Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

好きなことを思う存分できる体力・気力の作り方

ケトン体代謝の驚異的な持続力

 

昨日はなんと4時半起きで寝たの3時過ぎ(笑)

22時間30分の活動時間でした。

23時間ほど、起きて動いていた

ということです。

 

自分で言うのもなんですが驚異的な持続力(笑)

 

ただ起きていたのではなく、

かなりの肉体労働と、長時間の打ち合わせに、長距離のドライブと

ずいぶんと頭も神経も肉体も使ったわけです。

万歩計は11014歩でした。

 

ただしながら、

とった食事は

AM4時半 起床 オーガニックのグラスフェッドプロテイン(抹茶味)

PM12時 バターコーヒー(グラスフェッドバター15g MCTオイル14g)

PM3時  ここでいきなり揚げたて春巻き2本

    (お庭で取れた玉ねぎとニラで作って頂いたもの)

PM22時 帰宅 具だくさんスープ、サラダ、チリビーンズ、イチゴ

AM2時  寝る前に猛烈にお腹が空いてミックスナッツ

 

カロリーベースにすると、1100カロリーくらいです。

通常の栄養学的には怒られるような食事ですね(笑)

こんな少食でお腹空かないの?辛くないの?と思うかも知れませんが、

ケトン体がちゃんと出て、エネルギーが回っていれば

空腹感はありません。

油脂類は腹持ちがいいですしね。

 

日頃は、ゆる糖質制限で80〜100gと

緩めにやっていますが

身体が一回ケトン体代謝に作られてしまうと

やはりここぞという時にエネルギーがガツンと出てくるようです。

 

このコツは、いちど超低糖質までいってみる。

一日30〜50g以下くらいまで落とします。

これで日常をおくれる身体は、確実にケトン体がかなり出ている証拠です。

※超低糖質制限は、分子栄養学の十分な知識が必要ですので

安易な実施はお控えくださいませ。

 

そして、MTCオイルなどを使いながら

いざという時にケトン体が出る身体にしておくことです。

ちなみに、プロテインやバターコーヒーなどの

必要最低限のタンパク質や脂質をとりながらの長時間の絶食または少食は

ケトン体が1.0mmolくらい出ちゃうのが

超低糖質を維持していたころの私の値。

(主人は0.2mmol)

 

少し緩めにした低糖質ライフは

ご飯や果物もいただきますが

糖質を毎日100gくらいとると

ケトン体自体は0.1〜0.2mmolくらいの分泌量でした。

 

出したい時に驚異的なパワーを出せる

しかも、日常はゆる糖質制限でOK

 

あと眠気がでないというのはやっぱりメリットで

例えば、

打ち合わせの際に私以外の方は

アイスクリームや白玉あんみつなどをみなさん食べていらしゃいまして

食後の眠気に襲われている様子がみえるわけです。

 

そりゃ、肉体疲労の後の打ち合わせなんて

ただでさえ眠くなるのに

アイスクリームやジュースなんか飲んでいれば

血糖値の乱高下が起きますから

まぶたが落ちてくるのは当然です。

 

そういったものを回避できたのも

ありがたかったと思っています。

どんな時でも、頭冴えさえ。

 

また、帰りの高速道路は

疲労困憊と食事をとっていないせいもあって

ーやばい、疲れて集中力が落ちているから気をつけよう

ということに気がつくことができて

かなりの速度超過はあるものの(笑)

事故も起こさず、警察にも捕まらず

帰ってくることができました。

 

遅めの食事を摂ると

みるみると元気になり(笑)

18時間くらい経った頃に気がついたのは

アドレナリンが出すぎて眠気がない…

 

長時間動ける身体が手に入ったからといって

あまりにぶっ飛ばし過ぎてると

奴隷のように働ける身体になるようで嫌ですが(笑)

 

たぶん、WantToしかやってないので

エネルギーが回る、身体が動くんだと思いました。

 

「やりたいからやる」

 

体力、気力が長時間続く

これも重要なポイントです。

 

ToDoリストHaveToリストは私のスケジュールにはないんです。

WantToリストはたくさんあります。

 

これで大変なストレスや不安を抱えていたら

それだけで相当のエネルギーを使ってしまいます。

いくらケトン体が出ていようと

やる気の充実や長時間稼働は無理です。

 

睡眠をあまり必要としない身体

そして、翌日。

AM8時ころに起床なので、5時間くらい寝たでしょうか。

身体に軽い筋肉痛や疲労を感じるものの

気分はいい感じです。

 

ただしながら、冥想の習慣があるので

脳が疲労を睡眠中になんとかしなくっちゃ〜ってやらんで済んでいる

可能性は高いでしょう。

 

好きなことを思う存分できる体力・気力をつけるには

やっぱり日頃の「脳」「身体」の状態を良い状態にしておくこと

これが肝です。

 

