜くことなく、出来る限りの力を振り絞って、ベストを尽くして役を演じきった。大いに楽しんだ。

 

その結果、シナリオさえも変えてしまったのです。

 

人生の中で、「小さな出来事」も「小さな仕事」も「とるに足らないこと」もありません。小さくしている自分がいるだけです。

 

禅の中にも同じような考え方があります。

 

ー楽しいことをするのではなく

 することを楽しむ

 

『今』あなたの意識の中身はどうなっているでしょう。

それが未来を創ります。

f:id:laralight:20170217090417j:plain

 

 

 

 

自分にぶれない軸があるということは、必要な相手が自分を見つけるという感覚

自分を理解してから軸を作ろうと思っても遅い

いろんなものに影響を受けて、不安定になりやすい方は

「自分に揺るぎない軸が欲しい」

と思うでしょう。

f:id:laralight:20170213090530j:plain

でも、自分の軸ってのがいまいちよく分からない。。

だからいろんな人の言葉や態度が気になって、影響を受けてしまう。

 

だから、自分という軸を見つけなくちゃ。

自分って何なのかを知らなくっちゃ、と思うと思います。

 

 

因みに、人は自分のことを一生かけて知りますから、自分のことが分かってから自分の軸を建てよう、と思うとだいたい死ぬちょっと前くらいに願いが叶うことになります。

 

遅いですよね(笑)

 

 

『観る世界』と『観られる世界』という意識の位置を意識する

メルマガで「見ている世界と見られている世界」のお話をしました。

気になる方はメルマガ登録してください(笑)

31話目に出てきます。

f:id:laralight:20170213090258g:plain

 

 

あなたがどっちの立場で自分を見ているか、世界を見ているか、これだけで軸を作ることができます。

 

「見ている世界」と「見られている世界」

 

見られている世界の住人は

◯あの人は私のことをどう思っているのかすごく気になる

◯浮いたり目立ったりするのが大嫌い

◯特別な存在になりたい

◯いちいち人の言動が気になる

というようなことを常に考えています。

 

まぁ、もちろんどちらも片足突っ込んで生きているのですが、

「見られている」ことを意識する比重が、

自分がどう感じ、どう考え、どう思いたいかより

ものすごく高いのです。

 

結果的に、他者の評価を基準に自分の幸せや在り方を築いていこうとしますので、自分のほんとうの欲求と違うことが多くなります。

当たり前ですよね。

 

私を本当に理解してくれる人なんて居ない、という特殊性は見られている意識

私の本当の感覚や、私の本当の気持を理解してくれる人なんて居ない。。

そう思ったり感じているあなた。

世界が狭すぎます。

(私は学校という狭い世界にいた時は友達殆どいなかったですよね。社会に出て、いろんな人と出会ってから友達がたくさんできるようになりましたよ。) 

 

見られていることを意識している世界に、共通の感覚をしている人はほぼ0に等しいでしょう。

 

でも、自分が見ている世界に突進している人。

我が道を行く

突き抜けちゃってる人

イッちゃってる人

出すぎちゃってもはや打てない杭になってしまった人

ってのが世の中には少なからず居るんです。

 

その人と知り合いや友だちになってみてください。

ぜんぜんタイプや性格や趣味嗜好も違うのに、なんか通ずるものを感じるはずです。

 

自分が見ている世界というのは、

◯どう評価されるか分からないけど、自分ができることをやる

◯自分が本当に望んでいることをする

◯誰にでも好き嫌いがあるのは当然と思う

◯ものの本質を見極める

◯条件で判断しない

◯どう思われるかより、貢献できるポイントを探す

 

などです。

 

さて、こんな感覚で生きているとそのうち面白いことに気が付きます。

 

自分がうおさおして、のたうち回って何かを探そうと思っても見つからなかったものが、気がつくと目の前にあった、みたいなことが起こりだすのです。

 

