Change the Future

IT系のエンジニアから、中国にて外資系企業で国際感覚を学ぶ。エグゼクティブ向けのパーソナルコンサルティング、日本人が世界に出て活躍するためのサポートをしています。http://future-makers.net/

【NOトレ】NOと言うトレーニング

脳トレならぬ、NOトレ。

f:id:laralight:20120912101549j:plain

今日はノートレのすすめです。

 

優しくて人が良い人は、NOということにかなり抵抗を覚えます。

また、ポジティブ崇拝で「嫌い」はいけないこと?

という価値観が強い人も、NOというのが苦手でしょう。

 

細かいことを書いていくと

一冊の本ができそうなので、ポイントだけお伝えします。

 

それは、

 

『どんな条件であればOKなのか』を徹底的に吟味すること

です。

 

これが「交渉材料」です。

自分も相手もちゃんと大切にしています。

 

しかしながら

どんな条件でもNOならば、本当はNOなのです

自信を持って「い・や・だ」と言えます。

 

そんなの分かってるよ、という声が聞こえてきそうですが

あんがい考え切っていないものです。

 

自分に正直に

まずは自分と交渉、こんなつもりで

感じ切って考がえ切ってください。

 

実は、自分の「恐れ」と「欲」が浮き彫りになるのです。

悪いことではありません。

これがつまり、本当の交渉相手です。

 

さらに高度になる、NOトレがあります。

 

勿体ぶらずに言ってしまうと、

相手の善意や好意を感じてNOと言えなくなることです。

 

相手は、罪悪感を感じさせたくて言っている人は

少ないでしょう。

(化粧品のお試しや食品の試食はこれに分類できますが)

 

せっかくだから、

と受け入れてしまうことになります。

 

また、「流れに身を任せたい」人たちも

これらに弱いものです。

 

ーどこか、から

ー何か、から

「やってくる」という出来事に

特別なものを感じやすい考え方を持つ人たちです。

 

それら以外にも、「やってきている」ことや「奇跡的な」ことは

日常で日々たくさんあるんですけどね、気が付きません。

 

勝手に自分でそう、感じてしまっただけということに

認知が追いついていないだけなんです、が

 

好意や善意を感じた、という瞬間に

外からのギフトを受け取りたい!

という衝動が起きるのです。

 

さて、それらは本当に必要なのでしょうか。
欲しいと心底思っていたものでしょうか。
自分で能動的に選択しましたか?

 

天から、神からのプレゼント❗贈り物❗と解釈するのは勝手ですが

 

本当に正直によくよく吟味してみることです。

 

やはり、自分の「恐れ」と「欲」に向き合うことになります。

 

ー相手を不機嫌にさせたらどうしよう

ー不利益を被ることになったらどうしよう

ー便宜をはかってもらえそうだったのに

 

自分は、善意や好意を受け取りたい相手からの

何を求めているのか

 

これが本当の交渉相手です。

 

目の前の人間ではありません。

自分の中に、本当はNOという相手が居るのです。

 

「やっぱ要らんわ」

 

という結論になったら、

相手の善意や好意に対する感謝を

最大限これでもかっ!ってくらい伝えればよいのです

相手がもう勘弁してくださいって言うくらい、心底感謝を伝えましょう。

 

NOは相手に悪いんじゃないか、という

自分の罪悪感にかき消されて

感謝の気持ちが感じられずにいるから

判断・選択を誤るのです。

 

感情の出処をほとんどの人は曖昧にし

きちんと考えようとしません。

というか、緻密に感じることができないんですね。

 

感情の出処、認知を精密に意識できるためには

日頃の訓練が必要です。

 

自分の身体は、

例えば指先は、鼻先は

何を感じているのだろう、とかね。

 

この細かなことを認知に上げていく訓練ができていないと
緻密な心の状態を、自分で観察することはできないのです。

 

本当に、好きなのか?嫌いなのか?