朝から12Lの土を5袋ほど運び

家のベランダの整理整頓をしました。

ハーブ類の苗を買いっぱなし、土も買いっぱなしだったのです(笑)

 

面白いもので、人の体って

やっぱり鍛えていくと慣れていきます。

私は女性ですが、かなり筋肉の質が変わり密度が上がったように思います。

見た目は変わらないのですが、重いものを運んだり持ち上げるのも

ずいぶんと簡単になってしまいました。

 

f:id:laralight:20190520172308j:plain

ブルーベリー、ローズマリーオレガノ、セージ、ディルやタイム、パセリにバジルに

リーフレタス類、行者にんにくと

食べられるものにしか興味のない私(笑)

f:id:laralight:20190520172317j:plain

この土で収穫を楽しみに…(笑)

 

f:id:laralight:20190520172311j:plain

いわゆる都心のハーブガーデンができました。

(本当は全部土を入れて、畑にしたいんですが…洗濯物が干せないのでやめてくださいって主人に言われています 笑)

 

次は、バルコニーにテーブルとチェアを置いて

アウトドアカフェスペースを作ることを計画中。

 

まとめ

◎ケトン体代謝の体つくりはマスト
◎その後は毎日カリカリに食事コントロールをする必要はない
◎不安や緊張、ストレスを抱えない生活
◎やりたいことをやっていて楽しい
◎運動や冥想、芸術などの心身の状態を良くする習慣がある

 

大統領のように働き、王様のように遊ぶ

 

って、昔CMのキャッチコピーがありましたね(笑)

それが欲しい方はご参考にしてみてください。

誰も感謝してくれない…で苦しい人の心の癖とは

誰も感謝してくれない…から抜け出す

誰も感謝してくれない…

f:id:laralight:20190517130608j:plain

この気持ちになると、辛いんですね。

孤独感、徒労感、報われていない気持ち、認めてもらえていない気持ち…と

欲求不満のガスが溜まりに貯まって

膨張し続け張り裂けそうになります。

 

この内側の圧力に耐えられるうちはまだいい。

 

耐えらなくなると

圧力が外に向くと「突然のブチギレ」

圧力が内に向くと「病気」

になります。

循環器系や胸に発症が出てくるでしょう。

 

結論から言うと、

感謝してくれない…から抜け出すには

感謝する自分に気がつくしか方法がないんです。

 

この道のりはちょっと遠いんですが、

癖を根気よく一つずつとっていけば

見違えるほど軽くなります。

 

そもそも、なんで

誰も感謝してくれない、という感覚が出てくるのでしょうか。

自分がものごとを見ている観点はどこにあるのでしょうか。

 

誰も感謝してくれない…で苦しい人の心の癖

感謝するべき!

というHaveToが多い人も

感謝しない人を見ると腹立たしく感じるものです。

 

また、見返りを求めていると

返してこない人に腹がたちます。

 

さて、このマインドの共通項

どこからスタートになっているかという観点なんですが

 

誰か自分のことを認めてくれ!

 

という想いが強いひとは

きちんとしよう!こうするべき!が強くなり

もっと私を見て!が多くなり

 

その反応がないとひどく心に引っかかる

 

ようになります。

 

誰か自分のことを認めてくれ!

 

これって要するに

自分のことを認められないから

誰か自分のことをOKって言ってくれよ

という心の叫びなのです。

 

弱い自分、ダメな自分、できない自分が許せない。

だから自分をまるごと認められないので

強烈なコンプレックスを持つという

自己矛盾で苦悩する

歪んだところが少々あるのです。

 

自己承認欲求を満たすのはエフィカシー(自己能力評価)

さて、対策ですが

エフィカシーを上げるのが最優先になります。

自己能力評価です。

自分ならできる!と思える力が強いこと。

 

そして、誰に認められなくても

誰に見られていなくても

自分のやりたいことをやっているという「満足感」が必要になります

 

その満足感がないと

感謝なんてできないんですね、人間て。

よほどのできた人なら別ですが。

 

あぁ、やりたいことができる!

チャンスが来たことや、今できているという幸運が

やらせていただいてありがたい…

という情動が湧いた時

 

さらなる誰かの見えないところの努力や

気遣いが見えるようになります

 

自らが、感謝を伝えるようになる時

いつのまにか

感謝の言葉をいろいろなところから聞くようになるのです。

 

感謝する気持ちが伝播してしまうからですが・・・

 

不満足の人たちは不満足を撒き散らす人が大好き

不満を撒き散らしている人の側には

不満を抱えている人が集まったり

不満足を思い出したりしてしまいますから

感謝する人間自体がいなくなるという現象がおきます(笑)

 

会社の人間の悪口を言い合う集いに参加していると

でもあの人ってあーゆー良いところがあるよね

とは言わないですよね。

たいがい、エスカレートして

さらなる不満や愚痴の拡大再生産が始まります(笑)

 

吐き出した本人たちは

あースッキリした、となりますが

残っているものは

「不満」「批判」「攻撃」「卑下」などの

トゲトゲもくもくオーラだけです。

 