えー、マジでこれありえないでしょ〜。

みたいなことです。

 

そう、自分が動くんじゃなくて

世界のほうが動いている

そんなことが起こり始めます。

 

というか、そこに気が付き始めるというのが正解なんですけどね。

 

 

すると、世界のほうが動いていますので

自分が必要な相手を見つけるために探し回るのではなくて、

相手の方が自分を見つけてくれる

という感覚になっていくんです。

 

これは取りも直さず、

私の夢を叶えてくれる相手から返ってなんか喜ばれちゃった、てへっ。

という現象が起こるんです。

 

実際、私が先日新しい企画を持っていった相手から、

「うわー、盛り上がる!これ実はずっとやりたかったことなのよ。僕の人生でずっと温めてきたことだったからさぁ、すごい嬉しいわ。」

と言われてしまいました(笑)

 

ーいやぁ、私はこれずっとやりたかったことで。この企画は◯◯さんと出会えたから具体化できた企画なんですけど。

 

そう、別に探していたわけでもなく、ある時目の前に現れたんですね。

お仕事とか関係なく、自分が遊びに行った旅先で出会いました。まさか一緒に夢の仕事ができるとは露とも思ってません。

 

よく人生のクリエイターとかって表現がありますが、本当に自分の人生を創造できると思っていますか?

いませんよね(笑)

だから思い通りにならないわけです。

 

簡単に人生をクリエイトするという視点を持つことができます。

まずは、「見ている世界」の住人になること。

ここから始めてみてください。

 

以前に行なった「生まれ変わりのワーク」というのは、この観点を呼吸法と紐付けたワークなんです。

 

呼吸法をしながら、自分の意識の位置がどこにあるのかを常に思い出していただく、そういうワークになっています。

 

感覚としては

 

自分が探し回るのではなくて

必要な相手が自分を見つけるという感覚

を作り込んでいきます。

 

 

これを、3/20の琵琶湖ホテル 極上台湾茶会でショートバージョンをやります!

宣伝もちょっとさせてくださいね(笑)

あと2名様です。

laralight.hatenablog.com

 

そして、

【お知らせ2】がございます(笑)

 

2月24日(金)AM10時30分〜12時00分

ぶれない自分軸を作るトークセッション&生まれ変わりのワーク

f:id:laralight:20170107135516j:plain

今回も厄除け招福ぜんざいを振る舞います。

日にちを決めて、なんかあるのかしら?と調べたら「一粒万倍日」でした。

一粒が万倍になるなら、百粒の小豆を食べて億倍になった方がいいですよね!

(って、計算合ってますか 笑)

 

90分のショートバージョンなので、前回より価格抑えめの10000円です。

そしてなんとウルトラ厄除け招福ぜんざい付き!

なぜかというと、無農薬無肥料自然栽培の小豆ともち米のスペシャルしるこだからです。今回は玄米餅を作ります!

 

オンラインでも配信します。

録画動画をご覧になりたい方もOKです。価格はオトクな8000円です。

 

 

2月24日(金)AM10時30分〜12時00分

ぶれない自分軸を作るトークセッション&生まれ変わりのワーク

生まれ変わりのワークが生まれた経緯がこちら

トークセッション・プログラム

◯なぜ他者目線や他者評価が気になるのか

◯前向きと後ろ向きのほんとうの意味

◯自分が本当に望んでいることをするために

◯好き嫌いを許す、好き嫌いは個性

◯ものの本質を見極める

◯条件で判断しないために

◯どう思われるかより、貢献できるポイントを探すという観点

◯自分軸を羅針盤にする必要性とその理由

 

日程  2月24日(金)AM10時30分〜12時 その後懇親会的にぜんざいを振る舞います。

参加費 10000円

    オンライン、録画動画でご視聴は8000円

場所  東陽町サロン(場所はメールにてお知らせ)

f:id:laralight:20170108164616p:plain

 

あなたにお会い出来ることを、楽しみにしております!