微妙で繊細な違いに

好きと嫌いの境目がある時

判断の切り分けポイントになることは往々にしてあります。

 

「自分の気持に正直になる」ことは、ココロが大味な人はできないのです。

 

日頃の感覚を繊細に認知に上げていくと

何がいやで、何が怖くて、本当はどんな欲求があるのか

だからこういう条件ならばOK、と出てくるようになります。

 

ぜんぶ、鵜呑みにするから

後でとんでもなく後悔するのです。

 

自分のNOを知ることも修行。

すべてをYESという修行もあります(笑)

 

1年おきくらいに

代わる代わる、やってみたらいいですよ。

秘湯の宿 元泉館

濁り湯の素晴らしい宿に来ました😄✨

秘湯の宿 元泉館

f:id:laralight:20190210153919j:image
f:id:laralight:20190210153905j:image

飲泉があったので、たっぷり飲みますw

胃腸にとても良いそう。


f:id:laralight:20190210153913j:image

ご自由にどうぞ、と

温泉の湯の花が!

全身泥パックです😄❣️💕
f:id:laralight:20190210153925j:image

湯上りに主人から、肌が輝いてる…と

嬉しいコメントが😄

 

そりゃそうです。

全身泥パック、2回やりましたからw


f:id:laralight:20190210153908j:image
f:id:laralight:20190210153900j:image

晩ごはんはに猪鍋オプションを付けました。

野菜がとんでもなく美味しくてすごいダシが出ます。

鍋のスープが極上の旨味でした。

 

いやー、いい温泉を見つけるのは

実に人生を豊かにしますね👍✨

【お肌ツルスベ】温泉の湯の花で泥パック

ニセコ温泉郷にある、紅葉音(あかはね)さんの温泉は

湯の花で泥パックができます。

f:id:laralight:20190202111011j:image

こちら、お恥ずかしながらどすっぴんw

お風呂上がり、化粧水も美肌エフェクトも一切なしです。

 

いやー、びっくり。

ツルっスベっ❣️

 

f:id:laralight:20190202111025j:image

外は零下13度くらいなので、髪の毛が凍りますw


f:id:laralight:20190202111014j:image

見てください、これ湯の花。

 

朝湯の後は、美味しい朝食です。
f:id:laralight:20190202111030j:image

こちらが朝ごはーん。


f:id:laralight:20190202111001j:image
f:id:laralight:20190202111007j:image

寒ブリが超うまい…。。


f:id:laralight:20190202111034j:image

自家製のゆず豆腐だそうです。

熱々が嬉しいですね。


f:id:laralight:20190202111022j:image

ところどころ、吹雪いて視界0(笑)

雪道の走り方がなんとなく分かってきましたが

でも、油断大敵。

安全運転で向かいます。

 

あ、そうそう。

こちらは、出張先からずいぶん離れていますが

よくお天気が持ったなぁという印象。

 

なんと、往路に使った高速道路でさえ吹雪のため通行止めになっていました。

1日違っていたら、宿に到着できなかったわけです。

相変わらずの無茶ぶりです(ガハハ)

 

よいこの皆さんは真似しないことをオススメします。


f:id:laralight:20190202111018j:image

朝食で食べなかった(糖質制限のため)ご飯を

おにぎりにしていただけますか?と伺ったところ

こころよくOKしていただきました。

 

お茶碗に残した雑穀米を頼んだつもりが…

なんと、おひつに入っていたご飯全部で

巨大おにぎりになっていました(笑笑)

 

写真では分からないと思いますが、

片手に余っています(笑)

 

ちゃんと、お塩でにぎられて

海苔と梅干しまで…

心配りが勉強になりますねー。

 

女将さんが非常におしゃべりが大好きで

かなりパワフルな方です。

 

ニセコでスキーなど考えている方、

ゲレンデ0分の巨大ホテルではなく

たまにはちょっと離れた素敵な宿で過ごされて見てははいかがでしょうか。

 

 

ニセコ湯本温泉郷 月美の宿 紅葉音

出張先から随分前に離れたところに
宿を取りました😊

 

強力な硫黄泉が湧き出ている
12部屋しかない落ち着いた宿です。

 

ずっと気になってたところにやっと来れました😄✨

 

源泉掛け流し露天風呂付きのお部屋で、
英気を養います。

 

お湯はもちろん最高です👍❣️

f:id:laralight:20190131200752j:image
f:id:laralight:20190131200746j:image

f:id:laralight:20190131200801j:image
f:id:laralight:20190131200901j:image

f:id:laralight:20190131200905j:image
f:id:laralight:20190131200756j:image

f:id:laralight:20190131201339j:image
f:id:laralight:20190131200811j:image
f:id:laralight:20190131200806j:image