このトゲトゲもくもくの情報空間で

感謝が思い出せるなら、相当の人だと思います。

 

不満足の連鎖を断ち、感謝の循環をスタートさせる

そこから抜け出したい

と想うならば、

まず自分の承認欲求を満たしてあげることです。

 

自分エライ!すごい!を連呼し(笑)

エフィカシーを上げてください。

承認欲求を満たすには、まずインナーチャイルドを癒やさないと…

とかって面倒くさいことはやらなくても大丈夫です。

 

そして、自分のやりたいことをみつけて

やるんです。

小さいことでいいんですよ。

あぁ、楽しいわ…って感じることを日々やるんです。

 

でないと、

「ああ、ありがたい。。」

という感謝の気持ちなんて感じることができません。

 

その、

「ああ、ありがたい。。」

と自然と情動として感じることができれば

それを継続するだけです。

 

自分に感謝の気持ちがあるということに気が付けないと

感謝されているということに気が付けないのです。

 

ありがとうって言ってるのに

聞いてない…という事象が起こります(笑)

笑い話のようですが、本当です。

 

それで、本人は感謝が足りないと怒ります。

 

自分の認知に「感謝」がなければ

周囲の情報空間の「感謝」に気がつくことができません。

 

自分の認知には「欲求不満」ばかりだと

周囲の情報空間の「不満」にばかりが目につくことになります。

 

自分の中には

「誰もしてくれない」ことだらけになるわけです。

 

まぁ、こう言っちゃ身も蓋もありませんが

誰も感謝なんてしちゃくれませんよ。

くらいに思っておいて正解ですから(笑)

 

それでも、自分がしたいか、したくないか

だけなのです。

自分が感謝するか、しないか

それだけです。

本当は。

 

自分が感謝すると満たされた気持ちになります。

この満たされている気持ち、情動が

自己承認の源になるのです。

自己承認が上手な人は、他者からの承認をそれほど必要としません。

 

自分がベストを尽くしたか。

自分が思いやりを持つことができたか。

 

問うべきはそれだけになるのです。

 

どうも、人格が高い人っぽい雰囲気ですよね?(笑)

見返りを求めず行動する人ほど

感謝をされます。

無私で人を助けるからです。

 

誰も感謝してくれない、という人は

本当にやりたいことをやっていないからです。

本当はやりたくなりことをやっているから、

とも言えますね。

 

自分が満たされた気持ちになる

何かをやりましょう。

たいそうなことじゃなくていいです。

 

すると、誰に感謝したら良いかもわからないような

いい出来事が起きたりするんですよ。

 

それは満たされた自分から

漏れこぼれた輝きが現象になった

ということなのです。

 

良いことが起こると

気持ちが大らかで大きくなり

誰かに良い影響を与えるものです。

 

感謝の循環のスタートは

自分を満たしてやることからスタートします。

f:id:laralight:20190517125911j:plain

 

梵字の瞑想効果は絶大だった件

素人お断りの梵字の世界

梵字ってご存知でしょうか。

一文字が仏様と同じことになっている、特殊な文字。

 

不徳のこころで手を出すと痛い目にあうと

その扱い自体に厳しい戒律が必要とするものです。

 

素人は安易に手を出してはいけない。。

師匠から口酸っぱく注意されていることですが

 

この理屈が分かった気がします。

 

さて、結論から言うと

非常に深い瞑想状態に入ることが分かりました。

f:id:laralight:20190515103232p:image

鳥が鳴きまくっております(笑)

深いα波が出まくるわけです。


f:id:laralight:20190515103240p:image

こちらは、梵字前。

まぁ、通常ですね。

ベータ波、ガンマ波が部分的に強く出ている状態です。


f:id:laralight:20190515103132j:image

書きます。書きます。

これが梵字の「阿」


f:id:laralight:20190515103249p:image

がー!!

ローデータを見てみると、

ものすごいの脳活動量です。

しかも広い範囲で。

これにはびっくり。。


f:id:laralight:20190515103135j:image

へのへのもへじを書いてみると…


f:id:laralight:20190515103156p:image

だいぶ落ち着いてきました。

全域と言うよりは

局所的に強く出ている周波数がありますね。

 

阿字百遍の驚異的な瞑想効果

『阿字百遍』という行法があるのですが

『阿』という梵字をひたすら書くんです。

ちょっと強いエネルギーのものなので、ブログには載せませんでした。

 

イメージ的には、『般若心経の写経』と

思っておいてください。


f:id:laralight:20190515103141p:image

集中とリラックスがこなれて来て

かなりの「無心」状態になってきたときです。

 

文字を書いている、

という手を動かす作業中でも

長時間深いリラックス、深いα波が出ていることが分かります。

 

 

心拍数センサーでの評価
f:id:laralight:20190515103236p:image
f:id:laralight:20190515103145p:image

ハートレートモニターでの評価。

10分間で心拍数60〜75が平均で

やっぱり、かなり落ち着いています。

 

 

モニタリングの時間は10分ですが、

阿字を100文字書こうとすると30分〜1時間はかかるんです。

その間に、このような深いリラックスが続いている意識の状態は

『かなり無防備…』

 

だから、清い心を持っていないと

魔が差して、自分の無意識にインプットしてしまいます。

また、周囲から妙なことが聞こえてきたり

入れ込まれたら

『無条件で受け入れてしまう』

ということになります。

 

だから、梵字はヤバイんです。

 

というのが私の結論。

 

マントラ梵字などが取扱い注意の理由

おそらく、深い変性意識に入りやすい作りに

作り込まれてきた集大成なんだと思います。

 

そりゃ、僧侶ってそんなことに24時間365日費やして

研究・鍛錬している人たちですからね。

 

赤ちゃんのようななんでも受け入れてしまう

意識の状態

 

これになった時に

無意識に妙なものがインプットされてしまったら

自覚できないまま

とんでもない方向に猫まっしぐら

です。

 

魔が差す

 

言い得て妙ですね。

 

だから、こういった強烈に無意識に働きかけるものを

扱う人は自戒に務める必要がある

と私は理解しました。

 

これは、自分の身のためです。

f:id:laralight:20190515103135j:plain

 

気を引き締めて、慢心せず、過信せず

でも楽しみながら

 

これからも日々是修行です(笑)

 

いよいよ脳波計に手を出して…

The Brain Sensing Head Band 『MUSE2❗』

米国サイトから取り寄せました。

脳波計

 

検証大好き、実験大好き、数値大好き人間のわたくし。

いよいよここに手を出してしまったか…という感じ(笑)

f:id:laralight:20190512105919j:image

本体、関税、送料込み込みで300$ほどでした。


f:id:laralight:20190512105915j:image

本体はこんな感じ。

f:id:laralight:20190515090431j:plain

このように装着します。

 

アマゾンなどでMUSEのバージョン1は売っていますが

MUSE2がどうしても欲しかったのは

脳波の他に、呼吸と心拍数を一緒にとってくれるセンサーが

ついたからです。

 

本当に脳波、脳の活動が知りたかったら

64個以上のセンサーと32bitくらいのサンプリング周波数を持つものを

購入したほうがいいんですが

(わたしの最終目的はここw)

ひとまず、脳波と付き合う最初にはこのモデルがよいかなと

いろいろ調べて決定しました。

 

簡易型の脳波が測れるデバイスってすでにかなり市場に出回っていました。

もっと高くて大きなものかと思っていたら。

 

MUSE2の使い方は簡単

使い方は、アプリをダウンロードして

Bluetoothで接続するだけ。

 

いい世の中になりました。

f:id:laralight:20190512121732p:image

ちゃんと信号が届いているかチェックしてくれます。


f:id:laralight:20190512121718p:image

私の脳波の平均値をとっています。

 

瞑想アプリに挑戦

f:id:laralight:20190512105934p:plain

メディテーションアプリで遊んでみます。

脳波がベータ波優勢(雑念がいっぱい)だと

雨の音が激しくなります。

脳波がα波になると雨がおさまっています。

更に深いα波になると、小鳥の鳴き声が聞こえてくるんです。

 

『鳴かぬなら鳴かせてみせよう時鳥』

って、やりたくなりますが、これが雑念(笑)

 

f:id:laralight:20190512105923p:plain

5分の瞑想を初めてやったところ、

なんとベータ波領域が0 

とても落ち着いている状態でした。

さて、鳥が鳴いた数が45。

これは多いのか、少ないのか…分かりません。

 

何回かトライしても

ベータ波領域が0…

ほんまに機能している??

というわけで、比較実験をすることに。

 

文章を書きながら、脳波を見てみました。

f:id:laralight:20190512105928p:plain

あ、ちゃんとベータ波出てるわ(笑)

文章書いているときでも深いα波が出ているのにはびっくり。

 

リラックスのトレーニングをしている人間とそうでない人の比較

 

私の日常、平常時のマインドを見てみると


f:id:laralight:20190515094703j:image

やっぱりずいぶんと落ち着いています。

Neutral よりも Calm の方が優勢です。

深いα波の状態がコンスタントに出ているのが分かりました。

 

よく、落ち着いているように見られるのですが

見られているんじゃなくて

本当に落ち着いていたんですね(笑)

 

 

リラックスのトレーニングをしている人間とどれくらい違いがあるのか、

比較実験を主人にもお願いしてみることに。

 

瞑想アプリに挑戦してもらいます。

「はい、深呼吸して〜。雑念を払って〜。」と(笑)

f:id:laralight:20190515095251p:image

ベータ波はそんなにないものの、

深いα波は出ていませんでした。

 

なるほど、

アクティブ領域は少なく、ニュートラルになっているので

上手に瞑想はできているものの

普通の人は深いリラックスが苦手なことが分かります。

 

 

心拍数で評価を行う瞑想も試してみます。

f:id:laralight:20190512121749p:image

 

 

 脳波リアルタイムモニタリングアプリ MUSE Moniter

 そしてこちらは、1800円と有料ですが

リアルタイムで脳波のROWデータが見れます。


f:id:laralight:20190512121741p:image

赤くなっている箇所がアクティブです。


f:id:laralight:20190512121724p:image

表示方法を変えることもできます。

 


f:id:laralight:20190512121727p:image

これは、脳波の読み方を学習しないと

このアプリが何を言っているの分からない…(笑)

 

ということで、脳波の読み方って本がないか調べてみる・・・

ありました(笑)

早速取り寄せて、学習することに。

 

なぜ脳波にこだわるのか

MUSE2や簡易型の脳波計測デバイス

表層の脳波しか取れません。

私の知りたいのは、奥の奥になるわけですが

それはかなり本格的なものになるので

次の目標とすることに。

 

ただしながら、それでもかなりのことを

検証・評価することが可能です。

しかも、数値で。

 

シータ波やガンマ波が出てるかどうかまで

この muse moniter というアプリを使えば

一応分かります。

 

また、深いα波が出る状態とは

どういう意識の状態なのか

これも分かります。

 

ある脳波の数値を出し続けると

いわゆる「奇跡」が起こります。

病気が治ったり、イルカやクジラが寄ってきたり

シンクロという現象が起きるのも

分かっています。

奇跡の起こし方を数値で実験・検証したかったわけです。


脳波の周波数に同期した人たちは

テレパシックな状態になります。

共感しやすいのです。

 

本当か?

これを確かめたいわけです。

 

もし、私のある仮設が実証できたら

自分の脳波をモニタリングしながら、

かなりのことが誰でもできる

というプランがあるんです。

 

まずは、コツコツ

データをとっていくことにします(笑)

日常にこそ、高級感が大切な理由

日常にこそ、高級感が大切な理由

 

シンプルな理屈で、

現状維持が脳の最大のゴールだからです。

 

生命の保存。

これがお仕事なわけですね。

 

え゛っ

じゃぁ、ステップアップって望んでいないの?

ってことになりますが

そうなのです。

脳(無意識)は、自己に変化してほしくないんです。

 

いやぁ、もっと成長したいし

もっとキャリアアップもしたいし

もっと幸せになりたいんです!

 

と思っていても、

無意識の方が数万倍威力がありますから

抗うのって無理なんですね。

 

じゃぁ、どうする?どうすれば??

ってのを分かっている人は

何をするかと言うと

無意識に働きかける技術を習得するんです。

 

その一つの方法論として

日常の自分をブラッシュアップする

ということを今日はお伝えします。

 

 日常付き合う自分自身のイメージを変える

自己像って変えるの難しいんですよ。

 

この難しいことを簡単にやってしまえるように

お手伝いをするのが私の仕事なので

いろいろ研究をしているわけですが。

f:id:laralight:20190514102056j:plain

例えば、毎日エルメスのテーブルセッティングで

食事をしてみてください。

かなり自己像変わります。

いい意味で勘違いすることでしょう。

 

実際にあった事例で

ある現場での出来事ですが、

装束を着付けされていたエキストラの人たちがおっしゃってたことです。

「やばい、俺偉くなった感じする!?(笑)」

「うん、するする(笑)」

f:id:laralight:20190514111933j:plain

1人につき、3人がかりで着付けをされ

まさにお殿様のような衣装と

お殿様のような扱いと振る舞いに

勘違いをするんです。

いい意味で高い臨場感を味わい、自己像が変わった瞬間ですね。

 

さて、この自己像が

ずっと保持されて「日常」になると

本当にお殿様になるわけですが

「日常」はサラリーマン生活に戻ったりするわけです。

上司に怒鳴られ、部下はてんで言うことを聞かないし…

嫁や子供には相手にされず…と

お殿様にははるか遠い自己像に戻ります。

 

この「日常」に「現状維持」されるわけです。

 

そこで…これからが大事になるんです。

 

日常の自分を今すぐブラッシュアップできるものは何か?

なにか一つで良いんです。

日常になりたい自己像を思い出す「現状空間」を作ります。

 

ヒントをいくつか載せておきますので

参考になさってください。

 

私の場合は「艶肌」です。

ハリとツヤ。

これが「ある」「今ある」ということをずーっと「現状維持」しています。

実は「肌」にも「質」があって

若々しさ、清々しさ、優しさ、高級感、高貴感、キュート感、清潔感、元気感、幸福感、輝き感…などなど

 

余談ですが

若い肌には高貴感や高級感って出ないんですよ。

そのかわりに、元気感、幸福感、キュート感ってのは多分に醸し出るわけです。

 

私はこの中の

優しさ、高級感、高貴感、清潔感、元気感、幸福感、輝き感

これらを自己像の中にほしいなと思っているので

この肌質を日々作るようにしているわけです。

f:id:laralight:20190514110039j:plain

これは、

「叶ったからある」んじゃなくて

「あるという意識を猛烈に作り込んでいるから叶う」んですね。

 

あぁ、もっときれいな肌になりたい…どうしたら…と

いつも、小じわとシミを数えていると

そのようになっていくんです。

 

この違い、分かりますでしょうか。

 

ステージアップしたい人はどうしたらいいのか

なにか日常に一つでいいんで

ステージアップしたらこうしたい!というものを盛り込んでおくのです。

 

コツ、ポイントは

それを見たり、触れたり、使ったりする時に

夢がかなった自分を思い出すよう何か

です。

 

感覚が変わるようなアイテムがいいんですよ。

 

毎日それを見て、モードが変わる

 

これを見つけてください。

 

日頃、自分が身をおいている空間に

夢がかなった時のアイテムを入れ込む工夫をするのです。

 

私の次の目標は、

大統領執務室にある机

これを日常に入れたい(笑)

 

こんなふうに考えて、楽しんでいます。

 

みなさんも、

自分だったら何を入れ込んだら

毎日がちょっとだけ変わるだろうか

自分のモードが変わるだろうか?

 

と探してみてください。

f:id:laralight:20190514115327j:plain

 

やる気NOTHINGの時にチェックするのは2つだけ!

やる気が出ない…

って、悩むこと自体にエネルギー消費・浪費があるので

これをやめたほうがいいんですが(笑)

 

やる気が出なくて困っている状況もあるかと思います。

 

で、こういう時の原因は2つだけなのです。

ざっくり言えば、

 

◎ゴミが溜まっている

◎栄養が足りない

 

これだけなんです。

 

ただし、物理的な事柄とエネルギー的な事柄が

ごっちゃになるので持て余して

何から手を付けていいかわからない。。

 

しかも、やる気がないんだから

そもそも手をつける気にもなれない

 

というところでしょう。

 

ですから、

やる気が落ちないように、日頃のメンテナンスが重要なんです。

 

というわけで、

そこまで落ちていない時にやっておくべき事柄を

まとめておきます。

 

ゴミが溜まっていないか?

f:id:laralight:20190513123917j:plain

ゴミの定義ですが、簡単に言うと不要なものです。

ただし、不要と要は「状況によって変わってしまう」んですね。

ここが厄介なのです。

 

いつも例えに出すのは、

誰がどう見てもガラクタにしか見えない人形があるとします。

これが、お母さんからもらった形見だとしたら

本人にとっては捨てられないのです。

 

しかしながら、例えば49日も過ぎて

遺品整理をしようと決断したら

不要なものとなります。

例えばの話です。

 

その人の、不要と要の境界線があるのです。

ここの線引ができないと

ゴミの判別がつかず、

捨てても良いものといけないものの区別ができません。

 

これができない人が

片付けられない人なのです。

 

自分にとって、必要なものとそうでないものの

境界線を決めておくこと

これが日頃からやっておくべきことなのです。

 

ほとんどの人は、

変わりたいけど変われないぬるま湯コンフォートゾーンが

それにあたります。

 

今、必要かどうか、で判断するはずです。

 

一歩先行く人は、

ゴール達成した自分は必要なのか否か

これで境界線を引き、断捨離ができる人なのです。

 

元カレとの思い出の品、とかがある人は

要注意ですよ(笑)

まったく新しいとんでもなく素敵な人との出会いには

不必要なもの、ですね。

 

これらは、物理的な側面ですが

 

心の中、情報にも

必要と不必要があります。

感情、記憶、思考パターン、これらはどうやって捨てたらいいの?

と思うかも知れませんが

 

基本的には、要らないと思ったら

想起させないことです。

人の脳はこれが苦手なので、

いろいろな方法論を発明しています。

 

呼吸法、瞑想法、ヒーリングや解放ワークや潜在意識系のテクニックは

これら(ココロや頭の中の不必要な情報)の断捨離です。

ご自分がやりやすい方法を見つけ

せっせと燃えるゴミの日に出すことです。

 

ストレスが溜まっているのも

ストレスで発生した疲労物質や老廃物が

脳や身体に溜まっている状態です。

 

ストレスリリースをせっせとやっておきます。

ひたすら寝るのもいいでしょう

ゆっくりお風呂に入るのもいいでしょう。

 

やけ食い、やけ飲みなどに走らないように

日頃から自分のストレスリリース法を見つけておくことを

おすすめします。

 

栄養が足りていないか?

f:id:laralight:20190513123740j:plain

これも、物理的身体とココロやエネルギーという抽象的なものと

両方あります。

 

まず、圧倒的に栄養が足りていない人が多いです。

ビタミン、ミネラル、タンパク質、良質な脂肪酸です。

 

少食で元気な人は

ちゃんと違うところからエネルギーを効率よく回す

方法論を実践しています。

 

我々のような一般人は

元気が無いときは圧倒的に栄養が足りていないのです。

 

とれたて野菜やもぎたての果物

安全安心の牧草牛、放し飼いの卵

新鮮な魚介類や、きれいな海で取れた海藻類を

たらふく食べましょう。

 

しかしながら、圧倒的に栄養が足りていない人は

そんなに食べることができないという

自己矛盾を持っています。

タンパク質が足りず、胃や腸が糖化しているため

消化力がないのです。

あっさりしたものしか欲しくない、食べられない…と

消化力が落ちまくっていることでしょう。

 

オーガニック神話を信奉せず

サプリやプロテイン飲料で補給してください。

体が機能するのに必要なエネルギーは

ADP(アデノシン二リン酸)がATP(アデノシン三リン酸)に分解される時に放たれる

エネルギーを使って動いています。

 

ざっくり言えば

食ったものが分解される時に放たれるエネルギーを使っているんです。

我々の身体が動くメカニズムって。

 

やる気でない…ってのは

脳の機能不全でも、内臓の機能不全でも何でもいいんですが

そこへ回復に回すエネルギーが足りていないということです。

 

というけで、

四の五の言わずに、食う!

これが一番なのです。

 

繰り返し申し上げますが

タンパク質とビタミン、ミネラル、良質な脂肪酸

これが再優先事項です。

ATPを作るには、コンビニ弁当やオーガニックスムージーでは

ぜんぜん足りません。

 

もう一つ、

抽象的なエネルギーの方ですが

これを得る手っ取り早い方法は

 

大自然の中に身をおくこと

 

これが一番です。

 

できれば、大自然の中で太陽を浴びたり

焚き火をして炎を見たり、あたったりするのが好ましいので

私は定期的にキャンプに行って

エネルギー補給をしています。

 

海派の方は、美しい海と波の音を

存分に楽しむと良いでしょう。

 

後は、元気な人の中に紛れるのも「手」です。

元気な人は放っているオーラの中に

本当に元気な「気」を含んでいます。

フォトンと言ってもいいでしょうし、

ポジティブな情報と言ってもいいでしょう。

 

他者のエネルギーを

吸うと干からびてしまうのでまずいですが

浴びるのは自由ですからね(笑)

 

ゴミ出しが先か、栄養補給が先か

ゴミ出しをして、スペースが空けば空くほど

栄養補給のタンクが大きくなります。

 

が、ゴミ出しするエネルギーがすでに残っていません…

という方もいることでしょう。

 

また、エネルギーをチャージすると

老廃物が勝手に出ていく、

という自浄作用が人にはあります。

 

こまめにお掃除

こまめに栄養補給

 

これをやっておくと、大きな断捨離やとんでもない栄養補給が

やってくるのです。

 

これを積み重ねると

「脱皮」「変体」「変容」ができる

というわけです。

 

さなぎが蝶になるかのごとく

時期が来ると、大きく変わるのです。

さなぎになる前に

芋虫はもりもり食べますよね。

 

断捨離だけしていても

なんだか魅力に欠ける人になってしまうのは

栄養を蓄え、何になりたいのかがないからです。

 

本気で羽ばたこうとする人は美しいのです。

 

というわけで、

ゴミ出しと栄養補給。

 

やる気がでないのは、あなたのせいではありません。

ただ、この2つが足りていないだけです。

 

ぜひ、日頃からやってあげてください。

ご自身のために。

周囲のために。

f:id:laralight:20190513123703j:plain

 

先祖供養と人間模様ー生き方とリレーションシップが問われているー

いきなり先祖供養ですか。お盆でもお彼岸でもないのに、、と思われると思いますが(笑)

 

雪解け後の主人の実家に帰り、

お墓参りをしたときにやっぱり周囲の状況も見るじゃないですか。

 

しっかりと、お掃除が行き届いているお墓と

廃墟の様相を呈しているお墓と、いろいろあったわけです。

 

そこで、思い出したことがあります。

 

以前に、高野山奥の院に参拝した際に感じたこと。

これをちょっとまとめてみます。

 

私が考える先祖供養とは、

結論から言うと

 

「生きている人間の生き方とリレーションシップが問われている」

 

ということです。

 

順を追って、説明していきます。

 

高野山で観た繁栄している会社とそうでない会社の墓

これに至る、きっかけになった高野山奥の院の出来事です。

初めてお参りした際に、面白い事象を垣間見ました。

 

奥の院に到着するには墓場を通り抜ける必要があります。

奥の院って基本的には寺ですから、

檀家さんの広大なお墓を有しています。

 

すんごいお墓(歴代の武将や歴史的な有名人)のオンパレードで、

一見の価値ありですが

神経や身体が弱い人は強烈に嫌な感じがするので

やめておいたほうが無難なところです(笑)

 

そこには企業が建てたお墓ってのもあって、

いろいろな会社がいらっしゃいました。

主に製造業が多いわけですが、

事故や怪我で亡くなった方を弔う意味合いが多いのではないかと思います。

もちろん、創業者がすんごいいい場所で眠りたい

あの世でもいいとろこに行きたい、みたいな

欲があるのかも知れません。

 

お金を積めばいい戒名を頂いて、いい場所に行けるという

思想がありますからね。

まぁ、それはどっちでもいいんですが

 

せっかく高いお金を払って立派なお墓を建てても

荒んでいるお墓と

きれいなお墓があったんです。

これは見れば一発で誰でも分かります。

 

で、会社を見てみると…

 

案の定、業績の良いところと

負債まみれでそのうち外国に買われてしまいそう...

という会社が見事に一致。

これには笑いました(笑)

 

私はこの事象を、どう考察したかと言うと

 

『生きている人間の関わり合い方が見えるようだ』

 

と感じたのです。

 

まぁ、こういっちゃなんですが

お墓のお掃除なんてボランティアですよ。

誰も褒めてもくれないし、お金ももらえないし、会社の人間が

好き好んで赤の他人の墓の掃除なんてしませんよね。

墓守なんて、かなり地味な作業ですよ。

 

でも、創業者の苦労や会社の組織の人間が不慮の事故で亡くなったり

慰霊を考えられる人間が

忙しい合間をぬって、どれだけ手間をかけれたか

という結果が「お墓の状態」に反映されているわけです。

 

他者や会社という赤の他人の空間に

どれだけ自分との関わり合いを見いだせるか

この抽象度を持った人間がどれだけ社内に居るか

 

また、あの人のために手を合わせたい

と思わせる魅力的な人間だったか

 

ということも大きいと思います。

 

いずれにせよ、

生きている人間の問題なわけです。

 

こんなことを感じて、考え

高野山から帰ってきたわけですが

 

同じ様相を、先日お墓参りした際に垣間見た感じがしました。

 

荒んだ墓と、整えられているお墓。

お墓に入っている人たちと、今生きている人たちとの関係性

これが透けて見えるようでした。

 

故人を偲ぶほんとうの意味

お墓のお掃除を開運法にしているアホがいるようですが

目的を開運にした段階で終わっていますからね(笑)

まぁ、しないよりはマシかも知れませんが

お小遣い目的で親孝行をするのと一緒なので、意味がありません。

 

私はあまり、あの世から守ってほしいとか

思わないタイプですが

(そもそもあの世というコンセプトを使わない)

 

故人を偲び、思い出すという行為は

悪くないと思います。

 

なぜならば、

記憶に想起された瞬間に「存在」が浮かび上がるからです。

確かに居た、生きた

という「存在」は

生きている人の意識の中にあるときに出てくるものなのです。

 

ぜんぜん会ったこともない、

先々代、先々々代でも、思いを馳せた瞬間に

「存在」できるものなのです。

命って、そういうものです。

 

誰の記憶や意識にもないとき、その人は存在しているというのか?

 

こんな命題と同じことなのです。

 

母親がいない人はいないので、

この命題は成り立ちません。

 

産んだ人(母親)は少なからず、記憶がありますからね。

 

人の記憶という情報空間に存在している瞬間に

「その人の存在がある」

のです。

 

この世で生きていようと死んでいようと

存在というのはできる、わけです。

実在がないだけで。

 

生きている人が思い出してあげること

これはかなり意味があります。

思い出した瞬間に生きているのと一緒のことが起こります。

「ある」というエネルギーが生じるのです。

 

忘れ去られ、荒廃したお墓には

命がないのと一緒です。

 

どうでしょう、

墓にいる人達の生命力がある家や会社は

ずいぶんと人数(エネルギー)が多いですよね(笑)

そりゃ、繁栄するでしょ

ということです。

 

この世にはすでに居ない人たちとの

リレーションシップも含めて

膨大な数の生命力とつながることができているか否か

その力を借りながら、ご先祖ができなかったことを成し遂げるような

素敵な生き方ができているのか

 

先祖供養とは、こういうことだと思うのです。

 

生きている人間(周囲)からもご先祖からも先代からも
応援されるような生き方。

 

過去にはできなかったけど

今やっています、という報告が

おそらく一番の供養になっているんだと思うんです

 

家系のカルマとかなんとかというのは

恐れたり、忌み嫌ったりするものではなく

やっぱり今の生きている人間がどのように生きるか
それで成仏が可能になる

と、私は信じています。

 

諸事情があり、親戚づきあいを避けていたり

墓参りなんて興味ありません

という方もいることでしょう。

それはそれでいいんです。

 

今いるそのお部屋、その場で

故人に手を合わせ

思いを馳せてみてください。

 

そして、自分の生き方を振り返り

素敵な生き方を目指してください。

 

それだけでもいいんです。

 

と、私は思います。

f:id:laralight:20170116084434j:plain